2007年11月25日

Hound Dog Taylor and the Houserockers いかれたブギーで踊れ!

ズガガーン!!!!!!!!!!!

ズガガガガーン!!!!!!!!!!!!!!!!

グギャギャギャギャギャギャ!!!!!!!!!!!!!!!

41Z14FK75JL__AA240_.jpg

「Hound Dog Taylor and the Houserockers」

しつこい?


まぁ、試しにどこでもいいから針落してみ


本当だってわかるから


  

ハウンド・ドッグ・テイラー(vo,g)

ブリュワー・フィリップス(g)

テッド・ハーヴィ(dr)


ベースはいない



ハウンド・ドッグ・テイラーが荒く歪んだエレキギター(日本のカワイ

ギター・・・やたらスイッチが多い)をかませば

ブリュワー・フィリップスがこれまたどうしようもなく歪んだ音でぶち

かます

そこへ

負けじとテッド・ハーヴィがたたみかける!



どうだい?

えっ!

ブルースは聴かない?

ブルースが渋い大人の音楽だと思ってないか?

41Z2PH7SWAL__AA240_.jpg

「Natural Boogie」(天然ブギ)

2ndアルバム、オレが初めて聴いたのも買ったのもコレだ

そこいらの中途半端なロックンロールバンドなら蹴散らすぜ

そもそもエンジンが違うからな

指が6本あったてのも本当らしいぜ

なんなら、もう1発いくかい?

ライブ盤だ

まぁ全てがライブみたいなもんだが

417QDB01VBL__AA240_.jpg

「Beware of the Dog」 (訳すと犬に注意! イカスなぁ!)
 
めちゃくちゃだろ? 秩序なきロックンロールだ!

ズガガガガーン!!!!!!!!!!!!!!!!

くるだろう?

ほんとすげぇんだ!


ハウンド・ドッグ・テイラーは1975年に逝ってしまったが

こんな本人の言葉が残ってる



 おれが死んだら、みんなこう言うんじゃないか、


「あいつはうまくはなかったけど、最高のサウンドだったなぁ!」って

  

さぁ、最高のブギーを聴こうぜ!!!!!!!

posted by yuzamurai at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーズを踏み鳴らして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。