2008年09月26日

夏をあきらめて

70年代後半から80年代初頭の研ナオコさんはコメディアンだった

まぁ かなり個人的な感想であるが

初めて見た、いやどうなんだろう・・・でも記憶の中ではドリフのコントの人だったから

志村けん氏や加藤茶氏と同様にコメディアン(当時そんな言葉は知らなかったが)だと

思っていた


だから 歌を歌う研さんの姿に


”歌も歌うコメディアン ドリフと一緒”と認知した


あのイメージは消せない

kensann.jpg
 
そんな研さんは夏をあきらめてしまったが、オレはもがいてもがいて冷やし中華

常に2人前だから食器は男らしくどんぶりかボールが便利

その1
hiyasi02.jpg

その2
hiyasi1.jpg

しかし夏をあきらめないとは言っても

ここんとこ日が沈むのが目に見えて早くなって、いつもの時間に家に帰るともう辺りは

真っ暗だった しかも肌寒い

「むむむっ」

家の前に立つと少し開いた2階の窓から 壁に飾ってあるレコードが豆球の明かりに

浮かんで見える



もれる明かりがやさしい    通りの奥の神社からひと風吹いた



ああこの感じ・・・   初秋だ



そんな折、友人から登山のお便り届く

来月もライブに登山とまた忙しい そこへいつものキャンプも織り交ぜられるだろう

いつも遊んでいるようだが、正にその通りでいつも遊んでいる


春と夏と秋と冬を楽しもう計画が常に進行しているようだ




シャワーを浴びて ビールを開け、2階の窓辺に座ってみた

30年前から知っているこの家の窓辺

おばが好きで窓辺でよく聴いた歌を口ずさんでみた

思い出は常に歌と共にある







窓を閉めようとしたら 賑やかな声がした


隣のスナックのママがいつもの素敵なだみ声で


「ありがとーう」とひと組の客を見送った






オレがあきらめなかっただけで   夏はもう終わったのだ 




こちらもどうぞ

「旅の手帖」へ

「たのしいにっき」へ

タグ:研ナオコ
posted by yuzamurai at 20:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

無責任一代男

我が家の前を 乗用車が一台やっとってな位の狭く短い通りが走ってる

通りの奥には子供の頃からよく野球なんぞをした神社があって


そこから 今日も蝉の合唱がきこえる

小さい蝉、中ぐらいの蝉、大きな蝉が集団で


あづい あづい あづい


言うてね


オレもあづいぜー言うて 嫁と合唱


ふんぎゃー これから 出勤じゃー

museki.jpg

バブルにうかれる 80年、90年代 日本の片田舎で

植木さんやクレイジーキャッツに憧れた小中学生は

今やサラリーマンとなりました

タイムレコーダー がしゃんと押してきます



素敵すぎる こうありたいもんだ

つーても

今夜も小さい責任、中ぐらいの責任、大きな責任を背負い仕事に励む

のさ


長い夜になりそうだ


君は良い夢を見てくれ グッナイ ベイビー




こちらもどうぞ

「どうしようもなく気になる唄のお話 」へ

「ウルトラマンやヒーローに少年は憧れた」へ
posted by yuzamurai at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

夢は箱バンに乗って

ああ

切ない思い出のような雨が降っている

m.jpg


雨の降る日は本を読みたいということで


今夜は湯をはって 風呂で本を読むことにした

長湯は苦手だがコレだといける

なんだか好きな時間だ

湯の船で読む


「オイラ船長!」


「おもかじいっぱーい」


ああ アホだ


オレ アホで本当に良かった



「おとーさん おかーさん」



外は相変わらずの雨




しかし 普段何気なく聴く雨の音も


よく聴くと色んな音を出してんな


ぼちゃ ぼちゃ 



ばちばち



ぴちゃぴちゃ



面倒なんで 他 多数




少し関心して


窓を開けると 電灯に雨が煙ってステキ


また 本に目を落とす



「にっぽん・海風魚旅2」


気分にぴったり


この梅雨が明けて本格的な夏が来れば箱バン貧乏旅に出るんだ(予定)

kuruma1.jpg

どこに行くかわからないが良いところがあれば住みついてもいいかもし

れん


んー無理かな いや無理ではない 


しかしそんな生活はいかがだろう


実際 職場にそんな同僚がいて オレは非常に嫉妬する


山形の生まれの妙な男


一人南下してきて今は高知ってわけだ 


しっかりと釣り竿持って…


頭の中は趣味の釣りと酒


てんてんとしている



彼は口癖なんだろう

やたら

「いいですねー いいですねー」を連発するが


「いや 一番いいのは 君かもしれん 幸せな男だ」と言い返す


「そーですかねー うーん 確かに楽しいですけどね 今度は屋久島に

住みます」

そうやって

また

「いいですねー いいですねー」を連発しながら


日本をてんてんとして行くのだ


素晴らしい




でもそれじゃー

「その土地に慣れた頃には いつも さいならではないか」と言えば


「寂しくないかと言われれば 寂しくなくはない・・・」と言う



しかし 


そのさいならには続きがきちんとあって


また 新しい人と出会えるとさ



そりゃーそーだー



奴はいつも金が無い オレもない


何か 似てる気がしないでもない


奴はもうそろそろ次の土地へ出掛けるころだろう


さいならする時はいってくれ


一杯奢ろう 


でも またどこかで会うかもしれんよ





posted by yuzamurai at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

思いの伝え方

ずいぶん ずいぶん 前のこと



オレもずいぶん ずいぶんと小さかった頃


nisi.jpg


両親に


「西田敏行がカッコイイ あんなになりたい」と言ったら


「お前 変わってるな」と両親が言った






もしもピアノが弾けたなら



思いの全てを歌にして 君に伝えることだろう



と歌った西田さんはとても素敵だった



その思いは伝えられず残ってしまうのだけれど



雨が降る日は〜 のくだりも素晴らしい






オイラもピアノを持っていない



posted by yuzamurai at 18:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

チェッコリッサか フィンガー5か

チェッコリッサ



今観ても衝撃

小島よしお氏の先をゆく太郎さん 正に怪物

しかも当時高校生だし (そしてダブった太郎さん)

すげーざんす



・・・



さー 音楽の話に移ろう

kojinn.jpg

まず このジャケ

水島先生とフィンガー5と個人授業が好きなオレは

んー と唸るわけです




フィンガー5はカッコイイ


fin.jpg

しかーし

「フィンガー5いいですねー」などと言うと

「あなたいつの方ですか?」と言われる

好きにいつもくそもあるかー 今の方じゃー


以前もレコード屋で

ニール・ヤングとフィンガー5を同時に買ったら

「変わった組み合わせですな」と言われた

ニール・ヤングもフィンガー5も好きなんじゃー ほっとけ



ハローダーリン タンキはソンキ



フィンガー5 「恋のダイヤル6700」




かれらは沖縄出身の5人兄弟

そして


何を隠そうオレも5人兄弟


高知出身の5人兄弟


きゃー カミングアウト! おとーさん おかーさん!


でも借金が原因でみんなバラバラになってしまったわ


元気かしら? 


なんつてー

フィンガー5にはなれなかったオレ達 

音楽の才能が欠如していたのだ


無念


晃みたいなイカシタ ドデカ サングラスで歌いたかったのに…

(オレ長男だけど)


そんな末っ子もギター弾き


フィンガー5 「恋のダイヤル6700」




あきらー たろー




チェッコリッサか フィンガー5かってお話






面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 00:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

しゃんぜりぜ&ろくでなし


roku.jpg

ずっがーん

がっしゃーん

「今帰ったぞなもしー」

「奥様ー ご主人のお帰りざまーす」



ふー

遠路はるばる 香川県へいってきた

マジ 遠いわ  移動時間拷問だわ



オレ お疲れなのに帰ったら嫁さんが

お金を返せと言うんだな

なんのことだいベイビー


すると嫁さん 

万が一何かあった場合に1万をオレに渡したと言いなさる


ぼく 知らんぞなもし



競艇は行ったらお休みだったしね


仕方なく行ったパチンコはかっちりと負けたけどね


あー

それだー

そうだー

ぼくだったー


出張費がはじけ飛んだ おーしゃんぜりぜ





オレは

香川の空に舞い上がり ゴールデンタワーを一回り

いや

ゴールデンじゃねーわ

ゴールドだ


ゴールドタワーね




お金無いのに夜はホテルの最上階の洒落たバーでカクテル飲んだ


ゴールドタワーのイルミネーションにうっとりしながらね



ああ



みんな ろくでなし歌ってよ


あんたも 越路吹雪さん お好きでしょ 


一緒に歌ってくださるかしら



ろくでなし













タグ:越路吹雪
posted by yuzamurai at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

嫁さん白のステテコ買って帰ってくれ

ステテコ  ステテコ

いい響きだ

2回以上続けて声にすると呪文みたい 


もしかして 恋の呪文かしら? 



そんなステテコが

アマゾンでも買える



商品名が

「 Steteco / Basic 」

で、英語表記なのがいささか気がかりだがね


よし

核心に迫ろう 商品説明を詳しく
ステテコ.jpg
まずディテールの説明・・・

MADE IN JAPAN

(これまた英語表記なのが気になるがこいつは外人さん向けなのだろ

う 世界のステテコ?!)

ボタンはオリジナル


すっきりとしたシルエット


ほそ目ですっきりってのが江戸の時代から粋だったらしいね


そしてスタイリング・アドバイス・・・


一番下


ちょっと近所まで 5つ星中、1つにも及ばぬ 半星


つまり 外出は  ちょっとでも・・・ 星半分


なんてこった! 



憧れのステテコ



オレは中学の頃に植木等さんのファンになった

ステテコと言えば植木さんとめっちゃ大好きな寅さん

torasan.jpg

またBSで「男はつらいよ」の特集やってくれないかな

見逃したのがあるんだ!


ん?


待てよ バカボンのパパも捨てがたい


着こなしと貫録は流石!白のステテコに腹巻きの王道!


バカボンのパパ




今はギャグでも履く人を見なくなったが

30年〜40年前はコイツが日本中に溢れていたのだ

そいつがいつの間にか

ヤング達の”ステテコ ダサイ” とかいう一言で

現在は絶滅の危機に瀕しているってわけ

おめーらの方がダサイんじゃー ぼけー

言うて

声高々に叫びたいが

オレもそこまで愛用してはいないしなー


でもオレは2種持ってる


黒と紺・・・ 


白がない 邪道だ ああ オレもヤングのはしくれだった


ぬるいぜ!


それにちょっと近所までくらいしか出歩いていない

角のタバコ屋までの旅



ステテコったらまず白から 



バカボンのパパはよく青いのを履いてるけど

先の元祖OPでは白だった


まず白


白があっての他色だと思うわけであります



嫁さんこのブログ読んだら白のステテコ買って帰ってくれ





今度

”ステテコ”ってバンド名で昭和歌謡をかましたいんだよ

グレッチでね

きっとカッコイイよ  君もイチコロさ

絶対ね

ステテコ着てさ 腹巻してね 渋く決めるぜ!

ヤングをぎゃふんと言わせるよ 


ステテコと昭和歌謡を愛する メンバー求む


憧れの植木さん 完璧!



忘れちゃいけない 我らがヒーロー ステテコ カトちゃん 

植木さんと共演!たまらんです!













面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

ひつこく キャンディーズのお話

うおおおおおおおおおおおおおおお

cand.jpg

ご ご ごーるでん べすと!


ジャケがやば過ぎる!たまらん!


レジ5回素通りしそう


中学生のオレじゃなくて良かった




そんな徹夜明けの30のオッサンは

色々なキャンディーズの映像観て朝から唸る!

何気にコーラスワークも渋いし、猛烈カワイイぜ!

コンサート会場のやつなんか

ランちゃーんとか叫んでる奴いるけど


あれオレか?


叫ぼう! 

そして お母さんに謝ろう こんな僕でごめんなさいと



でね気づきました



そのランちゃーんと叫ぶ声が良く聴くと(良く聴かなくても)時折ハモ

ってることに!!

確実に集団!  ハウ メニィ イズ イット

応援団?


きっとハッピに鉢巻きの団長がバリバリに仕切るんだろー

そして

タイミングがズレたらしばかれるんだろーな

結構 過酷な世界だ


オレは

スーちゃーんの時も

ミキちゃーんの時も

断固ランちゃーん叫んで袋叩き

うーむ

ある意味この時代に生まれなくて正解だったかもしれん

オレが危険すぎる!

キャンディーズに狂って明星毎月買ってたかもしれんし、その切り抜き

を下敷きにはさんでたかもしれないんだぜ

そして

スーちゃんファンとミキちゃんファンとはいつも いがみ合うのさ

休み時間にね




で この映像だ

「皆さんに謝らなくてはならないことが…あります…」

謝らないでくれよ ベイビー オレ号泣必至じゃん!!!

笛をリズミカルに吹いてる人(観客:きっと応援団)が猛烈に気になる

のはオレだけ?

キャンディーズ 解散宣言



再結成望む



ヤッパリ

「年下の男の子」が抜群にいい!





面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

ランとスーとミキ

ランとスーとミキ

うーん三人の名前もいい

でも誰がランで誰がスーか顔が一致しないけど

その程度で貴様はキャンディーズを語る無かれと怒られそう!

確かにその通り


こりゃイカン!

ポチンと調べてみたら

1978年4月4日にはファイナルカーニバルと銘打ち5万5千人を前に後

楽園球場で解散コンサートだそうな

オレはまだ1歳にも届かないぜ

でも映像は見たことある 懐かしの何とかってテレビ番組で何度も

気になるぜ キャンディーズ!


正直いうと ピンクレディはあまり気にならない

ピンクレディも世代じゃないなぁ


何故か

キャンディーズはすごく気になるんだ



ちなみにグループ名の由来は

”食べてしまいたいほどかわいい女の子たち”だからキャンディーズ

だそうな


猛烈アタック!!!



例えばこれ

初めてベスト10に入った記念すべきナンバーだそう

キャンディーズ 「年下の男の子」



三人の並んだ姿がいいよね なんつっても楽曲・メロディがいい

他のナンバーもスゲーいい!

今はこんなガールズ・グループいねぇで

ちなみに真ん中の子がオレのタイプです

ランなのかな?

ちくしょー ヤッパリ わかりません
 
勉強してきます!



面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ


posted by yuzamurai at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

ジュリーにクラクラするズラ!!!

JU3.jpg

おまちかね

続編 ジュリーです 

誰も待ってくれてなくてもやります

ジュリースイッチが入りました

きゃー


うーむ しかし いい男だ きらきらしとる  そっちのケはないが参

るね

クラクラするズラ!!! 

さぁ

樹木さんのジュリー



展開めまぐるしく

樹木さんから裕也さんへ 

チャック・ベリーに蹴りをいれた男 内田裕也

裕也さんもエピソードにことかかん人だけれどジュリーも負けちゃいな



「イモジュリー」事件とか

新幹線の車内で一般客に「イモジュリー」と呼ばれたことに立腹し、

蹴り&金玉を握ったというやつ

ずっとオレは逆だと思っていた

一般客がジュリーの金玉を握ったのかと ”モテ過ぎ”が故の嫉妬一握

りみたいな


どっちにしても結局は嫉妬からくるものかな きっと当時は全ての日本

男児が嫉妬したんじゃないか

やはりジュリーの時代だったと思うんだ





ではこれを!映画のワン・シーン↓

やくざ役のジュリーの一言 & 裕也さん吹っ飛ぶ

おさわがせ じゃなく おさがわせ 

「おさがわせしちゃったね」

http://www.youtube.com/watch?v=IeoAYeB6n74





そんなジュリーと裕也さん

かなりイカシタステージになってます

映像の途中で挿入される二人のスナップ写真も素敵です

裕也さんとジュリー

http://www.youtube.com/watch?v=aFumuJ6dibA

きゃー





ジュリーにズキュンなら この↓↓R&Rもかなりお薦め!!!

「 村八分 」へ

「 外道 」へ

「早川義夫とジャックス」へ

「The Rolling Stones」へ

面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 03:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

ジュリーとラジオとネオ・ロカビリ−

ああ ジュリー

ju.jpg



伯母がジュリーのファンだった



家で縫製業を営んでいた伯母


ラジオからはジュリー


ジュリーが流れるラジオ


大人の音楽

お酒が飲める人の音楽


ミシンを踏む伯母の後ろ姿 と ジュリー



疲れたよ 肩がこるよ と言って ソファーで一休み


そしたら また、ラジオからジュリーが流れた





テレビで観るジュリーはなんだかとても艶っぽかった

男の人なのに、そこには女の人にしか醸し出せない何かがあったように

思う



ジュリー流れたら素敵だね 



ジュリーのネオ・ロカビリー 




伯母は今も縫製の仕事をしている

先日伯母の家を訪ねた 

家も新築されてて当時の面影はない

ただ  

作業机を覗いたらやっぱりラジオがあった


ねえ ジュリー





よろしければこちらもどうぞ

「ロケンロール!日本の夜明け 偉人達です」へ
posted by yuzamurai at 22:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

襟裳岬の森進一

yukemuri.jpg

ああ

胸がいっぱいになる・・・

森進一氏の襟裳岬はいいよ

そう

あの

岡本おさみ作詞・吉田拓郎作曲の襟裳岬





一度だけ北海道に行ったことがあるが

あの時、襟裳岬 は候補から外した

行くんだったかな







イースタンユースの吉野氏が2番と3番の歌詞がすごくいいと言ってい

たらしい

友人が情報をくれた


オレも同感だ

というか1番もいい



岡本おさみ氏と吉田拓郎氏

このコンビで作った名曲は数多い



だけれど

以前は吉田拓郎氏は自分で詩を書けばいいのにと思ったことがあった

詩も自作した歌で素晴らしいのが沢山あるから

数少ない自作の詩に不満だった

だけどもこんな詩を書いてもらえたら…




一度も行ったことのない襟裳岬の情景が浮かぶようだ




これは


ロックンロールではないが


日本の歌にはこんな詩があり


こんな歌い手がいるのだ



森進一氏の歌声と詩に グッとくる



森進一 ”襟裳岬”



ちきしょー2番がねえ!



面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
posted by yuzamurai at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

大晦日にスーダラ節

今日は爽やかな大晦日です ポチッと再生して下さい↓ 店主



朝起きたら大事な右手が痛い


夕べは飲みすぎました


記憶も曖昧です



”ちょいと一杯のつもりで飲んで

いつの間にやらはしご酒”




リアル「スーダラ節」



この演奏はクレイジーキャッツ(思えば、バンド名がネオ・ロカバンド

のようだ)ではなくSAKE ROCK

sakerock.jpg

植木 等氏が歌う、軽快なオリジナルも当然素晴らしいですが、

このだる〜なカバーも絶品


・・・





そういえば先ほど


「ごきげんよー 皆の衆!」と

勢い良く玄関の扉を開けると

そこに自転車が一台壊れてました

事件でしょうか?



大変

わたし飲んだ帰りに自転車で転んだのね

だから、右手が痛いのね

困ったわ

お父様

お父様ー



てなわけで左手一本でブログ更新



今年一年「鼻からちょうちん」がとてもお世話になりました

また来年も「鼻からちょうちん」をよろしくお願い致します 店主




「スーダラ節」はこれで↓聴けます



面白かったらポチッとお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
タグ:スーダラ節
posted by yuzamurai at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌謡曲な世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。