2013年03月01日

ぼくらの青春音楽

「えーっと、蠍座へいこうか。

いかれた青春映画でも観てさ。いかした気分になろ」


さそり座.jpg



「いや、待つのだ。待て」



さみーから、おでかけ保留

家ん中、ギター弾いてひとりライブ




女の人は、女の人は、女の人は、

どうか、どうか、幸せになってください

男は、不幸でいいんだ

男は、男は、男は、女の人が幸せで笑っていれば、それだけで幸せだっぺ?



「あー、また雪ふってる…」



ギター置いたら


あとはこたつから外を眺めているばかり…




峯田くんが言った


カッコいいロックの人にもなれないし、ヒップホップにもなれない

あの娘のことが好きなのに、話し掛けることさえできない

そしてなんとなく大人になっていく

本当は何も変わっちゃいないのに

全ての中途半端な人たちに銀杏BOYZの音楽を

僕はドアを叩く 開けてくれ




「よし、でかけよか」



posted by yuzamurai at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロールを想うぜよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。