2008年01月02日

89年の狂騒とストーンズツアーT

taiyouwo.jpg


中学の物理教師が、原子力発電所からプルトニウムを盗み出し、自宅で

原爆を作り

”試合終了までのプロ野球ナイター中継放送”



”ローリング・ストーンズ日本公演”

を要求


日本政府を脅迫した



これは「太陽を盗んだ男」という映画の中の話なわけだが



実際、ローリング・ストーンズ日本公演は73年の来日公演の中止以降、

念願であったことは確かだろう

(73年はチケットまで配られたが、メンバーの過去の大麻不法所持を理

由に入国にストップがかかった…実現せず)



それが 1990年 遂に実現した



当時、にわかにストーンズ熱に侵されつつあったオレ(15曲目のサティ

スファクション参照)にとって小さくない関心事の一つだったものの

なんとしてもコンサートに行かねばなるまい程の情熱も経済力もない小

学校6年生だった




そんなある日

食卓で両親の会話が耳入ってきた


「みー君は兄弟でストーンズ行く言いよったがどうなったろね?」


はい?

今、何と?

みー君がストーンズのコンサートに行くと?


聞けば

兄弟揃ってストーンズのコンサートを観にはるばる東京まで出かけると

いう

チケットはみー君の兄は取れたが、みー君はまだとのこと

そのチケットはこっちにいても らちがあかんので、

現地東京でなんとかするそうな


紹介が遅れたが、みー君とはうち(当時、商売をしていた)の従業員の

お兄ちゃんである



ぬぬぬ



ロック好きとは聞いていたが素晴らしい行動力…あっぱれぜよ

みー君

オレ

あなたの幸運を祈ることにしたよ






それから

ストーンズは無事来日を果たし、追加公演を含む10公演

東京ドーム9日間+追加公演1日と50万人動員、大成功で幕を演閉じた





で・・・

みー君はどうしたって?

東京まで行ったものの結局チケットは手に入らなかったそう

つまり

ライブを体感出来たのはお兄ちゃんだけだったということ

日本中を巻き込んだてんやわんやのストーンズフィーバーの影ににそん

な悲劇があったのだ





数日後

一枚のTシャツがテーブルの上にあった

rst.jpg

スティール・ホイールズのツアーTである

みー君のお土産だそうな





そっ

そうか

せめてツアーTだけでもと…

しかも

うちにまで気をつかってお土産まで…

ライブを体感できなかった みー君の無念さを想い胸を熱くした…



のも束の間

ツアーTはその時点でオレがちゃっかりいただいた


こんなかっこいいTシャツ初めて見た


同級生誰も着とらんもんね

なノリである

ぐひひっ

ちょっとオレには大きいがかっちょいい

rst2.jpg


そのTシャツは今でも大事にとってある




先日偶然

みー君と飲む機会があり、ストーンズ来日の想い出話になった


東京まで行ったのにチケットが手に入らなかったこと


お兄ちゃんから聞いたコンサート体験談


お土産のツアーTのこと


あれからもう20年近くたつけど


「ツアーT大事に持っとるよ


今はサイズもぴったりになった


今度着てくるけん


かっちょいいぜ!」


というと



みー君はビールを飲みながら嬉しそうに笑った





The Rolling Stonesにまいってるのなら、こちらも↓↓

「RCサクセション」へ
この記事へのコメント
ああ懐かしい〜。当時徹夜で並んでチケットとったなぁ。あれから20年近くたつのか。。。これで見納め。最後だろ!涙流してホンキートンクウーマンを聞いたなぁ。その後3回も来たけどね(笑)

Posted by shin at 2008年01月02日 22:00
90年のライブ行かれたんですね

自分の生ストーンズはリックス・ツアーでし



そん時

ああ もしかしたらこれで最後かもしれない 
生ストーンズ体感出来て良かった…と感激し

てたら、もう一回観れました(笑)

きっとまだまだ魅せてくれるでしょう!
Posted by yuzamurai at 2008年01月03日 01:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。