2013年03月20日

ほうき星がみえる夜

尾が伸びた姿から日本語では箒星(ほうきぼし)とも呼ばれる

彗星01.jpg

・天体写真が似るため流星と混同されがちであるが、天体観望における見かけの

 移動速度は大きく異なる。

・肉眼による彗星の見かけ移動は日周運動にほぼ等しいため、

 流星と違い尾を引いたまま天空に留まって見える。(wikiより) 勉強になるなー




「そんで今、北海道の空にほうき星がみえますよ」




<パンスターズ彗星>

明るさは0等から-4等級という大彗星で、地平線からの高度はやや低め、
放物線軌道のため見られるのは今回が最初で最後になるそうです


彗星.jpg
2013年3月14日18時のパンスターズ彗星 札幌市青少年科学館屋上から
(写真お借りしました)


日が沈んだ直後の西の空、地平線に向かって落ちていくような感じで、尾を引いた彗星が見られる

今後、徐々に彗星は暗くなるけれど、天体望遠鏡があれば5月頃までは観察できるようです




あー

あー そだ



“なぜ人は星空を美しいと感じるのか?”




人間は美しいものを見ないと鬱になってしまう


美しいものを見ないと、脳のある一部がどうとか、こうとか…

脳科学者の茂木健一郎さんが言ってたから



すさんだ大人のこころにはこれだな


大人の科学.jpg

大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )



「プラネタリウム買うのだ」と嫁に言ったら、

ぜんぜん必要ないと言われた



「2,200円だぞ?」



プラネタリウム.jpg



こんなになるのにな



仕方がないから


トイレにひきこもってプラネタリウム

トイレでプラネタリウム.jpg


これはこれで鬱にならないか?




やー 気にしない

ウイスキーもちこんで



「乾杯」





 

でも今日はほうき星がみえる  外へ出よう





吹雪いてきました




posted by yuzamurai at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。