2008年04月27日

1976年のバズコックス

早朝6:00起床

突然 いたどりが食いたくなった

itadori.jpg

何故だかわからんがメッチャ塩で齧りたい



知らない人の為に

まず いたどりの説明… 

上の写真みたいなのが田舎の道端にははえてます  おわり



いたどりってのは全国区なのか?


いたずり とか いたんぼとか言ったりもするが正式名称はわからん



とにかく出勤して


「いたどりが食いたいから、みんなで採りにいこう!!!」

と誘った


そんな甲斐もあって午後から みんな行ってくれました


ありがとう みんな!







しかしやね 



眼光するどく見渡すも(いたどりは土手やそこらにはえてます)



食えそうなのがない 育ちすぎで ・・・


硬い! こんなの齧ったら歯が折れる


「ちきしょー なんでじゃー」と連呼していたら


あっさり「仕事帰りに良心市でも行きなはれ」と言われた



そうします



roll2.jpg



で話はぶっとんで 本編のR&R


ROLL1.jpg



突然 西暦1976年な話


1976年てーと

およげ!たいやきくん500万枚の大ヒットと妖精コマネチ

あと ジョーズの大ヒットだそうな



ロック界でいうと


イーグルスが「ホテル・カリフォルニア」ですか?

かなり どーでもいいです



私にとっての1976年は抜群にパンクです

一般的に1977年がよく言われますけど

1977年よりもエキサイティングだったのではないかなーと個人的に考え

ます

ピストルズもクラッシュも いや 全てが



で、ここで大好きなバズコックスにご登場願うわけであります


1976年のバズコックスを


The Buzzcocks "Breakdown"






にゃるほど


ピストルズ・クラッシュ・ダムドほどの派手さは全然ないが

カッコイイ



そんなバズコックス、初めて買ったのは…

「Love Bites 」

いや

「Ever Fallen In Love」の7inchレコードだったかな?



次に「Singles Going Steady」


buzz.jpg


ぎゃああああ めっちゃ 愛聴盤!!!!!


1976年以後のバズコックスも結局最高!


ああ いいかげんなオレ


今 でも一番よく聴くんだ「Singles Going Steady」


いたどり 齧って


こいつを回すよ!!!!


盛り上がってまいりました 



バズコックス と いたどり最高!!!



The Buzzcocks ”Ever fallen in love”





こちら↓↓もどうぞ!

「ガレージでロックンロールな人々」へ
この記事へのコメント

正直海外のパンクでちゃんと聴いたのってピストルズ位しかないです。
後は名前知っている程度なんですが、湯侍さんはホントお詳しい。
そうそう、リンク貼らせてもらっているので紹介記事を書こうと思っています。
もう少し待ってね。
Posted by マイト at 2008年04月28日 00:57
海外のパンクは一時期色々聴きました
初期、70年代のパンク中心ですが
シングル盤1枚で消えてしまったパンクバンド、いわゆるB級ものまで・・・
これは深く、先は見えそうで見えない

(今のところコレ以上深く掘って行くつもりはないですが)
実は私などまだまだです・・・ハイ

今後もよろしくお願いします!
Posted by yuzamurai at 2008年04月28日 11:47
いや〜、バズコックスで一番イイのは
この「Singles Going Steady」では
ないでしょうか?
シングルのA面をA面に、B面をB面にという、まるでRCの「EPLP」のようなアルバム。
あっ、でも曲で一番好きなのは、コレに入ってないハワード・デヴォード時代の
「BOREDOM」ですね!

俺も、今日アップした記事でこのアルバム
取り上げました。
Posted by LA MOSCA at 2008年04月28日 21:22
「Singles Going Steady」

日本にもGoing Steadyなるバンド(銀杏BOYZの前身バンド)があったのですが、名前はここからきているそうです

実にいいアルバムだー

また 遊びに行きまっす!
Posted by yuzamurai at 2008年04月29日 01:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。