2008年04月30日

ネオロカ 最新型のロカビリー

まじで アイ ラー ビュー

sc2.jpg

ぎょえええーーーーー ブライアーーーーン

かっちょえー




我が田舎町にロカビリーブームが巻き起こる



ロカビリーが我が田舎町にもやってきたんだ!



にゃー



1990年代 高知の片田舎に!



いやー


当時オレ達 高校生 


猫も杓子もロカビリー


あまり音楽に興味のないような高校生までもが家に帰ればCD棚に

”エディ・コクラン”や”ストレイ・キャッツ”が忍んでいた!


ん? 


まてよ 事実を大きく含むにせよ こんなに書くとおおげさかな


訂正しよう 我が田舎町が少しだけ ロカった


それは先輩方の影響力
 

ライブになると社会人の先輩方が時折ロカっていた


それを観た高校生はこいつが最先端だと思った


にゃー  ロカビリー最高ーーーーって



一部炎上だったか?ボヤか?



オレはいまでも燃えてるぜ



ロカビリーで炎上







そう! ネオ・ロカビリー!!!



ただのリバイバルではなく新型を



最新型のロカビリーを人はそう呼んだ



そのトップに君臨するは ストレイ・キャッツ


痺れるぜよ 今も変わらず 写真だけでもビビッと


ブライアン・セッツアー

sc3.jpg



ぎゃん

sc1.jpg



ぎゃぎゃん

sc4.jpg



そして 動く80年のストレイキャッツ

Stray Cats  ”Runaway Boys” 英国のテレビ番組より




にゃー ロックンロール・ベイビー



オレはロックンロールに首ったけ



 アイ ラー ビューroll2.jpg  ROLL1.jpg




こちら↓↓もどうぞ!

「ガレージでロックンロールな人々」へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。