2008年02月25日

めんたいビートの産声

嫁さんは、インフルエンザをぶっとばし

今朝元気に出勤して行きました

オレの看病が良かったんだ!間違ってはいなかった!と充実感に浸る



間もなく

オレは海に来た

今日は久しぶりの休日だ

仕事場の後輩と海に来たんだ


そして


「ベイビーあれは何だ!」


とオレが言ったら


umitosima.jpg


「あれは島です」


と言われた


いやいや、そりゃーそーなんだけどさ


その島の後ろにぼんやりと・・・見えるじゃないか

(すいません 写真ではわからないかもです)



そんで 何をしに海へというと

魚釣り

ちいとも釣れなかった


まぁ それはそれで良かった


すごーく遠くの方に、別の大きな島が・・・


ぼんやり九州が見えた 博多はどっち?


ucyo.jpg

サンハウス ”有頂天”

1. キングスネークブルース
2. 借家のブルース
3. 風よ吹け
4. もうがまんできない
5. レモンティ
6. ロックンロールの真最中
7. ミルクのみ人形
8. 地獄へドライブ
9. スーツケースブルース
10. なまずの唄
11. 夢みるボロ人形



全てのはじまりはサンハウス

名曲「レモンティ」

”しぼって 僕のレモンを”


俺ではなく僕


収録されているのは名盤1st ”有頂天”

「レモンテイ」以外のナンバーは全て第一人称が俺で進行していき、と

てもマッチョに迫ってくるのに

「レモンテイ」だけ僕と甘く歌われる

お相手はといえば…

他のナンバーの様に

お前でも

あんたでもなく



あなたと君 




あなたの好きなだけ しぼってくれと僕が強請るのだ

・・・

これには完全に参ってしまった!
 




ちなみに柴山さんが初めにこの詞をバンドに持ってきた時は


”僕のレモンをしぼって”


だったそうだ

そこに倒置法を用いた
 

日本ロック史上最高の閃き!


”しぼって 僕のレモンを”


最強のナンバーが出来た!!!


めんたいビートの産声だ


サンハウス 「レモンティ」



カッコイイ!!! しっかし、貴重な映像だ



サンハウスに想いを寄せて

↓こちらもどうぞ


「ガレージでロックンロールな人々」へ

「70's UKパンク・ロック 」へ

「70's USパンク・ロック 」へ
posted by yuzamurai at 16:05| Comment(6) | TrackBack(0) | めんたいビート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、サンハウスって初めて知ったんですが、カッコイイですね!


Posted by チバユウスケが愛した音楽 at 2008年02月27日 02:44
でしょー

めっちゃカッコイイんですよ!

是非アルバムも聴いてみてください!
Posted by yuzamurai at 2008年02月27日 13:07
レモンティ、名曲ですよね。
シーナも歌っていますが、
私的には菊の歌うレモンティがやはり好きです。
“真っ赤な紅茶に 黄色のレモンを”
なんか男と女って感じがします^^
Posted by 風信子 at 2008年03月02日 13:00
レモンティは日本のロックのターニング・ポイント!
菊さん偉大です!
風信子さん
南浩二さんのライブは観たことないですか?
Posted by yuzamurai at 2008年03月06日 10:46
お初です。
レモンティーでの『ぼく』は
男性自身。。。つまり男性器を指すと思うのですが
どうでしょう?
菊さんの歌詞には、ほとんど淫語が見え隠れするのが
自分にとって魅力なんでカキコしました。
でわ。
Posted by tetsuya at 2008年03月16日 10:52
柴山さんの詞はダブル・ミーニングだと思って自分も聴いてます。レモンティも絶対そうですね!
凄い詞です
痺れます!
Posted by yuzamurai at 2008年03月17日 19:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。