2007年12月23日

年末ロックンロール会議

518FSuC9xXL__AA240_.jpg

先日高知県某所でロックンロール会議が開かれた

メンバーは オレ ・ 板金ロッカー ・ ソルト ・ 巨人兵 ・ できた弟 ・ 哀川 ・ ダビッドソン

プラス 各自の嫁!?


年に数回開かれるこの会議では毎回伝説が生まれる

以前参加し伝説を作った ザ・オチバは第1回の衝撃のあまり以後参加しなくなった

残念だがしかたがない 実に愉快な男なのだが おしい




さぁ会議は開かれた そんな時

巨人兵が開口一番

「携帯は持って来ないよー危ないよーまた鍋でゆでられるよー」

一番危ないのは彼本人のキャラクターなのだが・・・

前々回あたりの会議でオレに鍋で携帯を茹でられたことが相当に嬉しい

のだ



携帯を茹でた数日後オレに

「会議の次の日、携帯に着信が1万件ヒットしてたよーありえないよー」

と喜んでいた 相当なやつだぜ 

対照的に、隣に座った巨人兵の弟は実にできた男でナイスガイだ 兄との対比がまぶしい

巨人兵の彼女も恐ろしくカワイイのだ

何故だ?

まぁこれが巨人兵の魅力ってわけか



「いやぁ まいるぜ ルナ先生」

突如、哀川 が口を開いた

鬼の下ネタ、油断ならんやつだ 

鋼鉄の下半身 哀川は今日の主役を虎視眈眈と狙っている



そしてミスター律儀、その名の通りバイク乗りのダビッドソン

数年前、やつがオレの家で吹き込んだオリジナルラブソングは最高のロックンロールだった

また吹き込んでくれと頼むが照れて

「いいっすよー もう あれ以上のものは無理っすよー えへへっ」と

笑ってかわす




ソルトはちびりちびりクールにやっているが実は一番危険だ

最近はオレが教えた某サイトに夢中になっている

クールに見えて 本当そのことで頭が一杯なんだろう

口を開けば「アレはいいね」とニヤリ



まともなやつは一人もいねぇぜ


そんな会議中、

某地区1の熱きロックンロール魂を持つ男 板金ロッカーと

二人今後のロックンロールについて語った


オレ「おい、板金よ。バンドの方はどうなんだい?うまくいってんのか

い?」

板金「それがよー 全くダメだぜ・・・アイク(ギタリスト、板金ロッ

カーと同じバンドのメンバー) はやる気あんだがよー 全く前へすす

まねぇよ。」

オレ「くそじじいになってもロックンロールする俺らの夢はどこ行っち

まったんだよ!来年の初旬に俺らでライブ起こす予定じゃねぇかベイベ

ー」



板金ロッカーと熱く議論をかわしたが議論は宙を舞った

最後は全員で壮絶議論にいたるわけだが結局どこにもたどり着けない

ただの大宴会になっちまった


板金「俺ら終わっちまったのかな?」

オレ「まだはじまってもいねぇぞ」

たぶん・・・


しかし、相変わらずのグミ・チョコレート・パインぶりだ



みんなが引き揚げたあと オレとソルト一家は代行を待っていた

代行が到着する・・・

後ろから

「おつかれさまでしたー!」

妙に爽やかな声がする

ダビッドソンだった

「みんなの帰りを見届けてから帰ろうと思って一緒に代行待ってまし

た!」



なんて律儀な男だ


今夜はダビッドソンに乾杯


その首のキスマークに
posted by yuzamurai at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロール会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。