2013年03月27日

35のブルース

ジャンボ鶴田が好きだった

バックドロップなんか別格だったぞ


引っこ抜く感じで、ぐわーって


ジャンボ鶴田


誰かを美しくバックドロップしたい



でも腰が痛い…



「なんまら、いたい」と


普段使わない北海道弁で口に出してみる




「ひとつ、腰痛。動く時にいてーと声が出る」

「ふたつ、首痛。とても憂鬱」

「みっつ、手首痛。めんどーだから、とりあえず痛いは部門おわり」

「よっつ、げーのー人の名前が出てこない」

「いつつ、すべてにおいて切れがわるい気がする」

「むっつ、朝立ちしない」

「ななつ、想い出がふえる」

「やっつ、想い出だけはいつも美しい…」 

「ここのつ、すぐ眠くなる」

「とう、できないことを歳のせいにする」



「いっぱいあって、めんどくさい。もうどーでもえーわ」





「はい」





どうしようもなくても、夜は更ける




でもね


歳をとるのわるくない… かっこいいぞ 




「がはは、いっしょに歳をとろう」



ラベル:ジャンボ鶴田
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。