2007年12月21日

John Lee Hooker(ジョン・リー・フッカー)

jlh1.jpg

John Lee Hooker(ジョン・リー・フッカー)
ワン&オンリー

典型から見事に外れた個性にシビれる


初めてジョン・リー・フッカーを聴いたのは帰宅途中の電車の中だった

1,000円で買ったR&Bのテープをウォークマンで聴きながら

窓際に立ち、窓越しの夜景とアンニュイな気分に浸っていた時のことだ



突如流れた”Boom Boom”にハッとなったオレはひと駅手前の駅で下車

してしまった



アホじゃ

アホじゃけど、降りるべき駅と勘違いしたんじゃなくて、衝動的に下車

してしまった

(それがアホなんか・・・)



これがジョン・リー・フッカーか!!!


降りるべきではない駅のホームで立ち尽くす

ドラマちっくではないか!


それから

興奮冷めやらぬオレは無事寮に帰って友人に聴かせたのだった


「アニマルズやDrフィールグッドとはひと味ふた味違うぜ!なんせこっ

ちが親分だしな」


友人の反応はどうだっろうか?とにかく一人興奮していた






ジョン・リー・フッカーは枠にとらわれぬ 強烈な個性がある

それがブルースファン以外の多くのファンに慕われる理由だろう

ブルースは聴かないから、ジョン・リー・フッカーは聴かないではない

のだ




ただ

”ジョン・リー・フッカー”に衝突し

その咆哮、猥雑さに打ちのめされるのみ



ジョン・リー・フッカーがぶちかますブルースには


スローな曲も、ストンプで激しくいく曲も関係なく独自の感覚がある


ロックンロールに必要な感覚


あの感覚が詰まってる


今夜、足りないものを思い出そう




John Lee Hooker 「 Hobo Blues 」




John Lee Hooker 「 Boom Boom 」




ジョン・リー・フッカーでダンパ!



John Lee Hookerにまいってるのなら、この↓↓R&Rもお薦めです!!!

「The Rolling Stones」へ

posted by yuzamurai at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ブルーズを踏み鳴らして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヴィー・ジェイ録音でそれほどまでにシビれたのならば、基本となるモダーン録音をはじめとして、キング、ゴーサム、サヴォイ、スペシャルティー録音など、強烈極まる作品がまだまだたくさんありますので、機会があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

もし、すでに聴いていらっしゃる場合はご容赦下さい。
Posted by Almost Prayed at 2007年12月24日 06:34
初めて買ったのが、ヴィー・ジェイの

「Best of John Lee Hooker」

でした

それから上記の2枚

他には

「TheGreat John Lee Hooker」

「SINGS BLUES」

など有名どころを愛聴し唸っています

色々チャレンジしてみようと思います

ありがとうございました!


Posted by yuzamurai at 2007年12月24日 10:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。