2012年07月06日

my sunrise

根室の岬で見た高知の石

高知.jpg
(各都道府県から北方領土返還の願いを込めて寄せられた石を用いて作られた希望の道というものがここ根室にあります)

全国から集まった希望の石、そのひとつ

他のより少し地味だったけど、希望のつまった石だ



「北方四島は日本固有の領土です」



20年以上昔、小学校の先生が社会の授業でそう教えてくれた


“あの日の僕らは北方四島をどう思っていたのだろうか?

それからの僕らは?”


高知から遠いあの日のその島々は、

情けないことにいつまでたっても遠い島々でしかなかった




「島、近いね。ちょっと、車が走りよるがも見えるで… 外国の車」

望遠鏡をのぞきこんだ君がそう言った




これは日本がかかえた長い現実だ


霧にぼやける島々を間近に見ながらそう思った



posted by yuzamurai at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | たびの手帖(Thee 北海道編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。