2016年03月05日

FENDER MUSTANG MINI 〜ギターアンプの進歩にびびる〜

買ってもうた


「まじで、びびる」


image2.JPG

ポータブルサイズのモデリング・アンプ「MUSTANG MINI」
• 計8モデルのアンプ・モデリングを内蔵。
• 2のエフェクターを搭載。
• USB接続によりPCでディープな音色編集が可能
• バッテリー駆動(単二電池×6)が可能


初めてのギターアンプは

2万円で買ったギターについてきた

あの、バンドやろうぜの小型アンプ

ばんやろ.jpg
(燃えよパンクス)


電池で動く、すさまじく音量の無いあの小型アンプ


ああ、

あの日あの時、友達の家で練習した


ドラムの生音に

圧倒的に負けた、あの音量



ドラムに

「もっと小さい音で叩け」というと

ドラム担当の方.jpg


「無理!」と彼はいう




鳴り響くツーバスドラム

しかも、高速









「頼むけん

バスは1個にしてくれや」



これが、あの時あればなと思ったのでした





posted by yuzamurai at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

とどのつまりの洗濯板(Washboard)A

またずいぶんと書いてなかった

その間にも

いろいろあった洗濯板

image1.JPG

まず横っちょに

ギターのストラップホルダーっていうのかな?ピン?
それをねじ込んだ
(これはストラップつける為のもの。ちなみにストラップはまだない。
ださいストラップはいやだから、革を切って自作します『予定』)




「そして、シンバル!

ロケンローーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」



楽器屋さんで

見るからにジョニー・ウィンターみたいなお兄さん(店員)に相談しながらさ


彼(ジョニー)の得意分野はギターでなかったのかしらん

たまたま、ドラム担当者が休憩時間とかで

彼は(ジョニー)は汗をかいてた

「はぁ、はぁ、

せ、洗濯板

はぁ、はぁ、せ、洗濯板に合う

シンバル・・・」いうて


不慣れなせいだろう

・・・


したらやね

ドラム担当の方が、


ドラム担当の方.jpg



「あとは、まかせんしゃーいいい」



いうて、くるわけよ


シンバルがオレの洗濯板でロールするわけよ



「わかるかなぁ」



image3.JPG

今、ハーモニカも引っ張り出してきた

ずいぶん数が足りないのはどうしてだろうか




「母上様

こうして、さっぽろは今日も平和です」
posted by yuzamurai at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

とどのつまりの洗濯板(Washboard)



「Soap And Water Blues」Washboard Sam



洗濯板を買った


日本で買うにはあんまし選択肢がない

以前欲しかった洗濯板は、後回しにしていたらもう無かった


それからというもの


ずいぶん調べ探したけど、ほぼこれ一択となっていた



「これから、カスタムせねば」

と思っている

まずはシンバルかしら

カウベルかしら



「これは、

わたしのセンスが問われるな」



洗濯板.JPG


posted by yuzamurai at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

ロックは死なない 

母上様

今夜、ギターが復活しました

ブライアンセッツアー.jpg


「よいギターだ」


ゆずってくれた、いの先輩に感謝せにゃならん



グレッチはブリッジが固定されていないので、弦の張力でとまっているだけ

わたしのも弦をすべて外していたので、ブリッジも外れてます

オクターブのチューニングとか面倒くさかー

弦張りもひさびさにやるとうまくいかなくていらいらする



今夜は、いの先輩に足を向けて寝るばい

IMG_3688.JPG
posted by yuzamurai at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

やー

バレンタインは終わりました。

まめ.jpg


posted by yuzamurai at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

君が誰かの彼女になりくさっても

neko.jpg


君には君の日々があり

僕には僕の日々がある


君には君の歌があり

僕には僕の歌がある


そして

ずっとずっと君が好き

誰かの彼女になりくさっても

ずっとずっと君が好き

今頃誰かと暮らしてても


・・・


そういえるまでの愛でないと




「あきません。もう、5時でっせ」
posted by yuzamurai at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

Remember me (意味なく、みかん転がしたり食べたり)

遠く離れた場所であっても

ほら

近くにいるような景色

どうか元気でいてくれよ


コーヒー.JPG



我が故郷はポカポカと暖かく

たくさんの山があって

その中にある

ぼくらの秘密基地のそばには

みかんがなったり

川が流れたり

そして、その先に大きな海があって


あと、

思いつきで雪がふる

大雪の日には兄弟で記念撮影

ちなみにあの日はおじーが撮りました



そのおじーも最近はすこし元気がない





みかん1.JPG



あなたの景色には

たくさんの太陽と

気まぐれな雨と

もしかしたら

思いついたように雪がふりったりするかもしれない




でも、どうかお元気で...




みかんをころころ転がして

ひとり想った




今日は雪がふります





「おじー あん時みたく記念に撮ってくれよ」

posted by yuzamurai at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

さくらんぼブキウギ

よくわからないのだか、何かしらの原因で

我が家のパソコンからはブログが更新できない



その間にもいろいろあったなー

とひとりおもふ



今は八剣山のさくらんぼ食っとるし


さくらんぼ.JPG


「あー、これだ」


先日の第二回八剣山キャンプの時にたくさん発見したんだ

そいつを狩った



さくらんぼ以外にも

最近で1番の件は

天体望遠鏡買ってもーたこと

天体望遠鏡.JPG
(VIXENの望遠鏡ととっちらかったお部屋)



昨日もひとりで1時間くらい月を見てた


オレもだいぶいかれてきたぞ


そんなすてきなはなし




「よしよし、

踊ろうよベイべ」


作詞作曲した さくらんぼブキウギ で軽やかに踊る
posted by yuzamurai at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

雨の詩

「読書、してる場合ではなかった」とぼくはうごきだす

いけちゃんとぼく.jpg

顔を出した2月の太陽


そしたら、雨の詩にあわせ

ぱーっと湯気がまって


家じゅうの窓ガラスを曇らせた


ばたばたとしていたぼくは、少し立ちどまり

ギターを手に


「いや、そんな時間はないのだ」


また、ばたばた


コーヒーはすっかりさめてしまったよ



雨の詩、外は雪
posted by yuzamurai at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

冬の歌

ブランケットの隙間から見える雪は綺麗


小さなトマトをひとつかじって、

「うーうー」と声を発しながら

12月の室内をブランケットは静かに移動する




冬の朝、あたまの中にはきっと

ピアノを弾く人がいて

タイコをたたく人がいて

ウッドベース奏者も

ギター奏者もいて


演奏するのは

たいてい、町の誰もが忘れてしまった古い歌 冬の歌



「あなたのために 1曲 やります」



うっど.jpg


ベース奏者の彼女がそう言ったのは


我が家の置き時計が7時を差し

朝日がきらきらと部屋を照らした…


そんな時だったけど、


ぼくはもう少しだけでいい 眠りたいと思ってた
posted by yuzamurai at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

ハミングバード

ああああああああああああああああああ



ギター欲しい



神様(嫁)ハミングバードが欲しいです



神様.jpg









なにをオレはつべこべ


望みは底なし



それより 金でもためて


ショーウィンドーのギブソン手に入れ 


あの娘にブルースをきかせよう







働け
タグ:ギブソン
posted by yuzamurai at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

銀杏の季節

昔住んでいた家のすぐそばの駐車場に大きな銀杏の木があった

「お前が生まれる前からそこにある」と言う


春も夏も秋も冬も

晴れでも曇りでも、雨振りだって

窓を開けるといつもそこに見えた



2人で木のそばを歩きながら

「この木、落ちた実が臭い ここ通る度に参る」と言ったら

「でも大きくて綺麗やが」と言ってあなたは立ち止まり木を見上げた


銀杏0.jpg


秋も終わりに近づく11月下旬

葉が色づき やがては散った

銀杏の木 その辺り一面は黄色の絨毯


冬の訪れ 




あの時


「もしかしたら、切ないから歌があるんじゃなくて

歌があるから切ないんじゃないだろうか」


とあなたが僕に言ったのをふと思い出した


akisora.jpg


こちらもどうぞ

「映画のお話」へ
posted by yuzamurai at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

犬でロック(しげき的な日々)

昨夜は姪っ子のお誕生日会でした


無事に招待されたこのオレがしくじるわけにはいかない

rockn.jpg

KEEP ON ROCKIN' 〈キープ・オン・ロッキン〉!!!


わざわざこの為にある筋から着ぐるみを借りてきたオレが素敵に熱い! 

で、暑い! 

シャツもにじんで汗くさみ 危険な青春アブラーセ


(着ぐるみの暑さは尋常じゃない… この寒い時期に一人写真撮影だけで汗だく) 


よーしお誕生会突入じゃ!

の前に一人携帯電話のセルフタイマーでパチリッする


オレも最高 お前(グレッチ)も最高 果てしなく最高

rockn2.jpg

自画自賛したところで乗り込んだ


「たのもー」言うて玄関を勢いよく開けた


日も暮れて真っ暗な玄関に浮かび上がる犬ロック!


肝心の姪っ子がビビってた えへへっ


「はっぴぃ ばーすでい 君にロックンロールを」

rockn1.jpg
(オレはずっとクマかと思ってたが、よくみると犬だった)


キープ・オン・ロッキン

犬でロックしたまま

帰りに行きつけのロックンロールホール(バー?)”ノイエ”にも立ち寄ったの

でした


おしまい



こんな話もどうぞ↓


「ロックンロールを想うぜよ」へ

「ロックンロール会議」へ
posted by yuzamurai at 10:15| Comment(6) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

バンドをやってる友だち

バンドをやってる友だち


ライブが近いと忙しなく

gitato.jpg

ギターをやってる友だち1人(写真は理想のイメージです)

dora.jpg

ドラムをやってる友だち1人(写真は理想のイメージです)



そのうちの1人から

「明日ロックンロー−ルね」と

連絡あったもんだから、朝から練習するんだよ


楽しみだね 何かやれそうな気がする


不思議な気分さ





バンドをやってる友達がいるのです

村八分やゆらゆら帝国ほどイカシテませんが僕らはバンドをやっています


気分はいつもスターです


posted by yuzamurai at 13:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

けんかをやめて

けんかをやめて 二人をとめて

わたしの為に争わないでー


kn.jpg


ある日 けんかを見た


パンクバンドがいくつか出たあるイベント 

あるライブハウスの前で

「うるるるるるるあー」

言うて声が 聞こえたので そちらの方に目をやると

パンクスが二人けんかになっていた

パラパラと野次馬  

女の声もする

「やめてー うううううきゃー」

どうやら 女性をめぐって 仲間内のけんかが勃発したようだ

男と男がつかみ合っている

その時、ライブを見終えたオレは友人数人とちょうどこのけんかが一部

始終見える場所で談笑、飲んでた


うーむ こりゃー どうなるのかな?と観察していたら


このけんかしている二人のお友達なのだろうか

スパイキーヘア、鋲ジャンの男が颯爽とやってきて


「やめろよ! ここは70年代のUKじゃないんだぜ!!!」

と言って二人の間に入った


でも


何事もなかったかのように 二人は完全無視

もみ合い、つかみ合いは続いた


けんかを止めるセリフとして やめろよ!まではいたって普通だったが 

その後に続いた

70年代UKというフレーズが予期せぬものだったのでたいへん驚いた

「UKはそんなに物騒なのか?」と友人は言い

俺は

「たぶん」と言った



  

<素晴らしいけんかの止め方>


あれは若かりし頃 学校での出来事

ある科のグループとまた別のある科のグループが酔って楽しくやってい



文化祭だった



ライブを終えたオレはその時、ギターを抱えバンドメンバー談笑、これ

また飲酒中


一人の男が酔って路上で前転をしたところへ、違うグループの男が火の

着いたタバコを投げた

・・・

一瞬の間があって


「うるるるるるあー」


言うてけんかになった


正にあれれ?である さっきまで みんな めっちゃ陽気やったやん

みんな きゃーきゃー言っている

するとだ

やってきた

泥酔した部長が・・・

オレはめっちゃ驚いた 


すでに部長は号泣していたから


そして このうえなくデカイ声で

「ふぐぐぎゅ おばえら やめろよ げんかはぁやめどよ」と泣き叫ん



けんかはあっという間に飛び火して数人対数人の団体戦になっていた


そこへ 尾崎豊氏さながらに迫る部長がいた


oy.jpg


号泣、絶叫、這う


すごかった あっという間にみんな(野次馬)の関心はけんかでは無く

部長にそそがれた

あまりにすごいのでみんな けんかよりも部長が心配になってその元に

駆け付ける

アップで見る鼻水と涙に濡れる部長の顔はまじですごい怖かった

ある女の子はそれを見て「う、うわわわ・・・」と小さく口にした


物凄い注目を浴びた部長は、自分がけんかを止めているんだかなんだか、

途中から(目的が)わからなくなったのだろう(感情の昂ぶりだけ残したまま)


1人、全然関係のない方向へ突き進んでいった


みんなの知らぬ間にけんかは終了


部長はまだ猛烈に泣いている しかも泣き声がめっちゃデカイ

けんかしていた数人は鼻血や口から血を流しているものもいたが、

鼻血の出し損にみたいな状況でとても不憫だった


部長とは以前から少し付き合いがあったが、素面で猛烈に熱い男だ

ある科の部長になったのも立候補である

そして酒を飲むと急激にその温度を上げる


部長は 完全にけんかより目立った・・・喰ってしまった・・・


けんかは野次馬ありきみたいなところが多分にあるから、誰も注目しな

くなった時点で収拾するもんなのかもしれないなと感心した


誰も見てないし、誰も止めないし、女の子の「うきゃー」も無い


そこには

自分らのけんかよりも目立ち、野次馬を一手に引き受ける男がいるのだ

絶対にかなわない稀代のパフォーマーが・・・

せっかく痛い思いをしているのに踏んだり蹴ったりであったことと思う




こんな止め方があるんだなと感動したが、きっと彼にしか出来ない






こちらもどうぞ

「ウルトラマンやヒーローに少年は憧れた」へ

「細野晴臣さんとはっぴいな日々」へ
posted by yuzamurai at 01:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

次のオファー

気怠い宿酔いの昼下がり・・・

次のオファーが届いた・・・

(本当は随分前から話はあったんだけどね)

コレだ

「今度パーチーがあるので是非ロックンロールして下さい」とお手紙着いた

場所は高知市

都会だ!都会だけど!ひるむなベイビー!

友人主催のパーチー

決戦は4月上旬 すぐじゃんベイビー!

「是非ロックンロールさせてもらいますので覚悟して下さい」とお手紙書いた

ROLL1.jpg

パーチーというからには踊らさなくてはいけないのだ

ジョニー改めバーンナックルのテリー(ベース弾き)準備はいいか

い?

そして96の瞳

彼とは高校時代からバンドを組んだ古い仲

ジ・オールマイティ

最高のバンドマン



今夜はあの娘と踊りたいぜ!



準備はいいかい?


俺たちのロックンロールでスリリングな夜を皆に約束しよう




こいつをたずさえて今日はどの町

gu.jpg


roll2.jpgROLL1.jpg

いつもグデグデだけど

よりグデグデでいこーよ

どうにかなるさ

えーっと 

たぶん



面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

posted by yuzamurai at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

ルッキン・アウト・マイ・バック・ドア

ccr.jpg

出会った人を今も想う…

そんなことがあります

東京で過ごした2年間で素敵な人に沢山出会えたんだなーとか

それは東京だけではなくて今も住むこの田舎町だってそうだな

今も出会い続けている

時々ブログに書くロックンロール会議も素敵な面々だ

いの先輩を通じて すー先輩やジーにも出会えたし

書いていけば切りがないけどね


そうだ

東京で1度だけ会った田中のおじさんの話をしよう 


あれはまだ20歳にもならぬ頃



親戚のおばさんから晩餐会に呼ばれた


このおばさんの旦那さんがまた面白い人で

昔ロックバンドをやっていたからその辺の話はオレのど真ん中だった


ミッキーカーティス氏の付き人時代の話

ミッキーカーティス氏がまだ売れなていない頃の矢沢永吉氏を家につれ

てきた話

「それこそ、ここの部屋で矢沢氏と飲んだりしたけど 凄くパワーを感

じた」と旦那さんが言えば

おばさんも

「もうあの頃矢沢さん子供もいたわ。でもとても とがってた。」

そんな話が面白かった



余談だけれど

この家の裏庭にはスタジオがある

さかのぼること20年30年前はそこで演奏し録音していたそうだ

オレはそこを友人とバンド、音楽の練習に使わせてもらっていた

そして

このスタジオには部屋の隅にドーンともう何十年ものホコリをかぶって

しまった大きな卓がある 

roll2.jpg

なかなかの存在感 こりゃー当時でいくらしたのだろう 家が建つなこ

りゃーと友人と話した



まれに中古レコード屋で旦那さんのレコードに遭遇することがあるんだ

けど、そんな時このスタジオを思い出す

ああ あそこで録られたんだなーって

ROLL1.jpg


晩餐会の話に戻ろう

その日は沢山の人がいた

おばさんや旦那さんの友人だ

そして旦那さんの昔のバンドメンバーも集まった

愉快な人達

なかでもヴォーカルだった田中のおじさんは良かった

今も音楽の世界で仕事しているそうで、加奈崎さん(元古井戸)と

仕事をしていると言ってた

「オレ、古井戸好きです」と言うと「お前若いのに良く知ってんなー」

と笑った

「じゃーこれ知ってるか?」と友部正人氏の”大阪へやってきた”を田

中のおじさんが歌った

素敵な声だった

「知ってる!知ってる!オレは友部さんも好きです!」と”一本道”を

口ずさんだ

「お前は面白いなー 最近 友部さんとも仕事したんだよ」とまた”大

阪へやってきた”を歌った


晩餐会の最後は演奏会


田中のおじさんの出番だ

そして

CCRの”Looking Out My Back Door ”をさっきの素敵な声で歌った


奥行きのあるとてもいい声

いい声ってのは空気を変えるんだとその時知った

晩餐会の空気がスッと変わったのがわかった

それまで歌上手いねーなんて人には沢山出会ったけど

例えばカラオケなんかで…

そんなもんは屁のつっぱりにもならん

カラオケで歌声聴いて鳥肌が立ったことなどオレは今まで一度もない

当然痺れたこともない


田中のおじさんには痺れた


本当に…

だから

あの時聴いた”Looking Out My Back Door ”はオレの中で特別な曲


田中のおじさんに負けじとオレもギター弾いて”Looking Out My Ba

ck Door ”歌うけど

ちっとも上手く歌えない 到底敵わない


こればっかりは… しょうがないか


会ったのはあの時だけだったけど


とても素敵な出会いだったと今も想うんだ

Creedence Clearwater Revival「 Looking Out My Back Door 」





ロックンロール会議の記録です↓

「ロックンロール会議」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 18:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

お隣さんの釜炊き

寒い…

「めっちゃに寒いぜ!ベイビー!」と一言発し布団から這い出た

油断、ホットカーペットOFF

布団から出るともっと寒い

ROLL1.jpg


ああ

今日は何の日だったけ 朝の8時で宿酔いふらふら


発狂はお友達 らららー



・・・



きゃー

今夜はロックンロールライブだった

今夜はライブ


そこには問題が山のよう


いくらやってもやっても 愕然とヘタッピー


じっと手を見る


仕方がないのさ


もうなるようにしかならないぜ




窓の外はすこぶる快晴と一筋の煙


お隣さんの釜炊き



そういえば昔、プラットホームの上、灰色の煙の天使が浮かんでいた

で、今になって思うんだ あいつら流されて来たんだって


今日はどの町


オレ達よそ者


もう前にも後ろにも行かないよ


朝はあしたの後ろ姿


夜は夜で思い出を繕う



アイ!フィール!オーライ!!!
posted by yuzamurai at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

かぜのひきかた



roll2.jpg


風邪をひいちまったよ

頭がいてぇし咳が出る


ん?


もすぃかして インフルエンザ?



あれは去年の今頃だった

友人の結婚式 恐怖の集団感染!

仲間がバタバタ倒れていったあれ…

新郎も新婚旅行先で点滴を打ったというあれだ

思い出・イン・マイ・ヘッド

高熱で頭がパーになるとこだったぜ

オレに資金があれば映画化するのに



まっ

今回は違うっしょ

外はこんなにいい天気

SORA.jpg

すこぶる快晴


盆栽に水やって・・・


葉が一枚もないけど いいんかな

冬の盆栽ってこんなもんだっけ

毎日、水はやってるけど

BONSA.jpg




自宅待機・・・




オレの傍らで暖房器が

ぼぼー

言うて頑張っている

けな気じゃ 





先ほど友人がふらり訪ねてきて「これからバイクで走るんだ」と言って

去って行った

風邪がうつるといいのに!





今夜のスタジオにむけて ギターとベースを交互に弾いた

さっきから曲の構成が全く頭に入らん

曲が複雑なのか

馬鹿と風邪が邪魔をするのか



あー頭が痛いぜ!


オーイエー

オレはもうダメだ!



ズックで転ぼう



ロックンロールと風邪の素敵な関係



風邪のひきかたをこっそり教えるから

今度、家においで


ROLL1.jpg
posted by yuzamurai at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

オレはこうやってブギするぜ

天気はすこぶるいいよ

何よりも完璧だ

ギターのピックを買おうと思ったら楽器屋が休みだった

なんて不便な街なんだ



そんなこんなで温泉に来たんだった

ゆらり内海という温泉施設にいる

湯上がりに2階の休憩室でゴロゴロ(そこからなにがみえますか)

yurari2.jpg

最近

天下のGretsch(グレッチ)を借りた

g.jpg


オレはこうやってブギするぜ



湯上がりに

ゴロゴロしながら想ってる
posted by yuzamurai at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

実にほっとけない ロックンロールバンド始動の巻

gumi.jpg


オレらが奏でるロックンロール!!!

昨夜はバンドメンバーの3人で酒をかわした

オレ達のロックンロールについて

「もう1発やるかい?」つう話

オレ達の活動はいつも不定期だ


つーか

決まって結婚式じゃねぇか!休んでる暇はねぇぜ!

”青春デンデケデケデケよ再び”

”グミ・チョコレート・パイン?”


バンドプロジェクトが始動する度、そんなタイトルテロップが宙を舞う


ジョニー(vo、b)のビールのピッチが上がる

ダイ(vo、dr)のビールのピッチが止まる


おい俺達

再結成じゃねぇんだぜ

オレ達終わっちまったのか?

バッキャロー なんも始まっちゃいねぇよ!!


ヘイ!!

スティックを離すなよ ダイ!

さぁ

楽器を持てよ

ロックンロールバンドやろうぜ! どうだいジョニー?



posted by yuzamurai at 14:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

オレの青春デンデケデケデケ

PIBD-1028.jpg

初めてバンドを組んだのは中学3年生の時だった

パートはギターだ

ジャンケンで決めた

これが「オレの青春デンデケデケデケ」の始まりだ



初めてのギターは

ストラト型 色は黒 小型アンプ付き 通信販売で2万円ポッキリ

友人のベースも小型アンプ付きで 通信販売で2万円ポッキリ

楽器が届くまで二人でまだかまだかと

そわそわした日々を過ごした



数日後

やっと

ギターが届いたその夜

鏡の前でギター抱えてポーズをとってみたり

小型アンプに繋ぎ、弾くふりをして暴れた

さぁギターは手にした


これからをおもうとドキドキした



さてお次はバンド名だ

色々気取った名前が挙がったが

町をぶらぶらしていたら

プロパンガスの看板が目に入ったので

オレが

「プロパンガス・・・ガスでええんじゃない。バクハツしそうで」

っつったら

そのまま

「ザ・ガス」

に決まってしまった




そんな

ザ・ガス

記念すべき第1曲目は満場一致で

「リンダリンダ」に決定した

金を出しあって楽譜を買った

コピーしてメンバーに配ったはいいが

当のオレが正直楽譜の読み方が理解できない

(楽譜は今でも読めない)

めちゃくちゃなギター練習だったがそれはそれで楽しい時間だった




初のバンド練習では友人の家のリビングに

ドラムと

小型アンプが二つ並んだ

正直ドラムの音にかき消され何も聞こえやしなかったし、

まともに弾けもしなかったが

それで満足だった





そんな愉快な日々が2〜3か月続いただろうか





ここまで読んでもらって申し訳ないが話は突然終わりを迎える

実をいうとこのバンド

ステージには立てていないのだ

映画の様に上手くはいかなかった




だから

オレが初ステージを踏むのは

次に組んだバンドだった





意外に

ザ・ガスはあっけなかったなぁと

今でも友人と話すことがある


二人で楽器を買ったこと

ステージに立てなかったこと

バンド名のこと

すぐ解散してしまったこと




結局オレらの「リンダリンダ」は完成を見なかったが

エレキギターを構えれば特別な気分になったし

みんなで大きな音を出すことに興奮した

楽しませてもらったぜ



それで十分じゃないかと



今はそう振り返る


posted by yuzamurai at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっとけない R&Rバンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。