2013年08月23日

R.I.P. 山口冨士夫

ライジングサンへいってきた

気持ちよく晴れたり

写真 1.JPG


すこし、くもったり


写真 4.JPG





チャボがステージから



「山口冨士夫ー」



と叫んだ



ロックンロール



それから、雨がふった

2012年11月07日

Ballad

唄うってなんだろ

と思った



わっちは唄った

あなたをおもって唄った



ということです


斉藤和義 / 歌うたいのバラッド 【MUSIC VIDEO】



昔のPVよりこっちがこのみ

期間限定だからもうすぐ観れなくなります



いぬロック.jpg
(あの日のぶさいく)


「あー 唄うことは」

2012年02月17日

ベンジーさんとハリーさん

ベンジー氏.jpg

ベンジーさん


ハリー氏.jpg

ハリーさん




そんな大御所ふたりが登場するおはなし




ニートビーツのMR.PAN(真鍋崇)さんが話す、北海道はライジングサンでのエピソードです


バンドマンのすべらない話 「ベンジーとハリー」






おもろい




2012年02月03日

シェリーは昼間は死んでる

ウイスキーの瓶を片手に


夜を泳ぎだす




そうやって、先を急ぎすぎた君は




真夜中に太陽がのぼる 少し前、眠った








「シェリーは昼間は死んでる」




チューニングのあまいラジオが古い歌をうたう




半分は夢の中



どんな歌詞だったのか、思い出せない




ROLL1.jpg
ラベル:ARB

2012年01月30日

花・太陽・雨

今年は雪がたくさんふる


まっしろ


pyg.bmp

PYG!

1. 戻れない道
2. 明日の旅
3. 戻らない日々
4. サンデー・ドライバー
5. やすらぎを求めて
6. 花・太陽・雨
7. 何もない部屋
8. 白い昼下り
9. ジェフ
10. ラブ・オブ・ピース・アンド・ホープ
11. 祈る




そこに

太陽がのぞいたりすると、きらきら輝いて、


我が家は陽気にG・S(グループ・サウンド)を楽しめる



「G・S? 俺にはわからん。それはPYG(ピッグ)でも同じことだったよ」とあるおっさんが言ってた



PYG(豚のように蔑まれても生きてゆく)

沢田研二(さわだ けんじ、1948年6月25日-):ヴォーカル
萩原健一(はぎわら けんいち、1950年7月26日-):ヴォーカル
大野克夫(おおの かつお、1939年9月12日-):キーボード
井上堯之(いのうえ たかゆき、1941年3月5日-):ギター
岸部一徳(きしべ いっとく、当時の芸名は「岸部修三 きしべ おさみ」1947年1月9日-):ベース
大口広司(おおぐち ひろし、1950年11月28日 - 2009年1月25日):ドラムス( - 1971年9月)
原田裕臣(はらだ ゆうじん、1944年2月14日 - ):ドラムス(1971年9月 - )



GSが過去のものとなった1971年、

タイガース、スパイダース、テンプタースのメンバーにより結成されたPYG




当時を生きていれば、どうだったかわからないが


今だからか、わたしは楽しめる



pyg1.bmp



「PYG…


大好き」



雨や雪のふる日の家の中は


この歌がとてもよく合う



「花・太陽・雨 」PYG





雪はしんしん



あなたは迷子



わたしも迷子




ラベル:PYG ジュリー

2011年12月04日

ムッシュかまやつ講座

敬愛すべきムッシュ


ムッシュ.jpg


ムッシュかまやつ(本名:釜萢 弘(かまやつ ひろし)1939年1月12日生まれ

日本の偉大なるミュージシャン
カントリー&ウエスタンからザ・スパイダース、フォーク、ジャズと変幻自在でおしゃれな男


通称ムッシュ



<ムッシュ講座@A>

嫁さんと一緒に観たが、ギターの仕組みがいまいちわからない彼女は、

爆発的に笑うわたくしの横で、

「意味がよくわからん」と言っていた

ムッシュ講座@ キースみたいにギターを弾く方法(吉田拓郎、坂崎幸之助、両氏を迎えて)





ムッシュ講座A むずかしくギターを弾く方法(吉田拓郎、坂崎幸之助、両氏を迎えて)







「ムッシュは偉大だ。そして かなり、おもしろい」






2011年02月09日

ギターウルフ セイジのナンバーワンTV

セイジ氏が取り仕切るロックンロールTV


この番組、


面白いです


「ネオンBAR 宇宙クラゲ」 

今回のゲストは内海利勝氏(元キャロル)

キャロル!.jpg

音くらう前に、このたたずまいですでに痺れますね



オレは高校3年生の時に偶然観た「リブ・ヤング!」の映像(懐かしのなんとかみたいな番組)

でぶっ飛びました

母親に

「すごいぞ… キャロルは!」とかなり興奮して伝えたこと日のことが昨日のよう…



CAROL(キャロル)


矢沢永吉(ベース、ボーカル)

ジョニー大倉(サイドギター、ボーカル)

内海利勝(リードギター、ボーカル)

ユウ岡崎(ドラム)



その@



キャロル、貴重なお話

そのA




キャロルラストライブ、あの炎上…

そのB




ギター教室


キャロル最高です


親戚筋のおじさんがミッキー・カーティスの付き人をやってたので

「キャロルは身近だったよ」と話してました

その話に異常に興奮したオレは、キャロル活動期1972〜1975年のことを

色々聞いたとを思い出します(矢沢氏の苦労話など)



ああ 思い出すだけで目頭にくるわ


ロックンロール



2010年11月22日

いとしのマックス

荒木一郎をポロンと弾いたら


「誰の歌かわからん」言うので


「荒木一郎、いとしのマックス!」言うたら


「よけーわからん」言われたぞ


ゴールデン!.jpg
(荒木さん渋い…)


荒木一郎って人をいつ知ったのかはさだかではないが、

それはどこかの中古レコード屋で聴いた

”今夜は踊ろう”だったかも知れぬ



たぶん そうだ



なんかひっかかるぞ



んで、


「いとしのマックス」荒木一郎




名曲の多い、あなどれない人


昔、清志郎も荒木一郎が好きだって言ってた気がする


気がするだけで記憶違いかもしれんが…



今、窓の外でぴかりと雷



札幌日記



”いとしのマックス”を夜更けに ぽろり


2010年09月03日

村八分とTOKIO

オイラがこよなく愛する

村八分ジャケ.jpg

「Recorded Live'73」村八分(1973年幻の未発表スタジオライブ)2000年10月リリース

1. 鼻からちょうちん
2. にげろ

と…

TOKIOが似てた

トキオ.jpg

「カンパイ!! 」TOKIO 2001年8月リリース

1. カンパイ!!
2. カンパイ!!(ベリー・ロック・ヴァージョン)
3. カンパイ!!(バッキング・トラック)
4. カンパイ!!(ベリー・ロック・ヴァージョン/バッキング・トラック)


聴いてみたらその楽曲自体は村八分風ではなく、まんまベイ・シティ・ローラーズであった



「ジャケパロディ」



ネットの世界をうろついてたら「あッ」と発見した


「似ちょる」


調べたら発売は村八分が一年近く早い


だからどうしたわけでもないが…


とにかく似てるぞなもし




「村八分なTOKIO」と書くと語弊があるが



そういうことである




9月3日(また雨)

今日は「鼻からちょうちん」聴きながらイカシタ黒いブーツをピカピカに磨いた


かぴかぴだった革が生き返った…

でもってスウェードのイカシタエンジニアブーツも手入れ…

「か、革は生きている…」作業に汗を流しながらそう思いました


それから…


とても嬉しくなってブーツ眺めながらハイボールで乾杯しました




おわり


2010年07月09日

PONTIACS 

世にあふれる沢山のルールが

僕らから自由を奪っていた



夜な夜な燃え上っているサッカ−は


人間にとって一番便利な手を使わず足でボールをあつかう







「あッ 



赤はとまれ… と教習所の先生が言ってた


白線で車を びっしっと停車




「じゃぁ 自由って何さ?」

斜め45度、かっこつけて空を睨みつけるも

生憎の曇天模様だった



カーステレオからPONTIACS

PONTIACS.jpg


PONTIACS

浅井健一(Vo,G)

照井利幸(B)

有松益男(Dr)


「GALAXY HEAD MEETING」





退屈なはずの信号待ち  


いつもにまして しびれる





「ピテカントロプスだったのもそう遠い日のことではないなぁ」



木星も近い

2010年06月29日

夢の中 

ボ・ガンボス1.jpg

「ボ&ガンボ」Bo Gumbos 1989年発表のデビュー・アルバム

1. 助けて!フラワーマン
2. 泥んこ道を二人
3. 魚ごっこ
4. Hey Flower Brother
5. ダイナマイトに火をつけろ
6. 夢の中
7. ずんずん
8. 見返り不美人
9. トンネル抜けて
10. ZOMBIE-ZOMB☆(ゾンビ・ゾンバ)
11. ワクワク
12. 目が覚めた



ボ・ガンボスに「夢の中」って曲があって


ほんとに心を打たれます



この曲を歌っていた どんとはもういないけれど、名曲が残るんだ ちゃんと




ボ・ガンボスには

ボ・ガンボス.jpg


”なんだか衣装が変わった人達だ”

”RCサクセションより派手だ(今思えばそうでもないか)”


なんて印象しか持たなかったものだから


リアルタイムでは聴くことがなかった


周りにボ・ガンボス聴いてる人がまったくいなかったし

ちょっとしたきっかけもなかった

どんと.jpg
(どんと氏)

だから今

「ほんといいなー夢の中。すごい名曲。ブルース」

などとほざいて一人で泣いても


悲しいかな 完全に後追いです



BO GUMBOS(ボ・ガンボス)

久富隆司(ボーカル・ギター)愛称はどんと

永井利充(ベース・ボーカル)

岡地明(ドラム)

川上恭生(キーボード・ギター・ボーカル)愛称はDr.kyOn


ボ・ガンボスの「夢の中」




”働いて 働いて 汗に埋もれて


まちがえて まちがえて 手も足も出せなくて


淋しいよって泣いてても なにも元へはもう戻らない


欲しいものはいつでも 遠い雲の上”





くるんだなぁ 胸のなんだか 



ふかいところまで





生前どんとが話したことで個人的にすごく印象に残っているものがあって


どんと「もうどれぐらい前かな?

沖縄でロックフェスがあったんですね。それにボ・ガンボスも呼ばれて

… ブルーハーツも出演してた。

とても暑い夏のことで…


ボ・ガンボスのメンバーでライブの合間に泳いだんだ。

オレ達は事前に用意してた海パンをはいて ざざざーと海に入った。


じゃぁ 誰か後から わーわー言って 海に入ってくるんだな。


それがブルーハーツ。




ばしゃばしゃとヒロトが僕のそばまでやって来た。


でさ、パンツはいてないんだヒロト。全裸。



ノーパンだった。



いや、実はヒロトだけじゃない ブールーハーツみんな海パンなんかはいてなかった。


ショックだったよ。


それで…


オレら、ブルーハーツにはどうしても敵わないって思ったんだ。」



そう語ったどんとが 今とても好きだ




「夢の中」




うまく言えないけど…



これは本物の音楽



どんとは本物の歌を うたった




2010年04月02日

ゆらゆら帝国の解散

風邪をひいた

今日は鼻水、くしゃみ、頭痛、腹痛、風邪のホームラン王

ナボナ.jpg


北海道生活 今の今まですこぶる健康体だったのにな


なんだかわからんけど

海援隊の

「心が風邪をひきました」聴いてたら


おいうちをかけるようにこんな情報が飛び込んできた


yurayura.jpg

”ゆらゆら帝国解散”


3月31日をもって



傷だらけのギターとトークと夜行性の生き物3匹




本当なのですか?

どうやら

本当のようです





こんなにあたたかい午後なのに


風邪をひきました


2010年03月18日

ザ50回転ズのR&R予備校

しかし

「WE ARE THE KIDS 」は名曲だ


まじ

あの日が蘇る



ザ50回転ズ

大阪ロックンロール少年院に収容されていた3人が結成した

徳島の酔いどれ ダニー(ギター・ボーカル)

出雲の妖怪 ドリー(ベース・ボーカル)

浪速のドラ息子 ボギー(ドラム・ボーカル)

奇跡のロックンロールバンド

50回転ズ.jpg

やつらがロックンロール予備校にてJohnny B Goodeを演奏


ギャー




いやー ビリビリくるぜ





2010年03月15日

血を流して歌う「深夜高速」

gure-tosann3.jpg

フラカンのライブ行きたい

血を流しながら歌う鈴木氏を観てまた胸が熱くなるのでした


「深夜高速」ライブ演奏中アクシデント 流血





2010年03月02日

曽我部恵一BANDはすごいのだ 

前略おふくろ様


”オレは先日 とても素敵なライブにいってきました” 


ネットという人類最新技術を介した事後報告から始まる札幌青春狂走曲


曽我部恵一BANDはすごかった

サニーデイサービスしか知らぬオレはぶっ飛んだ


ナパーム!




キラキラ.jpg

キラキラ!  曽我部恵一BAND 12曲35分のデビューアルバム

01. 天使
02. 結婚しよう
03. キラキラ! 
04. 5月になると彼女は
05. 海の向こうで
06. 海とオートバイ
07. チワワちゃん
08. 街角のうた
09. まちぼうけ
10. 夢見るように眠りたい
11. 青春狂走曲
12. 魔法のバスに乗って


「長い曲は他のメンバーが嫌がるんです。”長すぎる”ってダメだしされる。

僕は作り手だから出来あがった曲に愛情あったりするんだけど泣く泣く一部分削

ってなんかして曲短くしてます。シャープに」

とは曽我部恵一さん


自分の中で作り上げた勝手なイメージ(勝手なサニーデイサービスの解釈)が

いとも簡単に壊されたものだから、オレは少したじろいだけれど、ものすごく感動して

「良かった 良かった 猛烈に良かった」とライブからの帰り道に繰り返した

外はまだまだ寒くて氷点下、足もとで雪をザクザクやりながら…



”そっちはどうだうまっくやってるか?

こっちはこうさ どうにもならんよ

今んとこはまあ こんな感じなんだ”

こういう形式の歌詞いいなぁ

オレの好きな”前略おふくろ様”タイプの詞です


その『青春狂走曲』のセルフカバーの入った2008年発売のデビューアルバム

”キラキラ”の最後を飾るのはライブでも印象的だった『魔法のバスに乗って』という曲でした


「すごい すごいぞ」


家に帰ってあらためて聴いて、歌詞を噛みしめ感動するのでした


これは終わらない青春だ


曽我部恵一BAND「魔法のバスに乗って」PV





ラベル:曽我部恵一BAND

2010年01月27日

毎日をロックンロ−ルで飾る

TVで紹介されたりする札幌の街で評判のうまいハンバーガーを

食って帰り道


確かにうまいけどね


「キリンハウス(店名)の方がうまい」と結論付けた今夜


それは高知の西部、いや幡多郡、宿毛でしかわからぬことかも知れんが・・・


キリンハウス チキンバーガーは100円です


食い物は”馴染んだ味”がデカイ


もうどこのハンバーガー食ってもキリンハウスのハンバーガーを超えないだろうと思う


つまり”思い入れ”やね


そんなもんだ



それを深く深く再確認したオレは


かちんかちんの圧雪路でケツをふりふり


カーステレオからはニートビーツ


前を走るタクシーもケツを振ってる


「みんなのってるね   つうか あぶいけど」


負けじと黒いブーツでアクセル踏み込む


ニートビーツ.jpg


このままロックンロール、ニートビーツのライブ行きたい


汗と鼻水のロックンロールに革ジャンの襟を立てて乗り込むぜ


「黒いジャンパー」ニートビーツ



ねぇ

ステップ踏んでよ







キリンハウスのハンバーガー理論でいけば


ロックンロールを超えるものはもう無い


出てこないのだ


オレはコレにゾッコンで そうやってこれからも生きていく


たくさんの物があふれる中、コレを選んだ


人生いろいろや


ロックンロール





で、ハンバーガー


ああ キリンハウスのハンバーガー食いたい



そういえばこの間、評判のラーメン食った時も


来々軒の方がうまいと思った


コレも地元高知、思い入れのラーメン屋



そういうことかなぁ




ニートビーツ!




 
ラベル:ニートビーツ

2010年01月10日

DARUMAとダルマ夕日 宿毛シティ

まっかなダルマのボディ?


何を感じようか



向井 秀徳氏に宿毛のダルマ



ロケン


ZAZEN 1.jpg

拝借しました ありがとうございます ダルマ.jpg


あッ


あれはかもめの水兵さん?



I Don’t Wanna Be With You [Single] [Maxi]   ZAZEN BOYS
1. I Don’t Wanna Be With You
2. DARUMA
3. NABE&SADA
4. The City Dreaming



これも衝撃





ひつこいけど


ZAZENBOYS  凄まじ






ラベル:宿毛市 zazenboys

2010年01月09日

USODARAKE うそだらけ

まっしろっけっけの雪の上に

まっくろけっけのねこが一匹


足跡が…


ひとつ  ふたつ  みっつ  …


USOだらけの街並みに埋没




「USODARAKE」ZAZEN BOYS




ああ うそだらけ つまり しんじられんかっこよさ


ZAZEN BOYS.jpg

HIMITSU GIRL'S TOP SECRET [Single] [Maxi] ZAZEN BOYS

1. HIMITSU GIRL'S TOP SECRET
2. BRAIN CONSTRUCTION
3. HENTAI TERMINATED
4. HARD LIQUOR
5. USODARAKE TAKE2



衝撃のTEKE2

「USODARAKE TAKE2」ZAZEN BOYS




しんじられん



ラベル:zazen boys

2009年11月14日

嫁とロックが好き

ワタシ妻帯者、嫁とロックが好き

これホント

嫁とロック.jpg


「嫁とロック」グループ魂




↓妻帯者ならマスト


ラベル:グループ魂

2009年11月13日

浅井健一氏とユニクロ

昨日なんて日は浅井健一氏デザインのTシャツとやらを探しに近所の

ユニクロへ行っとった

浅井健一氏.bmp

ユニクロUT×浅井健一コラボTシャツ

ベンジーが自らデザインした全7柄Tシャツと全3柄のパーカーが展開されとるみたい


しかもそこはさすがのユニクロ、価格も1,500円と安いのだ

けどないんだなこれが… 浅井氏の物ばかりか、まず店にTシャツを置いていない


なんでだろう?と疑問符を頭に浮かべながら帰ってきた



すると君が「店員に聞けばよかったね」と言う



”わからない時は店員に聞こう”




実にもっともなアドバイスである



頑張れオレ.jpg


頑張れオレ 

2009年07月24日

アベフトシ氏のロックンロールギター

tmge p.jpg

1990年代後半

東京の街で

ドクター・フィールグッド(Dr.Feelgood)聴いて驚いたオレは密かに

ウィルコ・ジョンソンの方法をどうにかして…

現代の東京のロックンロールシーンへ蘇らせよう!


などと、たいそれたことを考えてた(とか何とか・・・)

ウィルコ先生はピックを使わずにあのカッティングでいかしてたわけですが

オレはやっぱりピック使おう 右手の指そんな器用に動かないしえへへっ

というわけで、日夜燃えてたわけです ギター革命


でも そんなある日出会っちゃった 

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)

アベフトシ氏の衝撃ギター


ああ もうやっちゃってんだと思いました

しかも完璧な形で

ウィルコ先生の香りはしますが、最新型のギターでした

どパブロックではないし(その定義が難しいけれど)、どパンクでもないけど

パブロックもパンクも感じる最新のロックンロール音


日夜ギターを がちゃがちゃ やりながらもやもやしてたのが、スカッと晴れた

気がした




その時、オレ頭の中で理想として描いてたウィルコ直結のイカシタギターより

も現実のアベフトシ氏のギターの方が断然イカシテたものですから


その日

ああ 役目は終わった(特に何もやってないですけど)とオレは静かにギター

を置いた


なんてことはなく・・・未だに がちゃがちゃ やっているんだけど(ひつこいオレ)


でもあの日初めて聴いたアベ氏のギターは強烈でした

いまでも最新型のロックンロールだと思います



永遠の憧れです





ラベル:アベフトシ

2009年07月23日

アベフトシ

アベフトシの訃報は残念だとしかいいようがない


それはとても悲しい


tmge.jpg

2008年11月15日

ゆらゆら帝国の亀川千代さん

坂本慎太郎、亀川千代、柴田一郎の3人からなる

”ゆらゆら帝国”

yurayura.jpg

<勝手に人物紹介>

坂本慎太郎さん(ヴォーカル&ギター)

・爆発系天然パーマヘアの維持のため、なるだけ頭は洗わない

・眉毛はのばすと海苔のようになってしまうためごく短く刈っており、

とても薄い(Wiki参照)



柴田一郎さん(ドラム)

・皇居前でドラムの練習をしたため、右翼に拘束された(Wiki参照)


そして

tiyosann.jpg

亀川千代さん(ベース)

その髪型。ビジュアル的に痺れます




オレが学生の頃、寮の先輩(男性)にも千代さんカット風(便宜上そう呼ばせて頂きま

す)の方がいて非常に気になっていたことがありました


ある日、友人がオレに

「あの人の髪型はなんだか気になるね」と打ち明けたので


「君もそう思っていたか。私もだ」と答えた


「顔面男前であるから益々インパクトあるよな」と友人が言った




それから数日…

夕食後いつものように友人数人と部屋でだらけていたら

何かを思い出したのだろう

友人は

「あッ」と言った後、こう続けた


「楠田 枝里子だってよ」


「突然だな 何が?」と聞き返すと

「あの変わった髪型の先輩だよ。楠田 枝里子イメージしたんだってさ。

オレこの間、玄関で偶然はち合わせちゃって、一度も話したことないのに

耐え切れずに聞いちゃったよ!「髪型変わってていいですね」ってさ!」



意表を突かれたオレはとりあえず


「世界が丸見え 楠田 枝里子…」と呟いてみた


結局その先輩とは一度も話したことはなかったし名前すら知ることがなかった

今思えば、面白そうな人だったのでお知り合いになれなかったは残念である



それから数年後

ゆらゆら帝国を知り、千代さんを初めて見た時、灰野敬二さんより先にあの

先輩を先に思い出した

(千代さんのかぐや姫カットとその先輩の楠田枝里子カットもまたちょっと

違いますけど)

「発光体」PV




当時を思い出して今日もまた痺れる




こちらもどうぞ↓

「ガレージでロックンロールな人々」へ


2008年11月07日

村八分の映像 -よだれべろべろ-

欲しいのは

よだれべろべろのロックンロール 

ああチャー坊

cya-bo-.jpg



こういった映像が観れるようになったってのは本当に凄いことだと思います

自分が村八分を知った(たかだか)10数年前(ですが)は思いもよらなかった


よだれにまみれたロックンロール

カラー映像



これもべろべろ



あとはTV「リブヤング」出演時の村八分 観れたら最高です

言うことありません




こちらもどうぞ

「ガレージでロックンロールな人々」へ

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ 」へ

「The Rolling Stones」へ
ラベル:村八分

2008年11月04日

お前はひな菊

”俺はお前と寝たいだけ”と早川義夫さんが唄い

hayakawasann0.jpg



”俺はただあんたとやりたいだけ”と大江慎也さんが唄ったのでした

ooesann1.jpg



こちらもいかがでしょうか

「めんたいビート」へ

2008年10月27日

C.B.Jimのフロントフォークとオラのグレッチ

BLANKEY JET CITYの最高傑作がなんであるかなんてわからないが

どれが最高に好きかはわかる

bl1.jpg

2ndアルバム BANG! 1992/1/22



当時汚れ知らずの高校1年生だったから

「ブランキーのあのアルバム聴いた?”バング”めちゃカッコイイ」

と真顔で言っていたんだ 

すると

「それ バンって読むんじゃないの」と友人が言った


「BANG!」




TV出演ものも一発ロックオン

ブランキーのTV出演ものだとイカ天が有名だろうけど

こういうのも痺れる

光GENJIが後ろに座ってます

「冬のセーター」



刺青の話しかしない司会者ってのはいかがなものでしょう?



実はこいつもたまらん

BL2.jpg

3rdアルバム C.B.Jim 1993/2/24



ある日

「ところでD・I・Jって何?」って友人に問うたら

友人は

「ドキドキするような・イカレタ・人生って歌いよるやんけ」と


「えええっ そこだったんかい・・・」

と読解力(?)に欠ける俺はたいそう驚いた



C.B.Jimのフロントフォークに痺れて15年

当時全く弾けなかったものが多少なりとも弾けるようになった今



オラぁ カッコつけてグレッチ肩からさげてます





こちらもどうぞ↓

「ガレージでロックンロールな人々」へ

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ 」へ

2008年08月23日

ロックンロールショーのチケット

小銭を握り 角の煙草屋へ


おつかいで行くその道のりは 短い旅のようでありました

imawano.jpg

オレの大好きな忌野清志郎さんの大好きなカットです




世界を一周する旅や大陸横断の旅などと比べると

実質、小さな日本のこれまた小さな四国をくるくる回るオイラの旅は

相も変わらず角の煙草屋までの旅と呼べるものかもしれないが


そこに無限の楽しみとドキドキがあるならそれでいい

murahati.jpg

何も難しいことではないよとギターを抱え

ぎゃーーーん

と「鼻からちょうちん」のリフをかき鳴らしてみる





roll2.jpg

ROLL1.jpgを忘れるなと言ったキースを想うオレが

ここで鳴らした「鼻からちょうちん」のリフと

中学の時に初めて買ったギターで鳴らした「リンダ リンダ」の

ぎゃーーーんとは


どこまでも同じであって欲しい





roll.jpg


2008年08月07日

月光仮面は誰なのか

お爺さんに

「誰にも言わんで下さい ぼくが 月光仮面です」と耳打ちすると

「ええ!」とめっちゃ驚いてた


ばきゅーん


そうです ぼくが月光仮面のおじさんです





んばばばばばー


いう雨の音で目が覚めた


うほほー 久しぶり  干上がった我が家に恵みの雨


でも・・・


困ったな 今夜は祭り!  祭りなのに!

(最近 祭り行きすぎです)

友人にお呼ばれしているんだ 当然花火もあるんだよ


どこであるのか知らないけれど 誰もがみんな知っている祭りなのさ

そして 毎回のように事件が起こるんだ

あれは 一年前の夏… 前回は人隠しにあった

友人が携帯をいじりながら 祭り会場近辺を歩いていると

急に消えたんだ 

「あっ き・消えた・・・」とオレがいうと

「油断も隙もないよー」とドロまみれ、ずぶ濡れで浮上してきた

どぶ川に突き刺さったのだ 他人事なのでたいへん面白かった


単なる不注意との説も流れたが、あの会場の、あの町の異様さ



あの暗い農道



その後 残りの友人も田んぼに突き刺さった


しかも2人! 1人は農薬でかぶれていた


それ位 あそこは あの祭りは 油断できん
  

とりあえず 起床し、早速 天気予報を確認してみるに くもり時々雨



雨かぁ



雨!



んんん!あああ!


ずだだだだーと階段を駆け上り 干し場をじやーぁあぁと開ける



8月の雨に濡れる 洗濯物を見た



可哀想じゃ 1歩、いや2、3歩 間にあわなんだ 

天気予報を先に見たオレがイカンのだぁ

と実に慌ただしい 起床して5分間




しかしやね


どこの誰だか知らないけれど 誰もがみんな知っている


月光仮面はとはいったい誰なのかね





まぁ いっか


あれはまだ ガラスのような10代の頃

オレのあの娘がモップスのLPを買ってきた

「店のおじさんがコレが最高だっていうから」が主な購入理由だった

1990年代 世紀末を生きる10代の少女にモップスを推薦するおじ

さんとは・・・

「もしかしたら そのおじさんは月光仮面かもしれないね ちょっと

貸してごらん」

と言うと

「あなたに貸すと返ってこないこないからと」断られた


き 貴様

月光仮面とデキているのではないかー


と暴れたりはせずに


「とりあえず そいつを かけてみんさーい」とおどけた


えへへっ


mop.jpg


「あなたと違って 月光仮面のおじさんは正義の味方 いい人よ」


とあの娘が言った




こちらもどうぞ

「ロックンロールを想うぜよ」へ

「ロックンロール会議」へ
ラベル:THE MOPS モップス

2008年07月16日

驚くべきキャロルの映像

真夜中に

うぐぐっと唸ってしまった

完成前の ファンキーモンキーベイビーのスタジオ映像

こんなん あったんだ


「凄いよ 凄いよ」と深夜のてんやわんや


kiya.jpg


高校生の時に「懐かしのあの映像!」とかいう番組

ヤングインパルスで演奏するキャロルにイったオレ

そう ”ルイジアンナ”でぶっとばされたオレの


10年殺しか?



歌詞がまだなのも憎い 悩殺ロックンロール





ありがとう まじでありがとう

2008年07月07日

憧れのかまやつさんのはなし

河原で 七夕をした

我が町に沈む夕陽は美しかった

yuuhi.jpg

「外で飲むのもいいもんだ」と皆が言うから

「そうでしょう そうでしょう 野外は最高です」と言っておいた


見事な鱗雲


数秒ごとに夕陽は表情を変えた 


この雲空では今夜、天の川は無理かもしれないが


”夕陽”


来て良かった





夕陽の歌 歌 歌といって

初め頭に浮かんだのが 


スパイダースの「夕陽が泣いている」


オレはいつの人間だ と自分でも思う


調べたら1966年発売の120万枚を超える大ヒットナンバーだ

作詞・作曲ともに浜口庫之助氏が手掛けている

しかし しかし しかし

わたしは早川義夫氏に心打たれた人間であるから

浜口氏と言えば「ロール・オーバー庫之助」

コレは変わらない

早川氏が「ロール・オーバー庫之助」を歌ったのはもう40年前のこと


まぁ 何年経過していようが

相も変わらず わたしの中では「ロール・オーバー」な点で

ベートーベンと庫之助氏は同一である


よって スパイダースはスパイダースでも

愛する かまやつ氏の作品へシフトチェンジした


kumo.jpg


シングルの棚を探ると2作品出てきた

まず 「なんとなくなんとなく」であるがB面の「ブーンブーン」が素晴

らしい 言わずもがな ジョン・リー・フッカー先生の


それと この曲




高校生の頃親に

「スパイダースが聴きたいので 誰かからいらなくなったアナログもら

えないだろうか?」

(その頃 親の友人から聴かなくなったレコ−ドを頂く機会があった

ので、もしかしたらスパイダースも・・・なんて 甘い期待を抱いたの

だった)

と頼んだら 冗談だと思われた

めっちゃ 本気なんだが・・・


スパイダースが可哀そうだ(オレが言うことでもないが)


それと 以前

かまやつ氏が

「毎日、洋服を選ぶのが面倒なので、毎日喪服を着ている。同じの5

着持っていてローテーションです。たいへん楽になった。」と言った

これはいいアイデアだと思い

当時のバンドメンバーに伝えたら

「喪服を5着揃えるのもバカにならんよ」と言われた

確かに・・・




かまやつ氏は10代の頃からの憧れ






「英国いや世界の60年代ビートを愛するあまり」へ

「ロックンロールの偉人・変人1号2号大集合」へ

「ロックンロールを想うぜよ」へ

2008年04月21日

前座ドリフターズ

くらえ

カトちゃんのドラム



ぎゃ− キャッコイイー




でね


のっぽのサリーなんです

あの武道館

ドリフターズ

そう 日本のドリフターズです



その映像 貴重だ



カトちゃんが「おーこの映像欲しいな」つぅ位なので絶対に貴重なのだ



だいたいやね


少しドリフターズを知っていると

「ドリフターズってビートルズの前座やったんだぜ!お前さん知らねー

のかい?」

とくるんだ

でも映像までは観てないケースがほとんどだろうけどね

オレもそう!



まず 懐かしい?CM(最近だな)

ウッド・ベース弾くチョーさん キャッコイイ

いかりやさん!





チョーさん自身は「ミュージシャンとしてのオレは3流だ」と言ってい

たと

そこがまた たまんねー


技術に関しては オレごときにわからん

ただ キャッコイイ それで充分


さてと

ビートルズ前座 番組は ”波瀾万丈”



解散!



面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
ラベル:ドリフターズ

2008年01月26日

ラブ・ゼネレーション 早川義夫

hayakawa.jpg

「ラブ・ゼネレーション」早川義夫 著

72年に発売された早川義夫の本で「ラブ・ゼネレーション」ってのがあ




音楽に猥褻

遠藤賢司、岡林信康、はっぴいえんど、高田渡 他を早川義夫の視点で

書き綴った音楽エッセイ集


72年の発売から、長い間絶版であったが

92年、20年ぶりの復刊を果たした


ふんぎゃやあああ


”美人喫茶に美人なんかいないのと同じように、フォークコンサートにも

フォークソングなぞない

歌は歌のないところから聞こえてくる”



そう はじまるエッセイ





自分の手元にある「ラブ・ゼネレーション」は今から10数年前に買った

文庫本だ


時折、手に取る一冊


完結しない


終わることがない一冊


きっと、誰が読んでも、切れることなく続いていくだろう




”足りないのではなく、何かが多いのだ”



には しばし言葉を失った



風化することのない言葉が詰まっている


ほんとだよ






ラブ・ゼネレーションにまいってるのなら、こちらもお薦め↓↓

「 村八分 」へ

「 外道 」へ

「ザ・ブルーハーツ」へ

2008年01月20日

ザ・ダイナマイツ R&Bの爆発

dyn.jpg

ザ・ダイナマイツ「ヤング・サウンド R&Bはこれだ!!」

1. トンネル天国
2. マサチューセッツ
3. デイドリーム
4. 恋はもうたくさん
5. ウォーキング・ザ・ドッグ
6. 恋の終列車
7. マイ・ガール
8. ユメがほしい
9. ジュディのごまかし
10. マーシー・マーシー・マーシー
11. のぼせちゃいけない
12. 大人の戦争

瀬川 洋(vo)20才
山口 冨士夫(g)19才
大木 啓造(g)18才
吉田 博(b)17才
野村 光朗(dr)21才

発売時のメンバーの年齢だ

若いな 正真正銘の ”ヤング・サウンド”


ライナーノーツの瀬川氏の発言も胸を熱くする

”今いちばん欲しいもの それはR&Bのすべて”

”そして日本のR&Bを世界に通用させるまでは闘い続ける”

今も闘い続ける男、その発言に偽りは無かった





ザ・ダイナマイツがロックンロール・エンジンを搭載していたのは一曲

目の「トンネル天国」ですぐにわかる

”トンネル抜けて お花畑”って スケベな歌詞も ぎゃいん

この楽曲はプロの作家によるものだが、だからこその気合で怒りのロッ

クンロールに仕上げてみせた

ナンバーから溢れ出んばかり、かなりの爆発力だ


「トンネル天国」がもし他のGSにプレゼントされていたら

某音楽誌のアンケート”一番カッコイイGSナンバー”で1位を取った

り、ガレージ・パンクの古典として愛されるナンバーとはなっておら

ず、全く違う運命を辿ったであろう



他のナンバーも粒揃いだ(CDならボーナス・トラックがガッツリ)


カルトGSや山口冨士夫氏が在籍した…云々を取っ払い

ロックンロール・バンド「ザ・ダイナマイツ」として聴くのをお勧めす



こいつぁ できるぜ




貴重だ! 動くザ・ダイナマイツ 



映画のワン・シーン ゴーゴー・コンテスト!?
 

めっちゃ蛇足だが

個人的に愛する 三大 ”トンネル・ナンバー”があり

@「トンネルの唄」高田渡  物凄く泣けてくる

A「トンネル抜けて」ボ・ガンボス  やっぱり泣ける どんと!

B「トンネル天国」ザ・ダイナマイツ  イエス ロッケンロール!


とにかくこの三つが最高


マスト!米軍キャンプで鍛え上げられたR&Bが爆発する



ザ・ダイナマイツにズキュンなら この↓↓R&Rもかなりお薦め!!!

「 村八分 」へ

「 外道 」へ

「早川義夫とジャックス」へ

「The Rolling Stones」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年01月18日

早川義夫とジャックスの世界

ja.jpg

ジャックス「ジャックの世界」68年発売のデビューアルバム

1. マリアンヌ
2. 時計をとめて
3. からっぽの世界
4. われた鏡の中から
5. 裏切りの季節
6. ラヴ・ジェネレーション
7. 薔薇卍
8. どこへ
9. 遠い海へ旅に出た私の恋人
10. つめたい空から500マイル

早川義夫(vo、g)
水橋春夫(g)
谷野ひとし(b)
木田高介(dr、fl)



ジャックスを初めて耳にしてどう思うだろうか?

おどろおどろしい声と言葉

オレは妙なものを聴いてしまった!という違和感が全てだった



そもそも、ジャックスが万人に受け止められるかと言えば無理だろう

日常のあちらこちらで流れる音楽とは異なる性質を持っているジャック

スは、日常一般音楽に慣れてしまった耳に、異物と感じてしまうかもし

れないし、拒否反応は出て当然だ



ひっくり返してしまえば、それがジャックスの凄さ、凄味なのだが


今も昔も関係なく、ジャックスは違和感であり続ける


拒否しようが、受け止めようがどっちだってかまわない

戻ってこようが、戻ってこまいが自由なのだ

ただ、どこかにジャックスが残っていて

早川義夫の言葉に心を握られたまま生きていると、ふいとどこかで再会

するそれに


”伝えたいことと、伝えたい人がいれば、才能がなくても、歌は生まれ

ると、僕は、今でも、思っている”




言葉を失うほど射抜かれる







ジャックスには名盤と評価の高い「ジャックスの世界」ともう一枚

「ジャックスの奇蹟」がある


解散決定後のレコーディング作とあって、メンバーのモチベーションの

問題も大きかろう「ジャックスの世界」ほどの激情はない


曲によっては、早川義夫抜きであったりするわけだが


jac.jpg

69年に発売された 2ndアルバム「ジャックスの奇蹟」

1. ジョーのロック
2. この青い海に
3. 堕天使ロック
4. 運命の囚人
5. トゥ・ラヴ・ユー
6. Dm4 - 50
7. 花が咲いて
8. 君をさらって
9. ロール・オーヴァーゆらの助
10. ハウ・トゥ・ラヴ
11. 敵は遠くに



”ころがってゆけ くずれてゆけ 堕ちるとこまで堕ちてゆけ

咲いた花がひとつになればよい”


堕天使ロック


油断してると、一撃を喰らう


ジャックス ”マリアンヌ ”




早川義夫はビートルズ日本公演体験者だ

ビートルズをはじめとする海の向こうの音楽に魅せられて、ジャックス

を始動した

しかし

当のジャックスはビートルズとも、何とも似つかぬ異質のロックを完成

させた



68年の日本と言う土壌

ジャックスでしか、なし得なかった独自のロックンロールがそこにある




ジャックスにまいってるのなら、こちらもお薦め↓↓

「 村八分 」へ

「 外道 」へ

「ザ・ブルーハーツ」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年01月05日

1993年のBLANKEY JET CITY 

初のライブ体験は特別な思い出だ

ブランキージェットシティ

人生で最初に生でみたロックンロールバンド

C.B.Jim.jpg

1993年、ブランキーは3rdアルバム「C.B.Jim」をリリース



このアルバムの強烈なロックンロールに参っていた




ライブ会場はオレが住む町から遠く離れた愛媛県松山市のラフォーレ

友人2人と友人の姉ちゃんと4人で行った

ラフォーレの2階にあるライブスペースはそれ程の広さはない

完全オールスタンディング

オレら4人はできるだけ前へ陣取り

まだブランキーの居ないステージ上のギターやドラムそれに動き回るス

タッフを目で追った



突如として照明が落ちる



ブランキージェットシティの登場だ

もうそっから

何がなんだかよくわかりません

の世界に突入


浅井氏のイカシタMCから爆音のロックンロールが炸裂

皆がぎゃあああああ

と言ったが最後

もみくちゃになった

友人も友人の姉ちゃんもどこにいるのかわからない状態

オレは自分よりデカい周りの客に揉まれながらも

前へ前へと少しずつすり抜けて

遂には最前列になった

中央やや右寄り

浅井氏を左斜め僅か1メートルの距離だ


ぎゃおおお

「ベンジー!ベンジー!」(浅井健一氏の愛称)

ぎゃあああ

とにかく手をのばす

エンジニアブーツとギターに触れた



隣の見知らぬ姉ちゃんは

ぎゃあーぎゃあーうるさいし

ベンジーを触るのにとても邪魔だったが

おっぱいを常にオレの背中に当ててくれるのでとても有り難かった



周りのノリにもみくちゃになりながら

中村達也氏と照井利幸氏

の名前を叫んで

また

ベンジーを叫んだ

隣の見知らぬ姉ちゃんのおっぱいと一緒に



そんな怒涛の2時間

人生初の生ロックンロール

物凄い体験だった


曲目は何一つ覚えていないのは興奮状態にあったからだろう


ただただ

とてつもなくイカシてた

あんなイカシタ大人になりたいと思ったし

職業はミュージシャンが最高だと思った



現在そのどちらにもなれていない


ロッケンロール!

Blankey Jet City PUNKY BAD HIP !!!









BLANKEY JET CITY にまいってるのなら、こちらもお薦め↓↓

「 ROSSO 」へ

「 The Birthday 」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年01月04日

めざましテレビと浅井 健一氏

deisui.jpg

ふふふ


再び

めざましテレビのROOTS OF MY MUSICなんだが

今度は浅井 健一氏のROOTS OF MY MUSICだ



しつこいが

画面左上の数字が若い

AM4:43スタートのコーナーだぜ

うちのおばあちゃんが起きる時間だ


そんな時間

よだれくって寝てるか

起きてても確実に酔ってんぜ

しかもかなりの泥酔時間だ

もしその状態で観ることが出来たとしても

記憶にないだろう



つうわけで

浅井 健一氏の青春デンデケデケデケです



もう一度 よく考えてみたけど 

オレがどんなに浅井 健一ファンでも、このコーナーをリアルタイムで観ることは

できないと思うのです




よろしければ あわせて読んでくらはい↓

「チバさんのR&R」へ

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ 」へ



2007年12月12日

Rolling Stones「Get Yer Ya-Ya's Out!」とチャーボー

昔からファンの間で語り継がれる噂っていうものがある

get.jpg

Rolling Stones「Get Yer Ya-Ya's Out!」

この世界最強のロックンロールバンドのライブアルバムとチャーボーの噂だ

5曲目”MIDNIGHT RAMBLER”のブレイク時「かっちょいいーー」と

叫ぶ日本人の声が入る

その声の主が村八分のチャーボーだというのだ

かなり信憑性は高い



チャーボーが1969年にアメリカに渡り、Rolling Stonesのステージを観たのは確かだし

(1969年当時Rolling Stonesのライブ会場に日本人がいる自体かなり珍しい)

そのステージに触発され村八分を結成した話は有名だ



とにかくストーンズ観て

「かっちょいいーー」と叫んじゃったわけだ

確かにRolling Stonesの1969年のアメリカツアー 恐ろしくかちょいいからな




こりゃあ

絶対チャーボーだぜ!



オレは絶対にチャーボーだと思っている


そっちの方が断然素敵じゃないか!


あの「かっちょいいーー」からすべてが始まったのだと思えば





村八分にまいってるのなら、この↓↓R&Rもかなりお薦め!!

「英国いや世界の60年代ビートを愛するあまり」へ

お薦め 最新型のR&R

「チバさんのR&R」へ

村八分!!”草臥れて”の映像

mura.jpg

村八分

1971年結成  1973年自然消滅   1979年、1990年(一時再結成)


柴田和志(チャ―ボー)(vo)71〜

山口冨士夫(g)71〜73在籍

浅田哲(g)71〜73在籍

青木真一(b)71〜72在籍

加藤義明(b・g)72〜

ミカゲ・エーイチ(b)73〜

上原裕(dr)71在籍
 
カント(dr)71〜72在籍

村瀬シゲト(dr)72〜




「草臥れて」


歩いても 歩いても 果てどなく 果てどなく 

握り締めた てのひらは 汗ばかり 汗ばかり

Oh Yeah

歩いては 立ち止まり 目を閉じて 振り返る

心に閉まった 宝は 寂しさばかり

Oh Yeah

歩いては 草臥れて 振り返る 草臥れて

握り締めた てのひらは 草臥れて 草臥れて

Oh Yeah



村八分(Reunion '90)−くたびれて



本当に凄い日本詩だ こういう詩が埋もれてしまうのはまずいのではな

いか?

ちなみに映像は1990年再結成時 冨士夫氏はいない




もうひとついこう

細切れフィルムではあるが動く初期の村八分である

抜群にかっこいい





ああ

これが

村八分だ




村八分にまいってるのなら、この↓↓R&Rもかなりお薦め!!!

「ガレージでロックンロールな人々」へ

お薦め 最新型のR&R↓↓

「チバさんのR&R」へ

素敵ではないか

2007年11月29日

外道 その2 強烈なドライブ!!!

再び外道登場!!!!!!!!!!!!

(その1とあわせて読んで下さいまし)

外道

加納秀人(vo、g)

青木正行(vo、b)

中野良一(vo、dr)


1973年にデビュー

1976年に解散


わずか3年の出来事だったのかい?

それから30年たってんだね

なんてこったい

30年前かよ 日本もすてたもんじゃねぇな


強烈にドライブする演奏に素敵な映像

夜をぶっとばせそうぜ!!!


外道「香り」



外道にまいってるのなら、この↓↓R&Rもかなりお薦めだと思います!!!

「 村八分 」へ

お薦め 最新型のR&Rです

「チバさんのR&R」へ

素敵ではないか

2007年11月22日

村八分 山口 冨士夫

えっ!

村八分?

山口 冨士夫?

え!

どきどきぜ!

murahatihon.jpg

「村八分」山口 冨士夫

ちょっと高かったけれど
2,900円+税(CD付き)

財布の中身 確かめたけど

CDは既に聴いてる音源だったけれど

損はない

買ってよかったぁ

初めてみる貴重な写真と

mura3.jpg

スリリングな内容 

個人的にやられたのが

中島らも氏の「ねたのよい」(途中で挟まれた構成になっている)


これが

目と手の届くところにコレがあって

素通りかい?

手に取らずには、読まずにはおれんぜ

そうだろ?

村八分

mura.jpg


 村八分 -鼻からちょうちん-


鼻からちょうちんぶらさぜて

よだれべろべろ垂れ流し

口べにベタベタぬりつけて

胸下八分のちんどんや

あー燃える炎よ とんでいけ




この歌詞の感覚最高



おれのこと わかるやついるけ

わかるやついるけ おれのこと

みみをすませて よくききな

おれのこと よくおぼえな

おれはめくら めくらもの

すべてのみえる めくらもの




全てが

murahati.jpg

「ライブ」

他にも
「草臥れて」
「Recorded Live’73」
「Live ’72 三田祭」
「Underground tepes」
 等

新発掘の音源が続々出て
今はたくさんの村八分が聴ける

チャーボー、山口 冨士夫氏が書いた「村八分」が読める

YouTubeで村八分が観られる

村八分に餓えることはなくなった?

いや、生を体感できなかったのは不幸だ



あー野郎達 かわいそうな野郎達



当時フジオ氏はこういった
「村八分とストーンズこそが最高だ。」


最高だよ

あんた達

2007年11月20日

外道

gedou.jpggedou.jpg


外道を聴いたことがないなら1度聴いた方がいい

今は沢山の音源が発売されている

「狂熱の町田ポリス’74」(写真)

     「香り」
ずずぢゃぢゃずぢゃぁぁ(リフ)
ずずぢゃぢゃずぢゃぁぁ(リフ)
げーーげげ げげげげげげげげ 外道


め・めっちゃドライブしとる なんじゃこりゃああああああああ
猛烈に走るリフにこの歌詞・・・
ブンブン唸るベース、たたみかけるドラム・・・
初めて耳にした感覚は忘れられぬ

ああぁ
これを突然コンビニで大音量で鳴らしてみたい
一般的日常空間に絶対溶け込むことのない音楽
 
これは暴走の誘発だ

オレはバイクに乗らないから外道を聴いて脳内暴走を繰り返す

外道のファンにはバイク乗りが多いのに納得する

ジャケは沢山のバイク乗りと警官

とにかく外道のロックンロールは凄まじくドライブする



こちらもどうぞ

「ガレージでロックンロールな人々」へ

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ 」へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。