2008年03月05日

春夏秋冬

その詞とメロディにガーンとやられてしまうことがあります

「春夏秋冬」

あの泉谷しげる氏の代表曲です

syunka.jpg

春夏秋冬

1. 地球がとっても青いから
2. ねどこのせれなあで
3. 狂走曲21番
4. 黒いカバン
5. 鏡の前のつぶやき
6. 帰り道
7. 春夏秋冬
8. 街はぱれえど
9. 化粧室
10. 君の席
11. 出船
12. 行きずりのブルース
13. きせつはずれ

泉谷氏といえばテレビで観る強烈なキャラクター、つまり粗暴なイメー

ジが付きまといますが

・・・

やはりここは「春夏秋冬」の繊細さなのです


いつか誰かが

良い歌というのは情景が頭に流れると言った


この歌も春夏秋冬が流れてゆく

季節のない街も風のない丘も

確かに情景として流れていく


本当にテレビのまんまの粗暴な人ではこんな詞は書けないだろう

(それが 泉谷さんの一面であったとしても)



<泉谷しげる登場!>

売りだすには戦略が必要だ

泉谷しげる氏はデビュー当時、本当は東京生まれの東京育ちだが

インパクトに欠けるということで

青森出身のフォーク・シンガーとして登場した

(両親は本当に青森出身)

そしてMC「うるせーんだ!なんだーてめーら!バカヤロウ!!!」

とくるんだから

当時、こりゃーすげーのが出てきたなぁとなった


その荒々しいキャラクターをひっさげフォーク界で一躍有名になる




その泉谷氏が書きあげた名曲「春夏秋冬」

そのギャップ


粗暴の中から垣間見せた繊細な一曲


春夏秋冬




これもすばらしい


美輪明宏(当時丸山明宏)の歌

日本のブルース

「ヨイトマケの歌」を歌いあげる





泉谷しげるに想いを寄せて↓こちらもどうぞ

「RCサクセション」へ


面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 13:46| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本のフォーク大全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
春夏秋冬、泉谷氏の最短時間作成記録曲だそうです^^
この詩、なかなか書けないですよね〜
以前SIONがカヴァーしているのを聴いたときは、SIONのオリジナルだと思っていました。
で、泉谷氏の曲だということが分かり其処から泉谷のライブに通うようになりました。
つなひき、なんかも好きですね。
Posted by マイト at 2008年04月11日 15:14
ライブにも通ってらしたんですね
泉谷さんのライブは一度チケット取るところまでいきましたが(学園祭かなにかだったです)
事情で行けなくなりそれっきりです
やっぱり「春夏秋冬」を生で聴きたいですね
Posted by yuzamurai at 2008年04月12日 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ヨイトマケの唄
Excerpt: 聴けば涙腺がゆるんでしまう唄というのがあなたにはあるだろうか? 僕にはある 以前もご紹介しましたが見逃した人のためにもう一度・・・ ヨイトマケの唄 美輪明宏・作詞 、作曲 父ちゃんのた..
Weblog: 火玉列伝
Tracked: 2008-04-10 12:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。