2013年02月08日

雨の詩

「読書、してる場合ではなかった」とぼくはうごきだす

いけちゃんとぼく.jpg

顔を出した2月の太陽


そしたら、雨の詩にあわせ

ぱーっと湯気がまって


家じゅうの窓ガラスを曇らせた


ばたばたとしていたぼくは、少し立ちどまり

ギターを手に


「いや、そんな時間はないのだ」


また、ばたばた


コーヒーはすっかりさめてしまったよ



雨の詩、外は雪
posted by yuzamurai at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。