2008年02月09日

初めてのRCサクセション 「Baby a Go Go」

初めてのRCサクセションってなんでしょうか?

baby.jpg

RCサクセション「Baby a Go Go」90年発表

1. I LIKE YOU
2. ヒロイン
3. あふれる熱い涙
4. June Bride
5. うぐいす
6. Rock’n Roll Showはもう終わりだ
7. 冬の寒い夜
8. 空がまた暗くなる
9. Hungry
10. 忠実な犬(Doggy)
11. 楽(LARK)



自分のRC最初の記憶

覚えているのは家にあった一本のカセットテープ「Baby a Go Go」でし



うちのオカンが、友人から「コレいいよ」と もらったカセットテー

プだったそうです


(RCとかかれたテープに当時新譜だった「Baby a Go Go」が入ってま

した)


毎日聴いた


それから、アルバム全体を包む切なさにまいってしまった




数年後、素晴らしさ、切なさの原因は

このサウンドどうこう、アコーステックが主体となった…、60年代、

モンキーズ周辺を…

なんて探ってはみたものの


結果は当然ながら、曲の素晴らしさの勝利だった



詩とメロディ


I LIKE YOUと言って始まる素敵な物語の数々



ヒロインにもなれるし



もうこれ以上俺を狂わせないでと大人が 涙をながすことも知った



花嫁に

おめでとう

おめでとう

と歌われるジューンブライドは絶対誰かの結婚式でかましてやろうと思

っていたけどチャンスが来ないので自分の式でやった

普通は花嫁が6月に式を挙げたいなんていうもんだけれど

オレがなんとしても6月決行なんて言ったんだ



うぐいすのチャボもめっちゃ素敵



世はバンドブームの最中 Rock’n Roll Showはもう終わりだと清志郎が歌った



清志郎10代の詩とメロディの冬の寒い夜

独特で不思議なメロディにのって、聴き手の頭の中に自然と寒い夜と君

と光が差し込んだ



ボ・ディドリービートに乗ってぶちまけるHungry



情景が素晴らしい忠実な犬(Doggy)

サンドイッチマンとはどんな仕事だと親に尋ねたことを思い出す

それから数年後、清志郎もバイトでサンドイッチマンしたことがあると

いう話を聞いて「忠実な犬」を想い浮かべた



最後に

楽をしたい

楽々

と歌って幕が下りる 



全てに物語があって

なにか素敵な映画、本を読んだような気分にさせてくれる








そんな「Baby a Go Go」は2度買ったんで家には2枚ある

一枚目はヘビーローテイションの末にボロボロだったので、中古屋で状

態の良く安いのを見つけ買いなおした




とても大事なアルバムだ




しかし、一般的に評価は高くないのではないか

RC特集でディスコグラフィなどでも必ず扱いが寂しいし

コメントも弱く力が入っていない(気がする)




で、オレは溜め息をつくんだ


何故だろう悲しいぜと




おいおい 周りの評価なんかどうでもいいだろ

と言われるかもしれないが

これからRC聴いてみようかなという人が読んで

あの扱いだと間違いなく(高確率で)「Baby a Go Go」にたどり着けな

いのだ

「シングルマン」や「ラプソディ」

それに「ベストアルバム」で止まらず

僅かな期待で

「Baby a Go Go」までたどり着くのを望むばかり…


埋もれるにはあまりにおしいのだ


本当に




そしてこれまた寂しいことに

このアルバムが好きだというRCファンに会ったことがない

(オレの年代つまり後追い世代なんだけれど、RCファンが少ないのも

ある。まずRC知らない人が多数)

リアルタイムのRCファンに尋ねても

「Baby a Go Go」ねー、悪くはないけど・・・

っていう反応が多かった

事実、最後のアルバムになってるし、G2と新井田耕三氏の脱退ありの3

人RC、当時のファン思いは複雑であっただろう


その分RCの知識が全くなかった、後追いの自分はすんなりいけたのかも

しれない


出会った人、アーティスト含め、知っている限り唯一この「Baby a Go

Go」を好きだといったのは


斎藤和義氏


RCで一番好きなのは「Baby a Go Go」だと言ってくれた


「Baby a Go Go」が救われた

嗚呼

オレだけじゃないぜみたいな


それから

斎藤和義氏はこの歌が好きですと「空がまた暗くなる」を歌った





「空がまた暗くなる」


初めて聴いた小学生の頃


大人になって聴いた今




”大人だろ勇気をだせよ



子供の頃のように”





と歌われると



背筋が伸びる




日々の暮らしの中に大事な何かを、いつも忘れてる気がするオレは



「Baby a Go Go」を聴くと


ああ これだったなと思うんだ



gogo.jpg



「Baby a Go Go」が好きだ



posted by yuzamurai at 11:29| Comment(5) | TrackBack(0) | 忌野清志郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このアルバムが一番すきかと聞かれたら分かりません。
ただ“I LIKE YOU”は大好きというか思い出深い曲です。私の人生にとって。
正直このアルバムの曲がはっきり思い出せません。
ただ曲が始まれば、一緒に歌いだすことができます。
私の人生の一時期を濃密に埋めていたRC。
今日は武道館ベイベーになりに出かけてきます。
Posted by 風信子 at 2008年02月10日 09:59
あらためて今「Baby a Go Go」聴くとまたな

にか違った届き方をして好きになるかもしれ

ませんよ

武道館いってらしゃいませ!
Posted by yuzamurai at 2008年02月10日 17:07
はじめまして。
いろいろ見てたら偶然ここに辿り着きました。
俺もRCが大好きなのでとても面白かったです。
RCの中で一番好きなレコードは何かと聴かれたら難しいですが、究極は僕も「Baby a GoGo」か「ハートのエース」ですね。どっちも人気無さそうですけど、みんなが知ってる曲や一番売れた曲だけが名曲じゃない気がします。
とくに「Baby a GoGo」は捨て曲無しで俺の中じゃ一生聴けるレコードです!!
これからも楽しみにしています♪
Posted by だん at 2008年02月19日 20:09
初めまして! ブログの主です

わかるなぁ−

「Baby a GoGo」か「ハートのエース」が好

きですと言うと

「そいつぁー渋いね」って言われるんじゃな

いですか?

全然渋くないのに!自分のド真ん中なのに!

私は言われました

絶対に、同志ですね

勝手に同志にしました(笑)

是非またおいで下さい

お待ちしております

Posted by yuzamurai at 2008年02月19日 23:58
rcサクセション ラプソディ で プログ検索中です。
今 動画で RCサクセション ラプソディを 視聴しています。
昔 よく 聴いていました。いろいろあるとき 私の人生で 大丈夫 大丈夫 と口癖になりました。音楽同好会(名前検討中 RCサクセションを語る会 ラプソディ
あの時代の音楽シーンの戦いは すごかったなぁ。私が 一番 よく聴いたアルバムの頃は フィールソーバッドの頃かなぁ
RCが 武道館ライブをやって どんどんメジャーになっていった〜どんどん完成されていくけれど〜ダジャレ好きな キヨシロウ
アイ ライク ユー あふれる熱い涙 は 聞いたことあるけれど まだ このアルバム全曲 聴いていない私です。ゴメン。
よくわからない文章で すいません。
ジャンプという歌で きよしろう ジャンプするんだけれど あの頃のジャンプと動きと比べてしまう。ガッチュ愛し合っているかい
Posted by 謎の三文字☆村石太&♪レディ at 2012年06月30日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。