2010年06月21日

ロックンローラーになれよ

「雨降って地固まる」


そう言って愛読の書をぱたりと閉じた


b.jpg
(ガレージ・パンクと青汁)


”北海道は梅雨が無くていいね”


というけど、あれはほんとか?


ここ数日はちょいと梅雨を思い出すような雨




気がつけば


ちょっと


ちょっとだけ肌がべたべたする



そんな雨降りに



リトル・リチャードを聴くとフルチンで踊りたくなるのはなんでだろう?



しかも、その猛烈なロックンロールに血管がぶち切れそうになる



今はべたべたと体が常に温まってる分(スタンバイ状態)即、マックスに入りやすい


だから


注意したいと思っている




「男の子と女の子」くるり




突然だが、ここである少年(K氏)の告白を紹介したいと思う


リチャード氏.jpg

↑ちなみにこの方が私も尊敬してやまない”偉大なるリトル・リチャード氏”


<THEE 告白>

”小学生の頃、友達のマッツの家にリトル・リチャード「jenny jenny」のシングルがあって、

二人で聴いてコーフンしてフルチンで踊り狂った記憶がある。

その後マッツは一人その行動をエスカレートして母親に見つかってヒドイ

目にあっていた。合掌。”



randr.jpg


なんて良いエピソードなんだろう


のちに彼らは素敵なロックンローラーになりましたとさ


syonben.jpg
(いつかの全裸で小便する男の子)



なわけで、今日はそんな男の子な話で終わろうと思う




2008年07月26日

MAD3な妄想を繰り出すことが出来る

またまた

お祭りにいってきた


琉球踊りや和太鼓

沢山の出し物を観たけれど オレの頭の中(最強の妄想)が最高だった


ロックンロールを3つ唱えたら

そこにMAD3が登場して お祭り会場を飲みこんでしまったんだ



何よりもイカシテいたぜ



mad3.jpg



こうやってみると

彼らのエンターテイメント性が良くわかる






花火どころじゃなかった ありがとう ベイビー



ラベル:MAD3

2008年04月14日

オレの胸には赤いイナズマ

すこぶるいい天気!

こちらは南国土佐というだけあってずいぶんと暖かくなり、

桜も咲いたと思ったらもう散っております

ズバッと葉桜     

先日、花見をしたのですが、もうすでに若葉が芽吹いておりました


ああ 春なのだ


僕の家の前の道を今日も小学生が通っていきます

ピッカピッカの一年生

(最近このCM観ませんが、どうしたんでしょうか)

そんな中、寝起きでふらふらしながら

嫁さんが数日前から仕込んでいたタケノコを頬張る



そして

ギターを手に取り 

弦の交換

しかし そこはグレッチ うまくいかずイライラ

3回に2回の高確率でペグを巻いてるうちにピンから外れ

やり直しのべイビ


難しくしているのはココだ

gita-.jpg

交換時 すぐに外れる… 

弦をあらかじめ曲げて(ホール側)引っかけ、外れないように引っ張っ

て(弦を張る)ペグを巻いてますが結構しくじる



何かいい案があったら是非教えて下さい



さて突如 ギターウルフ

初めて聴いた、買ったのはサティスファクションのカバー7inch

針を落とした時 家のレコード・プレイヤーが壊れたのかと思った

もしくはスピーカーがイった!かと…

それほど スリリングな録音状態


まぁ いつものことですけどね




ギターウルフHEY!HEY!HEY! 出演時の映像 

歌詞キレキレ

全開全開 ”ゴーゴーゴー”って最近なかなか使いませんて

ポケットの中にロックンロール ってもの秀逸

HEY!HEY!HEY! 出演 ギターウルフ 「環七フィーバー」





こちら↓↓もどうぞ!

「The Rolling Stones」へ

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ 」へ

2008年03月22日

Jon Spencer Blues Explosion

朝酒


昼酒


夜酒



がループするような素敵な日々は


ジョン・スペでぶっ飛びたい

jsb.jpg

うおお 


永遠はいらねぇ


今が欲しい


導火線の短いロックンロールが瞬間で爆発する

Jon Spencer Blues Explosion 「She Said」



今夜も仕事終わりに連行喰らって

朝までダンパ!



ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

2008年03月13日

オランダの不良よるロックンロール

最近は陽気な高知県も今日は少しお寒いどすぇ

そして!

雨が降っている

切ない思い出のような雨が降っている



荷物来ない

(「博多とロックと爆裂都市」カテゴリー:ロッカーズ参照)



ちきしょー 朝の配達かよと思ってたのは昨夜のこと

あー寒い

ポストもからっぽ

不在連絡票もない(不在じゃないけど)




気を取り直して

雨降りとも荷物ともなんの因果関係もないロックンロールをご紹介しよ




かなり久々海外のロックンロール

しかもオランダ産

THE OUTSIDERS(ジ・アウトサイダース)!!!

out.jpg

67年ファースト·アルバム『Outsiders』

不良のダッチ・ビート!

ジャケからプンプン におって来るこの感じ


この小汚い服装と長髪


ロックンロールは少し汚い感じとイメージがよろしい 

昔はローリング・ストーンズもロンドンの乞食バンドと言われてたよう

だしね

あとプリティ・シングスとの共通点も特大だな

前日のブログで紹介した”爆裂都市”のオープニングのナンバー「セル

ナンバー8」の元ネタはアウトサイダースの「wont' you listen」にあ



(あってもなくてもどっちも抜群カッコイイからええのですけど)

「wont' you listen」も聴いてみてくださいビビッときますから



そういえば

イギリスが世界に誇れるものが3つあるんだとかなんとか・・・

そんなイギリス映画のワンシーンがあった

「ビートルズとローリングストーンズとベッカムの右足」

そう主人公が言ったんだっけか?

(まてよ ハリー・ポッターも入ってたような気が・・・)



それにならえば

オランダが世界に誇れるものと言えば

「クライフ(フライング・ダッチマン)とQ65とアウトサイダース」

(個人的趣味丸出しなわけだが)

フライング・ダッチマンとして有名になったなW杯ブラジル戦のゴー

ル!

解説付きでわかりやすいです







<注意点>

アメリカにも同名のバンドがいますからご注意を

私もなんの知識もない10代の頃

とある中古レコードショップで

「おおーこれがあのアウトサイダース!!!」と意気揚揚とレジへ運ん

だが

アメリカ産のアウトサイダースを間違って買いました

皆さんはお間違いのないようにオランダ産ですよ





面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ



2008年02月24日

我が家を襲う インフルエンザ きゃー

roll2.jpgROLL1.jpg

我が家にインフルエンザがやって来た ヤァヤァヤァ!!!


嫁が感染しました 

病院で診断の結果・・・種類はA型

A

頭文字A

AだかBだかCだか知らねぇぜ! 

(知らないのはオレの自由ですね)


そんで

嫁は、タミフル貰って来ました

あれだけ病原菌はロックで殺せと応援したのに!

耳をすませば ロックンロール参照)

 

ううううーん インフルエンザ!

なんか、伝染りそうな気がするぜ!

さっきから、喉が痛いし 咳も少しでる気がする

危ねぇ!

今日から嫁とは壁を隔てて話そう!


だって インフルエンザ去年かかって大変だったんだもの・・・

高熱で頭がパーになるとこだったわ

もう既にパーかも

なんとかロックで殺したけれど

ヤッパリ怖いわ!



しかし

しかしだ!

愛する嫁を見捨てることなど出来ようか

できねぇ オレにはできねぇ!(話はとても素敵な方向へ)

嫁にコレを贈ろう

壁を一枚隔てた、オレの生演奏で


Guitar Wolf - I Love You OK



ヤッパリroll2.jpgで殺せ!

オレが救うぜ!

まっててベイビー!



ロックンロール! こちら↓↓もどうぞ!

「The Mummies 」へ

「THEE HEADCORTS」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓

人気ブログランキングへ









2008年02月06日

我々は永久不滅の ザ・ゴーリーズ

マニアしか知らない音楽と

世間では知られてないのだけれどマニアの間では有名な音楽が存在して面倒です


運命の10カウント後 ザ・ゴーリーズ登場


The Gories "Nitroglycerine"




世間では知られてないのだけれどマニアの間では有名なTHE GORIES(ザ・ゴーリーズ)

ミック・コリンズ(vo,g)

ダン・コロハ(vo,g)

ペグ・オニール(dr)


ギター・ギター・ドラム

男子・男子・女子の配列

g2.jpg


ららら



知らなくてもいいが知ってても損はないので


「ロックは好きだけどねぇ そんなの聴かない」と言った君に無理やり


「聴け」 とゴーリ−ズのアルバムを聴かした


あれは十数年前の夏の日 蝉しぐれ


晩夏


クーラーも扇風機もない(いやまて・・・ 扇風機はあったかもしれん)


台所兼、洗面所兼、風呂場


古本屋で買ったバ×ュラーをペラペラやりながら


「暑いぜ 熱いぜ ベイビー・・・」こうべを垂れ、だらしなく酔っていたあの頃



エンドレス・サマーな友人のお部屋




「そーだ!あれ あれ スゲーいいんだよ」と持ち出した一枚のレコード


「ガレージ界の王様 ゴーリーズつうんよ」と針を落とす


どどんどん いうて衝撃のタイコ


灼熱の大地を揺るがす原始のリズム


乾杯してジャケ真似て踊った

gorie.jpg

1stアルバム「House rockin」89年発表 

1. Feral
2. I Think I've Had It
3. Charm Bag
4. Boogie Chillin'
5. I'll Go
6. Hidden Charms
7. Sovereignty Flight
8. You'll Be Mine
9. You Done Got Wrong
10. Sister Ann
11. Give Me Love
12. Let Me Ear the Choir Sin


デトロイトの奇跡 ”Feral”


今日もまた、オレの頭の中で ”Feral”が鳴ってる




数日後


「ゴーリーズの太鼓が好き!頭から離れない」と君が言った


gories.jpg


ここでゴーリーズの映像を

お姉ちゃんがたまらんことになってるぜ

ガムを噛みながら最高のバチさばき

ミック・コリンズがリズム隊に並々ならぬこだわりがあるのは、のちに結成したダートボムスでツイン・

ドラムを採用していることでも伺いしれるが…

とにかくボス・ミック・コリンズ 中途半端はしない


天然で無農薬





とらうま



2008年01月14日

BLUE CHEER 3ピースの轟音ロックンロール

blue c.jpg

「Vincebus Eruptum」 BLUE CHEER(ブルー・チアー)

1. Summertime Blues
2. Rock Me Baby
3. Doctor Please
4. Out of Focus
5. Parchment Farm
6. Second Time Around



ニルヴァーナ・ボックス DVDの映像で

このアルバムが結構目立つ場所にドカッとあるのが確認できる

3ピースの轟音ロックンロールはカート・コバーンのお気に入りだった

のか



ジャケ見たらすぐわかるだろうけど

thee michelle gun elephant(ミッシェル・ガン・エレファント)の

Chicken Zombies(チキン・ゾンビーズ)

の元ネタもここにありみたいな

cz.jpg




BLUE CHEER

ディッキー・ピーターソン(b、vo)

リー・スティーブンス(g)

ポール・ウェイリー(dr)



誰もやったことのないヘヴィでハードなロックンロールを鳴らしたかっ

た3人組は(その心意気にシビレル)

1968年「サマータイム・ブルース」の変態カバーで世に飛び出した



音聴いたらすぐ、この人たちが普通じゃないのはわかる

じぇったい オカシイ!



長髪を揺らしながら、手数でバキバキに迫ってくるポール・ウェイリ

ーは恐ろしいし

ベース弾きながら、吐き散らかすディッキー・ピーターソンも非常に危

ない

そこへ リー・スティーブンス衝撃のヤクザギターをかき鳴らす



だいたい

デビュー曲にエディ・コクランのサマータイム・ブルースをTHE WHOに

先駆け1968年にやっちゃたのも


素敵だ




オレがそいつをキャッチしたのは30年後


意気揚々とレコード買って帰ったその日さ


音量調整を間違えて針を落としたもんだから、ガラスが割れるかと思っ

たぜ


ババ様は「今のは何事ですか?何て音なの?何かヨカラヌことが起きる

のではありませぬか?」

と怯えていたが


気にせずBLUE CHEERを鳴らした


愉快だ

Blue Cheer ” Summertime Blues”







BLUE CHEERにまいってるのなら、こちらもお薦め↓↓

「ガレージでロックンロールな人々」へ

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ」へ

「チバさんのR&R」へ

2008年01月07日

キング・オブ・ザ・サーフ・ギター!!

ダラダラと長いギターソロが嫌いだ

いつ終わるのかわからない

出口のない

長尺な

ギターソロ

プレイヤーが目を閉じて自己陶酔した姿、しかめっ面なところも嫌いだ





オヤジと2人で

某ロックバンドのライブ映像を観てた時

必殺ダラダラギターソロ(陶酔バージョン)が始まった



オレが

「なんて自己満足の退屈なギターソロだ。犬も喰わんぞ。」

と言ったら

「馬鹿、これがええがじゃ。」とオヤジが言った



THE・親子の決別



そんな夜は爆音でサ−フ・ビーツをスピン!

ポチッッと↓いって下さい



インストロメンタル・ロックンロール!

そのリヴァーブの威力や絶大ぜよ!

エレキ・ギターを前面に押し出したこういうロックンロールは最高な気

分にさせてくれる!

ご登場願おう!

dick.jpg

オレが愛するギター弾きディック・デイル


そうだ


キング・オブ・ザ・サーフ・ギター

ジミ・ヘンドリックスの師匠

左利きのベイゼー(右利きのギターを逆さにして弾いてます)


1弦のゲージは 016!!! 


前代未聞の弦のゴツさだ!針金か!


(一般は009インチか010インチといったところだと思う…俺はこの

話を知って009から010にインチアップしたのだ。、アップ率が僅か

でしょぼいけど)



そんなディック・デイルのセリフがいい


「弾く時に 反り返ってオーバーに顔をしかめて見せているようにみえ

るのは、ショービス気取ってんじゃない、本当に痛いんだ。」



そっちの方が男らしく、潔く、かっこよい



Dick Dale & The Del Tones  "Misirlou" 1963



2007年12月26日

Hasil Adkins 悶絶!一人ガレージ・ロカビリアン!

ha.jpg

「チキン・ミーツ・バージニア・ワイルド・キャット」

1. シー・セッド
2. ホットドックモー食えない
3. ハ・ハ・キャット・ウォーク・ベイビー
4. ロッキン・ロビン
5. チキン・ウォーク
6. 俺は果報者
7. 救いようのない恋のブルース
8. 墓場でデート
9. ターン・マイ・コート・テイルス・ルーズ
10. ホット・ドッグ・ベイビー
11. 愛なんて無いのさ
12. ティーニー・ウィーニー・ワッディ・キス
13. 高校最高機密
14. レット・ミー・カム・イン
15. ザ・ハンチ
16. 自慰バット・アイ・ラブ・ユー
17. メンフィス
18. やるなら今夜しかねー
19. トゥルーリー・ルーリー
20. 首狩り族ンロールショー


いちいちタイトルがたまらんなぁ



ひとまず

出会いがしらに

あのクランプスもカバーした「シー・セッド」いってみましょ

Hasil Adkins 「She Said」



こんなのかまされたら誰だってオカシクなるぜ


ちなみに

ぎゃーぎゃー言って 踊ってんのはオレだ


あれれ?

違う?

踊ってんのはオレじゃないのか?


ちちち

ちきしょう・・・



なぜオレじゃないんだ 


オレも一緒に踊りてぇ!


あッ

あッ! いかん!

興奮しすぎて

今、マジでビールひっくり返した

嫁に怒られるぜ!






Hasil Adkins(ヘイゼル・アドキンス)


パートは(g)(dr)(vo) 一人ロカビリーバンド

つまり、ギターをぎゃんぎゃんやりながら、足でドラムを叩き、嬌声を

あげる

好物はピーナツ・バター

その素敵なロカビリアンは死ぬまで貫いたその特異なスタイル、悶絶ロ

カビリーでガレージ界の伝説になってしまった感がある



向こうでもピーナツ・バター舐めながらロカビリーかましてんだろうな


ワンマンの映像ではないが騒々しくて素敵↓

Hasil Adkins - Hubcap Hunch



愛してるぜ!



手前味噌ですが・・・こちらもどうぞ↓

「ほっとけない R&Rバンド日記」へ

2007年12月24日

衝撃のThe Mummies (ザ・マミーズ)

The Mummies (ザ・マミーズ)

mummies.jpg


僕らの町にThe Mummiesがやってきた

Let's go rock'n'roll !!



うぐぐぐばー

こっ

こいつら

ただのミイラじゃねぇで!


(安い芝居はいらんか)




こりゃぁ 一発ノックだな 




90年代突如として現れた、ロックンロールモンスター

”ザ・マミーズ”は

The Phantom SurfersやThe Count Backwards、The Orange Peels

のメンバーによるイカレタ覆面バンドだった


登場、音、風貌、態度、言動、すべてが衝撃の!



このミイラ姿だけを見れば、冗談だろ?ただの色もんじゃんと思ったか

もしれないが 喰らえばわかる

 


ここでもう一発、衝撃の映像と音をぶちかまそう


とにかくやつらにやらせてくれ!




「Fuck C.D.'s, It's The Mummies」 がデビューアルバムのタイトルだ

タイトル通り以前はCDの発売はもってのほか、アナログでしか聴けなか

ったが、現在はCDでも聴ける



The Mummies (ザ・マミーズ)にまいってるのなら、こちらもお薦め↓↓

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ 」へ

2007年12月16日

「Link Wray (リンク・レイ)」危険なインストロメンタル・ロックンロール

lw.jpg

Link Wray (リンク・レイ)

まずこいつをポチッと再生してから↓↓お話に入って下さいまし



インストで放送禁止とはいかがなもんですか?

1958年発表の全米チャート16位のLink Wray ”Rumble”
今流れる このインストロメンタル・ロックンロールは

最高の理由で放送禁止をくらっちまった!!



”音が危険過ぎるから”



放送禁止の理由がロック過ぎやしないかい?!!!




Link Wray (リンク・レイ)



ジョン・レノンも憧れた男

偶然、空港でLink Wray (リンク・レイ)に遭遇したジョンは興奮した面持ちで

ヨーコに

「あの人がLink Wray (リンク・レイ)だよ!知ってるかい?オレのギターヒーローなんだ!

(なにかで読んだが、こんな感じだった)」

とマイ・ヒーローを紹介したという

おぉ ジョン!

素敵なエピソード



ジョン・レノンだけじゃないぜ!

Link Wray (リンク・レイ)が58年に蒔いた種

(危険なインストロメンタル・ロックンロール)

は確実に芽が出て花になった


この危険な音でキッズにぶちかます


永遠に


世界中

そしてこの日本で



一人勝手に胸が熱くなった!

リンク・レイの子供たちでしめよう!

日本が産んだ最高のロックンロールマシーン

Guitar Wolf(ギター・ウルフ)”Rumble”





リンク・レイの子供たち ↓↓R&R!!!

「チバさんのR&R」へ

2007年12月10日

MC5 デトロイト・ロック!!!

mc52.jpg

MC5!!!

キック・アウト・ザ・ジャムス!!!


マザーファッカーーーーー!!!


ズギャギャーーーギャギャギャンンン!!!!!!!!


デビューアルバム「Kick Out The Jams」の冒頭だ

こいつでいきなり発売禁止、放送禁止をくらっちまった!


しかし

デトロイトは恐ろしい街じゃ

最強に狂暴、最高に野蛮な

2つのロックンロールバンド

MC5(エム・シー・ファイブ)とTHE STOOGES(ザ・ストゥージズ)をこ

の世に産み落としてしまった

まじで、足をむけて眠れんばい




MC5

ロブ・タイナー(vo)
ウェイン・クレイマー(g)
デニス・トンプソン(dr)
フレッド・スミス(g)
マイケル・デイヴィス(b)


1・2・3・4・・5

あっ5人いるな

ちなみにMC5の由来はモーター・シティ・ファイブってのが定説だ


”アメリカ最大の自動車都市デトロイト原産

規格外のエンジンを積んだ化け物”


秩序なき破壊、感情の暴発

オリジナルの3枚のアルバムはどれも大好物だが・・・


Kick Out The Jams (1969年)

Back In The USA (1970年)

High Time (1971年)




これにしとこう

mc5.jpg

1st「Kick Out The Jams」だ

 
ボリュームをあげろ!!




そういえばオレも、学生寮に住んでいた頃 こいつを爆音でぶちかまし

たら隣の奴がガンガン壁蹴ってきたんで さらにボリューム上げたら 


寮長もガンガンもの凄い勢いでノックしてきた


さぁ

針を落とせ!!!

MC5「Kick Out The Jams」1970 LIVE





「ロケンロール!日本の夜明け 偉人達です」へ

「英国いや世界の60年代ビートを愛するあまり」へ

「世界のパンク・ロック、世界のネオ・ロカ 」へ

2007年12月08日

The Flamin' Groovies その2

The Flamin' Groovies 

live.jpggroovies.jpg

シリル・ジョーダン (Cyril Jordan)(vo、g)
ロイ・ロニー (Roy Loney)(vo)
ティム・リンチ (Tim Lynch) (g)
ジョージ・アレキサンダー (George Alexander)(b)
ダニー・ミーム (Danny Mihm)(dr)
クリス・ウィルソン (Chris Wilson)(vo、g)

以上が主なメンバー(メンバーの入れ替わりが多々あるバンドの為、主なメンバーのみです)




前回その1に映像と音がなかったからコレでかます!


The Flamin' Groovies なんか異様にかっこええんです!!!


Flamin' Groovies 「Slow Death 」1972



Flamin' Groovies 「Shake Some Action」1986




ズガガガーン!!!!!!

2007年11月30日

THEE HEADCORTS ぎゃおおおぉ 英国産ガレージ・サウンド!

41HY3KK1C3L__AA240_.jpg

THEE HEADCORTSを知っているかい?

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT のTHEEはTHEE HEADCORTSから拝借した話は有名だ

THEE HEADCORTSのライナーノーツをチバ ユウスケ氏が書いたこともある

とっかかりはこれが一番自然だろう


はい

そんなわけで

うぎゃぎゃぎゃ うぎゃぎゃぎゃ うぎゃぎゃぎゃ

今夜もオレの部屋に リフが鳴り響く

うぎゃー


THEE HEADCORTS  実に愛すべき男達

ガレージ・サウンドを頑固に鳴らし続ける男、ビリー・チャイルディッ

シュ(vo,g)を中心に転がり続けた

が、しかし・・・

11年の活動のすえ、2000年に解散してしまった!




あれれ??

どうすんのよ オレ!!!

ちきしょう!!!!!やっぱり、あん時なにがなんでもライブ行くんだった!!!

オレはどうしようもない愚か者じゃぁああ


1st「HEADCOATS DOWN」邦題は「がっかりしやがれ!」

31892X6TGPL__AA130_.jpg

泣くなオレ! 今夜もTHEE HEADCORTS!!!





2007年11月21日

FLAMIN’GROOVIES

オレのレコード棚のFのスペースに「FLAMIN’GROOVIES」はない
何故ならFLAMIN’GROOVIESはFLAMIN’GROOVIESで独立されているからだ
単に枚数が多いからではない、愛してるから
(愛するがゆえオリジナルアルバムガイドでもしたいところだが何枚出てんのか不明だ。「FLAMIN’GROOVIES’68」「FLAMIN’GROOVIES’70」と持ってるが’69もあるのか?…非常に適当で申し訳ない)

アルバムジャケを1枚撮ってみた
FLAMIN’GROOVIES の「FLAMIN’GROOVIES」

fgs.jpg

ビニールがかかってるから、光ってぼやけとるがシビレル1枚だ
ちなみにこのアルバムのアウトテイクを収録したアルバムもあるがそちらもカッコイイ。ジャケ写はほぼ同じで白ジャケ素敵。

fgs2.jpg

10年以上前お茶の水のレコード屋で買った
初めて買った「FLAMIN’GROOVIES」のレコードだ
店員のおっさんの薦めだった、感謝している。
だからオレも知らない人がいれば是非聴いてもらいたいと思うから強く薦める
どのナンバーもスリリングだが
特にB-1曲目の”TEENAGE HEAD”で死んでくれ!!!

TEENAGE HEADってのはメンバーの造語らしい
コレから名前拝借したTEENAGE HEADってバンドもあるんだ(コレもいい!)

「FLAMIN’GROOVIES」はどのアルバムもジャケ(異様にカッコイイのは何故?)音楽ともにめっちゃカッコイイ。
メンバーの入れ替わりもあるバンドだが気にしなくていいし知らなくてもいい
常にロックンロールしているから
いずれ「SLOW DEATH」ってナンバーに遭遇するだろう
これも抜群!!!!!

「FLAMIN’GROOVIES」覚えておいてほしい



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。