2014年07月14日

パソコンについて

「この数ヶ月、我が家のノートパソコンが変だ」

はし4.jpg
(ご飯を食べてもパソコンの事が気になるわっち)


画面はせわしく点滅し、

しばらくしたら左半分が消灯する



「・・・」



はし.jpg


「鯵!」



posted by yuzamurai at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

さくら

札幌ぶおーん


くもり空とさくらと戦闘機

さくら.jpeg


戦闘機を買うお金はないけれど もし持ってたら


ぼくは大きな庭のある、大きな家を買いたい
posted by yuzamurai at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

thee wakasagi

「これはダメだ。ワカサギ釣りはダメです」


道産子がそう言うのだから、

本当にダメなんだろう



雪(猛吹雪)がすごくて


今日予定してたワカサギ釣りは中止になってしまった


雪だ.bmp



「釣りはダメだ。中止して飲もう。ススキノは大丈夫だから」



彼(道産子)はそう言った
posted by yuzamurai at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

大寒波

ダイヤモンドダストゆうたら

昔は聖闘士星矢の世界でしか知らんかったけど

ダイヤモンドダスト.jpg


今じゃ

朝から現実のダイヤモンドダストしよる



「ざま、さむい」



いや、



「なまら、さむい」


言葉には

その土地によくひびく言葉があるから



この場合は


なまらがよく合ってると思う
posted by yuzamurai at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

水曜どうでしょうの公園

水曜どうでしょうの新作

散髪のくだり面白かった

散髪.gif



あ、そうそう


水曜どうでしょうのあの公園が我が家の近くで


北海道に来た友人、家族に


「ここがあのオープニングとエンディングの公園ですよ」と教えるんだけど


「へー、そうか」とゆうだけ


たまにパシャと一枚写真撮ったりして


「次いきましょか」となる


いつも反応がよわい


なぜだ...


こうえん.jpg



誰かひどく感動してくれる人が現れるまで、粘り強くいこう!


とゆう

どうでもよい決意表明で1月3日の夜が明ける
posted by yuzamurai at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

11月某日

生活というものは、少しでも楽しい方がいい

雪がふったら

近所の子どもにまじって

わーわーいうて


...



でも

きっと、おまわりさんが来る







HUGE(ヒュージ)買った


写真 4.JPG


おいさんは


車にピカピカのタイヤを履かせて


雪の街をゆく


それはそれ


これはこれ




写真 5.JPG



夢は

ロッキングチェアに揺られてる




ただ、お金がない


ラベル:HUGE
posted by yuzamurai at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

友達のもてなしかた

君ははやく元気になって


まつりたろう風に

仲良くだね


写真 3.JPG


そう

はるばる東京から

友人のランナウェイが仕事で札幌へやってきました


はじめての北海道だそうです


今夜は家へ遊びにくるので...


thee もてなし


わし、料理します



きっと、びっくらこくでしょうなー




「いらっしゃいでがす」

ラベル:まつりたろう
posted by yuzamurai at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

ドレミ

目覚めて夕刻 家を出た


あてなく歩いて10分、15分



どこかの田舎へ迷い込んだみたいです

さっぽろ.JPG



すこし すこし



さっぽろ2.JPG


人口200万の都市にこんな場所があることが不思議




「ほら」



さっぽろ1.JPG



ひまわり



さっぽろ3.JPG



夏のひまわり



さっぽろ4.JPG



ひとり  


posted by yuzamurai at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

花火の前に

今日は北海道の美しい花火大会


「花火あがるかしらん」


微妙な天気


びみょう.JPG


田舎のじいさん、ばあさんにも見せてあげたい



風びゅーびゅー



「あー 風だらけ。ロケン」


posted by yuzamurai at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

うめやさくらや

わたしは北海道へ住みついたのです

4回目の春





うめが咲いた

うめやさくら.JPG






さくらが咲いた

うめやさくら1.JPG


空に小さく三日月





みんなの春


突然の春





「春が二階から落ちてきたぞー」





...





「あ 君じゃないか」



顔見知りの猫が出てきた


春を待ってたのだな



再会なり


ほんま、感無量なのですけど...


はい

posted by yuzamurai at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

咲きかけの桜

薄暗い空に咲きかけの桜

さくら咲きかけ.JPG

ロシアでとれた安いタラバガニを食べて

窓の外を見てた




北海道へ来る前

移住後はふつうにカニが食卓に並ぶもんだと思ったが

ぜんぜんそうではない




遠くのくもり空

わかりづらい日暮れの様子


少し眠い
posted by yuzamurai at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

花見はまだか

ストーブは今日もぼぼー と音をたてる


オレはぼけらーと外を眺める



「あ、あれ? そういえばこの木...」



我が部屋の窓から見えるその木はさくらだ


さくらまだ.JPG


開花するのは週末、凝視するとつぼみが見えます



忘れそうだった





メール受信



“週末の場所取りはまじ戦争です”



場所取り係(同僚)からお便り届いたから



“便所の隣はいやだ”とやさしくお返事した




posted by yuzamurai at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

猫と退屈

「あなたは40パーセント」


「なにが?」

「みんな退屈。あなたもありのままじゃないわ」

「100パーセントさらけ出したら、ありのまま?」

「そう。あなたはその40パーセント」

「ありのままの男なんているか?」

「いないわ」

「君はどう?」

「いいえ」


「じゃあ、君もなにかを隠している」


またねこ.gif


ひとり妄想昼劇おしまい



「ふわー、

100パーセントで散歩にでもいこうかしらん」


ラベル:猫村さん
posted by yuzamurai at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

今日のわっち(4月5日のバラッド)

原因はわからんがブログをパソコンから更新できんようになってもうた


「仕方ない」


スマートフォンでピコピコ


...

よし、

ブログのネタになることせにゃーならん


とりあえず、エプロンをビシーッとしめてやね

猫村さん.gif


珈琲いれましょか?


...


「うーん。

都合良く、誰か遊びに来てはくれんやろか」




例えば、大家とか


「家賃もらいまっせー」


「大家さん、いーこと教えるから。すごい話を聞いてもうたんですよ」


「家賃」


「まーまーお金のことばかり言わんと、

ゆっくりしていきなはれ。珈琲飲みなはれ」


「わしゃ急いでんだよ」


「はい... 家賃ね。

いやいや、あのね ここだけの話、猫は時速50キロで走れる...」


ばだむ(ドアが閉まる)




例えば、間違い訪問者


「猫村さんのおたくですか?」


「違うけど、ちょっとゆっくりしていきなはれ」


「猫ってね、実は50キロで走る...」



ばだむ


がしゃん(珈琲がひっくり返る)




みんな忙しい 4月




わっちはひとり春を歌うよ





ラベル:猫村さん
posted by yuzamurai at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

ほうき星がみえる夜

尾が伸びた姿から日本語では箒星(ほうきぼし)とも呼ばれる

彗星01.jpg

・天体写真が似るため流星と混同されがちであるが、天体観望における見かけの

 移動速度は大きく異なる。

・肉眼による彗星の見かけ移動は日周運動にほぼ等しいため、

 流星と違い尾を引いたまま天空に留まって見える。(wikiより) 勉強になるなー




「そんで今、北海道の空にほうき星がみえますよ」




<パンスターズ彗星>

明るさは0等から-4等級という大彗星で、地平線からの高度はやや低め、
放物線軌道のため見られるのは今回が最初で最後になるそうです


彗星.jpg
2013年3月14日18時のパンスターズ彗星 札幌市青少年科学館屋上から
(写真お借りしました)


日が沈んだ直後の西の空、地平線に向かって落ちていくような感じで、尾を引いた彗星が見られる

今後、徐々に彗星は暗くなるけれど、天体望遠鏡があれば5月頃までは観察できるようです




あー

あー そだ



“なぜ人は星空を美しいと感じるのか?”




人間は美しいものを見ないと鬱になってしまう


美しいものを見ないと、脳のある一部がどうとか、こうとか…

脳科学者の茂木健一郎さんが言ってたから



すさんだ大人のこころにはこれだな


大人の科学.jpg

大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )



「プラネタリウム買うのだ」と嫁に言ったら、

ぜんぜん必要ないと言われた



「2,200円だぞ?」



プラネタリウム.jpg



こんなになるのにな



仕方がないから


トイレにひきこもってプラネタリウム

トイレでプラネタリウム.jpg


これはこれで鬱にならないか?




やー 気にしない

ウイスキーもちこんで



「乾杯」





 

でも今日はほうき星がみえる  外へ出よう





吹雪いてきました




posted by yuzamurai at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

たとえば、また、ねこ

犬とキャンプしてる人は良くみかけるが、

ねことキャンプしてる人はみたことないな


その先駆けになろうかしら



そうそう

ある日、ねこがいた

名はラッキー、日本でいう幸運


とてもいいやつだったから


ねこのこと1.JPG


連れ去ろうかと思ったさ


ねこのこと.JPG


あやうく ねこさらい


でもさ

あーして こーして

よーし、よしよし したいぜ

ねことディラン.jpg
(ディランもねこ)



たとえば、ねことキャンプをします

「もう、オレ達はさびしくないぞー 

さー ラッキーもはしゃごうぜ」と野に放ちます

… まてよ

そのまま逃げ出すかもしれんな 

「あー 幸せが逃げていくー」みたいな


かなしくなってきた



いけん



「さ、飲もう」
posted by yuzamurai at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

たとえば、ねこ

「ねこ飼いたい」


いっしょにおどれるねこ

タマ.jpg


「ねこー」



たとえば、ギターでねこのことうたいました

「ねこー ねこー 

ぼくのねこー たいせつなねこー」



たとえば、ねこに本を読んできかせました

「ねこは、白いねこの となりで、しずかに うごかなくなりました。

ねこは もう、けっして 生きかえりませんでした」


かなしくなってきた




だーれも、相手にしてくれん




「さ、寝よ」

posted by yuzamurai at 16:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

のび太先生の帝国

雪がしんしんとふりつもる冬、部屋中のあらゆる家具や物が凍える冬


そんな中、

自らが長い長い時間をかけて築き上げた暖かい布団帝国は、

現時点(帝国在住)で考えうる最高の場所

のび太先生.jpg


のび太先生もそう言っておられますし…


わっちは帝国外と帝国内の状況を天秤にかけ、

出るべきか、とどまるべきかを考えている間にまた眠りについてしまう良(悪?)循環で

眠り続けた



いろいろな夢を見たけど、全部中途半端でどれも完結せず

夢ですら自分の思い通りにはならないのだと痛感し、また次の夢の中へ



・・・



スリープハイ(そんな言葉は無い)な状態で正午前にやっと起床



「ハロー、エブリボデー」



して、歌もかろやか


“夢の外へつれてって

ただ、笑う顔を見させて”



さぁ ばっつり働こう








ラベル:のび太くん
posted by yuzamurai at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

ICE SKATINGどす

はじめてのアイススケート

スケート2.JPG


「なんか、変な感じ」


はじめてのスケート靴 2時間300円で借りました


「さみー」


たくさん着こんで、ニット帽に手袋で、いざ

スケート.JPG


ここは円山のスケート場 大人ひとり130円と破格


スケート1.JPG

我流ではありますが、すべれます


らららー スケートって簡単と

調子こいてすっとばす


そしたら・・・



うーん

もうちょいやったら、かっこよくすべれそうなのだけどな



氷の上で大の字


それで 、

1月の澄んだ空と

嫁が氷の上をよちよち歩いてるのが見えた

posted by yuzamurai at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

ブルース

大事なことは 忘れたりしないように

どこかでひろった 紙きれに書いておこう



それでも君と


すれ違っているうちに  

忘れて しまった 途切れ途切れになる



「ざま さむい」



今朝がた、札幌は−15℃くらいまで気温が下がったみたいで、

とてもさむい

あさのコーヒー.JPG
(パティスミスが来ます)


ひとり コーヒーを飲んでたら



ゴミだしを思い出した



フリースの寝間着の上に、またフリースをはおり、

ゴミを手に ばたばたと家をでる


真冬の往来、太陽に照らされるぼくは

白い息を吐きながら

瓶、缶、ペットボトルの順にぶん投げた…


日本酒の瓶に

ビールの空き缶に

焼酎とワインのペットボトル



全部、アルコールやん




それで、空を見上げた




今日までの日々は永遠じゃなくて


そう 一瞬だった



今日は歌も凍える
posted by yuzamurai at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

umbrella

「ミイ、かわいいのぅ」

とおじさんが雑貨屋で立ちすくむのもおかしい


プレゼントはもらうぶんにはいいが、選ぶのはたいへんだ

姪っ子がもうすぐ誕生日 


そう、

わたしは姪っ子のよき理解者であるし、

姪っ子もわたしのよき理解者である(よな気がする)


「ミイ…」


傘.jpg


もしも明日晴れたら 迎えに行くから

何もなくていいから 待っていて


もしも予報通りに 雨が降る時は

大きな傘ひとつ持ってくよ




「雨、ようけ降るね。毎日毎日感心するわー」




カーテンを新しい物に取り換える作業で覗くさびしい情景

それでこころなしか、鼻歌も弱ってきた



秋と春の間には雪が降るように

凍えそうになったら泣けばいい

 


「ねぇ プレゼント、どうすんの?」




お出かけに 大きな あんぶれら 
posted by yuzamurai at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

百獣の王を目指す男 武井壮氏

北海道住むぼくらはくまについて話す


「最近やたら出てんな」

「この前、家の近所で車に突っ込んだ、くまが」

「西岡公園も出た」

「じゃあ、今ここにくま出たらどうすんの?」


男7人キャンプの夜だ


「昔、音威子府の山の中でくまの親子に会ったさ…」

「よく背を向けて逃げたらダメっていうけど、逃げるべ?」

「逃げる」

「どうなった?」

「追ってこなかった」

「なんまらこえーよ」

「見た感じやばい?」

「やばい」

「襲われたら勝てる?」

「まず素手じゃ無理だわ」


なみだ.jpg





「あー 百獣の王にないたい」誰かがそう言った





百獣の王を目指す男 武井壮

posted by yuzamurai at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

白魚を食べたり、映ったり

大空町でテレビに映ったよに思う

大空町の白魚祭りです

白魚.jpg

インタビューされないので、される人の後ろで白魚を食ってるっていう…


「おとーさん おかーさん NHKですよ」


白魚1.jpg


笑顔でおさまりました
posted by yuzamurai at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

桜は散った

家の窓から桜が見えるのを知らなかった

120506_0943~01.jpg


やった 花見ができると思ってたら


雨がふったり 風がふいたりして


はかなく 散った
posted by yuzamurai at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

あぁ、旅の空だよ。

“ほら、見な

あんな雲になりてえんだよ”




「くもり空」




“結構毛だらけ、猫灰だらけ

尻のまわりはくそだらけってね”

120411_0804~01.jpg




休みの日早起きして、通りを歩いてる






“お前もいずれ、

恋をするんだなぁ

あぁ、可哀想に”







SUNTORY オランジーナCM「ムッシュ篇」 リチャード・ギア






今日は大事な日。

と、あたまん中で考えてみたが、

大事でもたいせつでもない日など きっとどこにもないのでしょう




きれいごとではない 旅の空




寅さんの気分で、ふらふら


posted by yuzamurai at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

青い空と寅さん

なんだかやっと冬をこえたような 


お天気


そら.jpg
(携帯で撮った、なんでもない空の写真)


だらしのない寝間着姿でがらがらと窓をあけてベランダへ出た



「あたたかいなぁ」



昼ごろには気温も二桁にとどきそう



「あ、こっち、こっち」 通りを歩くおばさんが飼い犬に話しかける



平和な午前、部屋からもれ聴こえてくる音楽



「ムッシュはつらいよ」




これがテレビで流れると

あー、寅さん観たいなぁと思うし、


「ここは にほんです。わっちは にほん人です」


という感情がこころの奥の方からにじみでてくるから、

胸がやさしくじーんとする



ところでこのCM、
リチャード・ギアが寅さんなのはわかるとして、
笑っている子供は源公(蛾次郎さん)のイメージなのかな

がじろうさん.png
↑蛾次郎さん




小学生の頃

母に「寅さん面白い、また観たい」と言ったら

「あんた、ほんま おじいちゃんとみたい」と




そうだ 今度、

おじいちゃん、おばあちゃんみたいに、お茶でもすすりながら寅さん観ませんか?





ああ


いいことありそう



そんな春を感じる すーっとした青い空

posted by yuzamurai at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

3月、かにのバラッド

「かに食べたい」



みんながそう言うからやね、

「おじさんについてこーい」言うてやね

札幌の中央卸売市場へ行ったこともあったね

120324_1052~01.jpg


「ほんとに高い」 みんなそう言うね 


姪っ子もお金の計算と世渡りがうまくなったのか


「こづかいじゃ買えん。でも、北海道の かに食べたい…」

なんて言うておじさんの方を見るが




おじさんはけっして目をあわさないね





「かに高い」
posted by yuzamurai at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

また、寒い日のエピソード

「いいかい 君

30分の1話の中で

先の見えない苦しみは15分あたりにくるんだよ」



「ふーん じゃあ、いまはどこ?」



120322_1554~01.jpg

春を迎え、暖かくなりそうだった3月のおわり、

テレビ塔から見た景色

ビル、道路、車、人、道路に黒く汚れた雪山 

それは高く遠くから見るとただの小さい白黒のてんてん


「これがきれいかどうかは別として、札幌に住んで2年半… はじめて見た景色」


「楽しい時間、あっという間だろ?」




このエピソードは第1話




今日は雪、4月になったのに 冬は続いてる


「苦しくても悲しくても、どんな話でも大丈夫、15分もすれば


もうすぐ 次のエピソード」

posted by yuzamurai at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

落花生片手の夜、その更け方

らっかせい.jpg


卸売市場で買った落花生をぽりぽりやりながら


安い焼酎を飲んでる



それから


やめたはずのタバコに火をつけた



「煙が蒼い」



ここでこうやってぼんやりしていると


むこうで、夜が更けていくのがわかる






先日、


“君もきっと気が合うであろう話せる友人がブログを始めたのでのぞいてみて”

とミッドナイツのランナウェイから連絡あった





ただ


そのブログ名がわからないので


わたしにはどうすることもできない


posted by yuzamurai at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

あたらしい家のバラッド

ひっこしをかんがえている


いや 違った


もうひっこすことを、 決めたんだった




しかし、

あたらしい家は 

今の家のように真夜中にギター弾いても

歌っても大丈夫だろうか




そんなちいさな悩みを抱えて

街のちいさな雪山にのぼった




「あたらしい家はどこだろう?」




モエレ1.jpg


見た目は平和な小山なのだが、登ってみるとたいへんだった


この小山はあたりに何もないせいか、ものすごい風が吹き抜けるからだ



一緒に登って来た知らないスキーヤーもバタバタとウェアをなびかせ、つらそうだ




「あ、あのー も、ものすごい風ですね」




強い風は声をかき消した






ひとりあるく


モエレ.jpg



みんな

いま、なにやってんのさ







オレ、あたらしい家にひっこすんだよ









こんどさ 





ばかなうた、歌いながら 



一緒にゆれようぜ




ラベル:モエレ沼公園
posted by yuzamurai at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

茶の味

寒いなら読書をしよう と思った

頭の中も、部屋の中もぼーっと明るい午前様




1月4日の気温はさすがにマイナスだが、

外は予想外の燦々太陽




文字にしたら… それは ぎんぎんぎらぎらだった




だから


書を捨て、街を出て、山へ 


山よ.jpg



そしたら、

山も太陽に負けじとぎらぎらしていたのだ




「雪の照り返しがすさまじい。


うむ、山は生きている…」




かの名曲「山よ」が頭の中に響き渡った


これは… 茶の味を観んといけんな と思った



「茶の味」予告編


(名シーン「山よ」もちらり)


ラベル:茶の味
posted by yuzamurai at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

雪の上に凛と立つ塔

スノーシューでざくざく



「これは、すごい!!!!!!!! 


雪さえ積もっていればどこへでもいけるのか!!!!!!」



そんで


途中、調子こいて


「ぐわわあああああぁっぁあ」言うて、急斜面を滑落したりする











「ああ、見てくれベイビー


向こうに塔だ」


とう.jpg




thee ひとりごと




汗をかき、森を抜けた



塔が間近 


とう0.jpg




感動して、調子こいた



ぞぼぼぼと膝上くらいまで沈んだ


「あぶい…」


もしもだ、このまま埋まってしまったら誰もオレに気がつかなかったりするのだろうか?






新しい散歩






これは


そんな お話  その途中。
posted by yuzamurai at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

骸骨ロッカビリー



「雪が降るぞ」とおどされていたが



どうも今日は降らない


明日も降らないみたい



ということは降雪前の正にタイヤ交換デーだ


スカルがロカ.jpg
( Rockin' Jelly Bean はrude catsの皆さま)



骸骨がロッカビリーでこの日が来たのを祝ってる




「旅に出るなら タイヤは換えた方がよいぞ〜」




「道中は雪に降られるだろうから〜」




「雷雨降雪決行〜」





苦節 2秒  あっというまに雪  あっというまに
posted by yuzamurai at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

野球がしたいぞ

小さな白い物体が宙を舞ってる


なんだこりゃと思った


綿でも舞っているようだが、正体は雪虫だった


高知に居た頃にはお目にかかったことのない虫だ




この虫は雪が降る前に大量に舞うのでした




走るとか自転車とかスポーツに必死こいてると、口や目に飛び込んでくる


やきゅう.jpg



「ああ

野球したい」







「でも雪虫だよ。北海道にもうすぐ雪が降るって教えてくれるの」




そう言われても


ぼくらは雪虫をよく知らない



posted by yuzamurai at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

はたらいていますよ





「里帰りするのだ」




ほし.jpg




今日もはたらく
posted by yuzamurai at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

りんごのうた

りんご2つ.jpg


脈略もなく


このまま死んじゃったらどうしようと考えた


四角いマスが行儀よく並んだ

白い天井がかすんでみえて

視線の右側でかろうじて白いカーテンが揺れてる

そして

たくさんの管があって

機械があって

ぴーぴー言って


あー でも

誰かがそばにいる

いるのかな?

もう、エロい看護婦どころじゃないなぁ


「先生、どうなんですか?」


そんな声がかすかに聞こえたりする

眠い

眠い

良かったことも悪かったことも

楽しいも悲しいも

もう、どうでもいい

眠い

眠い

もう、痛くもなくなった

もう、痛くない



ぼくのとなりで寝てくれないか

君の胸で眠ろう

もう、夜の寝顔も明日の寝起きの顔もみられないだろうけれど

眠ろう

眠ろう




誰かの寝顔見られるうちは幸せだ

たくさんの年月を重ねていくうち

ぼくのそばからは誰もいなくなるかもしれない






「初雪がふりました」


テレビがそう言ってぼくを我に返したけど

妄想でふわふわしてたものだから

なんて名前の山だったかまったく思い出せない




ぼくはいいかげんだ




posted by yuzamurai at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

老夫婦

すごく寒くて


長い袖の服を着て またその上にTシャツ着て 外に出たけれど


それでも 


寒くて 寒くて




これで


この自転車 懸命にこいで はやく走ると


もっと寒くなるぞ


と思っただけ


ペースとタイミングを維持しただけの


退屈でなんでもない1日だった



そんな



たそがれのわたくしと


きょうりゅう.jpg


たそがれの恐竜





その途中できいたのは老夫婦のはなしでした





”おじいさんはひとり暮らし


おばあさんは雲の上


楽しかった 悲しかった日々よ


おじいさんはあるいてゆく


おばあさんの好きな場所


なにもないし なにもしない


ただ 来てみただけ


ぼけたふりして 来てみただけ”





今日は ほんとうに寒いぞ
ラベル:星野源 老夫婦
posted by yuzamurai at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

きれいな水

母が送って来たナショナルの浄水ポットが

毎日せっせと名水をつくりだす



iikanjiyo.jpg



そう 言った矢先



雨が ザザー と降ってきた



雨が降るのにもわけがある



きっと そうなのだ






きれいな水をごくごく飲む


きたない僕とまざってちょうど良くなる


posted by yuzamurai at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

君ばっか見てたら

夏の海 


星夜の砂浜





海へとけてった まっくらな海へ


ぼくのおもいは海へとけてゆく





やめたはずの煙草


潮風に ちりちり と 




「くわえ煙草のブルースだよ」




思い描いた未来は



砂をかんで じゃりじゃりと音をたてた



野ばら1.jpg
posted by yuzamurai at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

8月のロック

ラーメン食ったり カレー食ったり 肉食ったり

魚食ったり ビール飲んだり


して


そのかわり うんこしたり しっこしたり 

笑ったり 怒ったり 感謝したり 謝ったり

二酸化炭素を「はーぁ」とため息混じりに吐きだしては


わたし  生きとるのだった


el.jpg


ロックンロールも楽じゃない



そんなわけで


今日ひさしぶりに山に登ったら





眼下に 札幌の 街並が とても きれいに 見えた


もいわ山.jpg
posted by yuzamurai at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

かっぱ大王

楽しいことがあれば

悲しいこともある人生の道すがら

大王に会った

大王.jpg


オレは

”楽しい日は楽しく飲めますけど

悲しいことが合った日も

やっぱり楽しくお酒が飲めますように

死ぬまで楽しく飲めますように”

とお願いしてみた


そしたら大王が

”楽しいとか悲しいとか

そいつを決めるのは大王でも他の誰でもなく

お前さん自身なんだよ”

と顔に似合わずやさしくやさしく言った



”そうか それも そうだなぁ”と思って



お礼をして帰った

posted by yuzamurai at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

ゆーわけでせっかくだし悪いけど

月の光がやさしい


月夜とはこんなにあかるいものか

そう 思って夜空を見上げた


つき.jpg


左側が少し欠けた月が浮かんでいる

携帯のカメラで撮ってみるが… なんだかよくわからない写真になった


周りは砂の海、波の音はするが実際の海が見えない


僕らは音のする方へ歩いた
   

小高くなった砂丘

そこを登ったらやっと海が見えた



丘の上に小首を傾げた実に頼りない小さな看板がひとつ


”丘”という字は読めるが… あとは


潮で腐食していてなんて書いてあるのか読めなかった



わからない



本当のところ

自分がいる場所がどこだかわかっていなかった




月の光に照らされた丘から


うつくしいもの と よごれたもの


それ いったい どうするのですか?





まだ夜は長く

明けることはない



posted by yuzamurai at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

北国の春

北海道の春はおそろしい

たとえ雪は解けても

ピカピカに光って



僕らを滑らせる




昨日

単車乗りの同僚は雪解けが嬉しくて

単車で出社した



そして…


見事滑った


「おそろしい ぐるんぐるん回転したわ

まだバイク乗るのは時期尚早だったかもしれない」

言うてた


そう言ってる間にも、外はまた雪


「ああ 困った… また滑りそう


ゆっくり、ゆっくり、帰ろう」


そう言って彼は退社したが


その道中今度は



車にはねられた



「いやー 雪で視界不良さ

おそろしいよ 

で、

車から”す、すいません だ、大丈夫ですか?”と降りてきたのは

なんと、

ちーさん(これまた同僚)だったんだ」






そして今朝

ちーさんは申し訳なさそうに折り菓子を持って出社してきた


ROLL1.jpg
posted by yuzamurai at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

ドカドカうるさい雪が降る

「雪、少ないねぇ」なんてのんきなこと言ってたら



次から次へと雪が降って来て

街を真っ白けっけにしてしまった



昨日の仕事帰りにがっつり雪かきしていたけれど

また振り出し



でもめげず秀岳荘へ出かける



<雪とおっさんその@>

しゅうがくそうへの道1.jpg



「発見です」


たくさんの赤い車



たくさんの雪


年末年始は誰よりも働いたであろう彼らも

雪に埋もれて


一休み



<雪と赤い車>

しゅうがくそうへの道.jpg


直立不動で吹雪かれるおっさん


雪は真横に吹く


<雪とおっさんA>

しゅうがくそうへの道2.jpg



アウトドア道具好きの聖地


札幌は秀岳荘へ到着


しゅうがくそう.jpg


2010年末のこと、秀岳荘さんから


”2011年のカタログプレゼントします”とお便りを頂いていた私


目的通り、カタログ2種を手に入れた(コールマン → スノーピーク)


カタログ.jpg
(スノーピークのカタログには拍手を送りたい。素晴らしい出来栄えです)



なわけで

今年もまた

我が家のアウトドアライフに想いを寄せる



「まず… ワカサギ釣りだな」




窓の外


ドカドカうるさい雪が降る



ラベル:秀岳荘
posted by yuzamurai at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

元旦も働く男のバラード

「あけまして…

おめでとうございます」


そんな寝ぼけた朝は日の出前

時計は5時35分を差す


「ああ 今日も仕事だぜ」


私は急いで身支度をすませ

6時を前に家を出た


外はまだ夜の薫り


街灯が照らす雪の道路を長靴が

ざくざくと力強い音をたてて進む




ただアレだな


とにかく… アレさ



「SA、SABUIIII!!!!!!!!!」(さぶい)


オーティス.jpg
(オーティス並みのシャウト)



マフラーのすきまから入り込んでくる夜明け前の冷たい空気は

ツーンと鼻の奥、

いや… 頭の奥の奥まで届いた


北海道の空気は南国育ちの私から言わせると


「度を超えている」


冷たすぎるそいつがお酒にぼやけた頭や身を嫌でもしゃきっとさせた



「うぎぎー もうこの際だから、元旦からダイヤモンドダストでも起こしてほしい」







当然、誰からの返答もない


ぶうううううーんと大きなトラックがむなしく目の前を通り過ぎる



また

ざくざくと雪の中を進んだ




結局、何が書きたいのか?

それは

私は年末も年始も休まず働いていると…

そんな毎度の話ですね



「ことしも素敵な1年になりますように」


鼻からちょうちん店主 2011年元旦 通勤の道すがらみんなへ愛をこめて


posted by yuzamurai at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

きっく

タイヤ交換中


寒風吹き荒れる札幌シティでわたしは立ち尽くしていた



「ぬぬぬっ タイヤがとれんぞ」



ネジは外しているのにびくともしない夏タイヤ

車と一体化しとる


そこで…

キックの鬼.jpg

タイヤキックの権威”板金ロック先生”にアドバイスを頂き、すかさず実行



吉川晃司氏がシンバルを蹴り上げるかのごとくタイヤキック

吉川氏.jpg




間髪入れず仕上げのカントナ・キック

カントナ.jpg


で、ごろり陥落


や、やりましたよ先生 




てなわけで今夜は祝杯必至です  


「うひー パーティだー」


”ダンパきっく”19:00開催(予定) 
:ダンス・パーティ・きっくの略







冬タイヤ履いた らららー


札幌は一夜で雪景色どす

雪が降った.jpg
posted by yuzamurai at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

板金ロッカーのタイヤキック

よーし タイヤ交換するぞー

と張り切って外へ飛び出そうとして… 思いとどまった


待てよ


ジャージ姿じゃタイヤ交換が盛り上がらんと思って

<我が服装チェック>

アディダスの上下、寝巻、よく言えばフットボーラースタイル…


いかん


それじゃダメだ




んで

THEFOOLのツナギ着て、エンジニアブーツ履いてタイヤ抱えていざ…

整備工を気取って

タイヤ交換なおとこ.jpg

まず

ワイパーを冬用のものへ交換

左フロントタイヤ、右フロント…

リア…



リ、リアタイヤ…

ネジ外してるのにびくともせん

ゆすぶってもダメ、一度タイヤ落としてニュ−トラル入れてごりごりやってもダメ


困って

田舎の板金ロッカーに

「どうしても一ヶ所びくともせんタイヤがおます」ってお電話したら


「的確にあるポイントを蹴り上げるんだよ

吉川晃司氏のごとく蹴り上げよ」


ロックに蹴り上げる部分とその手順を熱く熱くおまけに写真付きで教えてくれた


流石にタイヤキックのプロだなと感心したぜ



「了解

蹴り上げてみせます」と伝えた後




カントナ.jpg


待てよ

吉川キックがありなら、

キング・カントナ・カンフーキックなんかもどうだろうと

隠れフォットボールマニアのわたくしは思いました





”こんな感じでも良さそう”なんて考えるのです
posted by yuzamurai at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

窓の外は雪

「外、雪だな」

管理人さん.jpg

チーさんがそう呟いた




窓の外

雪がこんこんと降った

夜のお仕事中、気になる窓の外

確認する度、確実に積もってた



休憩時間、田舎の友人から



”フットサルで靱帯切りました”とお便りあった


”そうか… お大事に… こちらはひどい雪です”


そうお返事した頃には外は完全に雪景色



深夜1時少し前、窓の外は雪

もう


そこは冬だった



ここは北海道




仮眠時間、目を閉じた


”そうか 秋は終わったんだな”と思った

posted by yuzamurai at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

せぷてんばぁ part2

”たびはあの日で終わったの

またいつものひとりぼっち〜

せぷてんばぁ〜”



「キャンプは大好きやけど、あと片付けが面倒くせーなー」

椅子を干したり、ランタンやバーナーの点検

そして大物…

湿って重さを増したテントを車から引っ張り出して日光浴させる

札幌の9月.jpg



テントが ばさばさ と音をたてて9月の空を舞った





日テレ Music Lovers

CRAZY KEN BAND  × リリーフランキー 「せぷてんばぁ」




「嗚呼 名曲…

やっぱり 素敵過ぎる」





9月は胸にきますね

晴天 強い風


そのまま飛んで行ってしまうのではないかと思うほどテントが派手に空を舞った
posted by yuzamurai at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

せぷてんばぁ

記録的猛暑

いの先輩.jpg
(↑汗だく)


あんなに暑かった夏はどこへ?



賑やかな友人達が北海道を去って数日

今日は冷たい風が吹く

彼らが夏を連れ去ってしまったかのような9月の折り返し



「せぷてんばぁ」



時代の最先端を爆走し、ナウなフィーリング・エイジ達の度肝を抜く、東洋一のサウンドマシーン

Crazy Ken Band の名曲です



なんでしょうこのせつなさ



”横須賀線の最終で鎌倉の海にきました”なんて…



詞が素晴らしい 素敵過ぎる名曲


ケンさん.jpg
(↑いつもハンサムな横山剣さん)



気がつけば北海道へ移住して1年になろうとしています 



せぷてんばぁ  夏はもう後ろ姿



posted by yuzamurai at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

夏のみどり、夏のあお 

ぎこぎこ自転車漕いで丘を登ったら



遠くに


親子のように並んだ木が見えた


なつの4.jpg



休憩…



とても良い景色ではあるが


当のわたくしはそれどころではなく


ひとり はぁはぁ言ってる  非常に疲れた 


折りたたみ自転車でこの広大な丘越えは厳しい





親子の木もそこそこに再出発



目の前に丘が広がる度、これが最後の登りであってほしい 

そう願った炎天下


なつの2.jpg



嗚呼



「また、登りだ…」



まだまだ続く丘



汗を拭きつつ そこらかしこに広がる青空を観察



どこまでも 広くスカッと爽やかだ




「なんだか空が近いなー」

 
 

いやいや、感心してばかりはいられない


この丘も越えなくてはいけないのだ







春を軽々と飛び越えてしまった北海道の夏の空は果てしなく澄んでいた



なつの5.jpg



ipodが




”ほんの小さなあなたの夢は 思い出だらけ”



そう歌う

なつの3.jpg


遠くには緑と青の境界線 



僕らは夏を


はしっている 
posted by yuzamurai at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

ことしもさくらがさいて

「この国には何でもある


ただ希望だけがない」



国会議事堂で、中学生がそう叫んだ



あれはいつのことだったか?



かって子供だった大人は寝起きに首をかしげる

僕もかっては子供だった 


中学生だった


さくら1.jpg


外は桜が咲いている

もう5月も終わろうとしているのにね

北海道では梅と桜が同時に咲く


僕は朝食も昼食も摂らずに家を出た


春の晴天  街を歩く


厚手のツナギを着て出かけたらやっぱり暑かった

少し汗ばんでくる



先日、職場で同僚が

「てんじん… 天神… りょく… なんだっけ りょくちゃ」とか言うので

「何?お茶の話?」と聞き直すと


「いやいや、なんだっけ、りょくち… そう てんじんやまりょくち


天神山緑地」と言った


そこは桜が素晴らしいという


「穴場です。札幌人のくせに最近までオレ知らなかったんですけどね。

この間、そこへ花見に行って来たんですよねぇ。 桜と梅がぶわーと咲いてて

しかも人が少ない、静かで良かったです。

おすすめです」らしい


僕はそこへ向かっている


でも結構歩くんだこれが…


札幌に来てよく歩くようになったなぁ


暑いからツナギを腰に巻きける

THE FOOLというメーカーのツナギ

直訳すると”愚者”になるのかな


この気温でツナギは正に愚者であるようだ



「あづい」



天を仰いだ



まぁ そうやって歩いた甲斐もあって…

さくら5.jpg

天神山緑地はとても気持ちの良い場所


確かに桜と梅がたくさん咲いていた

さくら2.jpg


ビールをぐびりとやる まずこれが無ければねぇ


さくら4.jpg


しばらく桜を眺めてる




以前、

職場で80歳を越えるお婆さんが新聞を読みながらこう言ってた


「これ… 中学生の自殺だって…

なんでだろう?」 


「中学生ねぇ」と僕が覗きこむ


「どうしても どうしても こらえられない嫌なことでもあったんだね。

嫌なことばかり…

この子は絶望したんだ。

でもね、自殺はね。だめだね。そりゃ人生いろいろあるよ。

嫌なことだってたくさんあるけどさ。

でもねぇ

帳尻はあってくるさ。 いいことばかりも、悪いことばかりもないもの。

ただ



中学生で帳尻は合わないさ」


話は自分の小学生の頃、戦争の話やら長くなるのだが、最後にこう言った


「楽しかった。 私の人生」そう笑った


「まだ、終わってないやん」と僕が言うと


今度は何も言わずに笑った






「この国には何でもある


ただ希望だけがない」






自ら命を絶つとはどういうことか



かって子供だった大人は桜を見て


考える



僕らは希望がない国の 中学生だった




今年、日本で一番最後に咲いた桜が風に吹かれ、

散っている




どこへ向かっているのだろう?




さくら3.jpg



希望のないこの国に

ことしもさくらがさく



愚者が見ているその前で


花びらが風に舞った


それは …




とても とても うつくしかった

posted by yuzamurai at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

夕暮れ時の歩き方

最終バスを乗り過ごして〜


昔そんな歌があった… ような無かったような曖昧な夕暮れ時



この過酷な状況にお腹も鳴ってる



ぐぅ やら きゅぅ やら合唱して忙しい




僕は夕暮れ時の寂しさを歩いている


バスをのがしてしまった 仕事の帰り道






ふと

視線を感じて、坂の途中で立ち止まった



「誰さ!?」するどくターンしてみせる



「あッ」



白鳥?.jpg


公園だ

その先に 白鳥の群れ?



汚れを知らぬ少年のように無邪気に駆け寄ってみる



スキップ気味で接近  



白鳥は

近くで見るとリアルでたいへん怖い


くちばしが折れてて… とても写真はアップ出来ない


トラウマ必死 


どうしよう と隣を見たら


あッ



「誰さ!?」




「誰だろう?」



知らない人だった

白鳥の横の彼、彼女.jpg

全身黄色い



この公園の主かな



写真を撮ってたら、そばを夕暮れ時のおばはんが通り過ぎてゆく



「あなた、お酒の飲みすぎかしら、顔が黄色いわ。何かつらいことがあるのね、

だからお酒なんかに逃げて… 肝臓悪いの、黄疸?」


怪しまれるといけないので、黄色い彼と話しているふりをしてやり過ごした



余計危険ね



ああ もう帰ろう



「さようなら」



夕暮れ時は こうやって歩く




寂しさをまぎらわすために〜


昔そんな歌があった気がする
posted by yuzamurai at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

いかした喫茶店の窓辺から

毎日 酒ばっか飲んでないで コーヒーも飲むべきだと意気込んで

夫婦で勢いよく家を飛び出した


ボロボロでいかした英国産のラバーソールが雪に埋まる…



「ああ 春はまだか?」



「コーヒーと恋愛」サニーデイサービス




そんな甲斐あって


近所にとてもいい喫茶店を発見 素直に嬉しい


コーヒーが飲めるだけじゃなくて レコードや本も売っててシビレル


わたくしの大好きな感じ


レコード一枚300円


本は半額

喫茶のまちかど.jpg

CHET BAKER「CHET BAKER SINGS」とRY COODER「JAZZ」アンド

ロックとジャズのデザインという面白そうな本(各一冊)とSTUDIO VOICE、ゴ

ダールの特集本を買った

全部で1100円(ゴダールは無料になった!)

「これはサービスします。ゴダール楽しんでね」と口髭をたくわえたマスターが

STUDIO VOICEを手に取り言った

勝手にしやがれ.jpg


「いえーい 勝手にしやがれ」


今日も良い日だ


マスターがあたたかいコーヒーを運んでくる



そんな間にも喫茶店のスピーカーから 誰かがやさしく歌った



「ここはすばらしい」



小さな声でそう言ったら 嫁が読んでいた雑誌からこちらにちらっと視線をあげた


ずっと前から こんな喫茶店があったらいいなと思っていたんだ




あらためて店内を見渡せば

木製の棚に古いポラロイドカメラが置いてある


それが記憶を呼び起こした


欲しいな けど今も昔もフィルムの方が問題だねぇ

今は特にそうか


昔、写真やカメラの仕事もしていた家のじいちゃんが持ってたポラロイド


撮るとすぐ写真になるポラロイド 初めて見たときは驚いたなぁ

勝手に持ち出してはバシャバシャ撮ったものだった 


こんなの抱えて札幌、北海道それぞれの街へ出たらどんなにすばらしいだろう



コーヒー片手にそんなことを思った
posted by yuzamurai at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

きょうは3がつ3かだ

カレンダーや時計のない生活は難しい

毎日 カレンダーや時計を頼りに生活しているもので…


ぼくが設定した 誰かとの大事な約束も それできちんとくくられた 月日 時間が目安だった


ここからそこまでが今日 そこから先は もう明日




うちには時計はあるけど、カレンダーがないから 自作

sc2.jpg

ロカビリーなのにします 


出来た


とても荒く雑でかっくいい 頻繁に眺めるものだから良いものにしたい


オレのセンスは最高だなー と自画自賛



ふと気づいたら きょうは3がつ3か


日付が4かに変わってしまうちょっと前 


時間は確実に流れてる

時計とカレンダーがそれを正確に教えてくれた

便利だけどおそろしいね



そう

先日、本屋で立ち読みしてたら隣の男ふたりが

「もう サンボマスターはないよ オレも若くないし」と言った


君にも時間は流れてるのだ



そうやって今夜サンボマスター聴いたら

できっこないをやらなくちゃと 思った


灯かりをともそう  若くなくてもいい 



「できっこないをやらなくちゃ」サンボマスター




posted by yuzamurai at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

夢は地下鉄にのって

乗り物図鑑.jpg

昔、乗り物図鑑で見た地下鉄の写真見て 

ほんとにすごいなと思った

ぼくの町には地上の電車すら走ってないのに

都会は地面の下を電車が走るんだ

地上には遊園地もデパートもあるし

高いビルの群れとその周りにたくさんの人がいる


それにひきかえ、ぼくの家の周りには山の群れとわずかな人

ものすごい環境の違いだ

あの頃は身内がどこか近辺の大きな街へ出かけた時のお土産はミスタードーナツや

ケンタッキーだったりした

そういったお店は家の近所にないから、ドーナツとフライドチキンに都会を想った


今は地下鉄にも乗るし、ビルの周りのたくさんの人の中にぼくもいる

ドーナツだってフライドチキンだってすぐに買える




今の自分の中のちょっと隅の方というややこしいところに、ちゃんと昔の自分がいて

それは今と繋がってるんだけど、ちょっと追いやられてる感じ

すごく日常のささいなことで引っ張り出してきては

今はこうだよと報告する


昔の自分はもう変わらないが今の自分はどうとでもなるんじゃないか

きっとそうなんだろう


今ならなんのやり方も全部知ってる?

そんなことはない


驚いたり感心したり

楽しいことも悲しことも

笑ったり涙が流れることもある


感謝することもあれば、されたりすることもある

そんな間にも

人にだまされたり だましたりすんの  


確かに昔にくらべりゃいろんなことを知った

それによって同じ出来事、同じもの見ても感じ方が変わった


陽が沈むのを残念だと思うことも今はないな





もしかして大事なことは全部、土に埋めちゃったのですか

それがきれいなうちにと… 





たいしたことじゃない 


ノスタルジーだけではもうどうにもならないけれど





今日も地下鉄にのって出かける



posted by yuzamurai at 10:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

寅年だったなと思っていたんだ

2月になって街から生活からお正月は姿を消した


「今年は寅年だよ。いいことあるかなぁ」と君が言った


「僕も寅年だなと思っていたんだ」


「どういう意味?」


「意味はないよ」



掛け合う言葉は曖昧で特に意味はなく


寒いのに汗ばみはじめた僕は雪かきの手を休め 通りを見た 


街が車が人が忙しそうに動いてる



「もう 少しだ 僕らも頑張ろう」



白い息を吐きながらそう言うと


「そうだね」と君が言う


やっと言葉が繋がった



言葉はとても便利だ 最近僕はそう思う

年賀状.jpg


今年も一カ月が過ぎた



「いつもありがとう」  




感謝はちゃんと言葉になる
posted by yuzamurai at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

たくさんの雪と人の大通り

札幌雪まつりに行ってきた


それはとても とても 寒かった


そしてとても とてもたくさんの人 たくさんの雪



僕は


雪の歌

雪の歌と考えて


頭に「雪が降る町」が流れた


ユニコーンの「雪が降る町」




目の前でガキんちょがすべって転んだ



「すべるー わたし歩けなーい」とか言うおばはんもいた

画太郎先生.jpg


「実に迷惑なおばはんだ」と僕は言った



やっぱり たくさんの人だ みんな本当は用もないのにね

それは僕も君も同じ



ここは雪まつり会場



たくさんの雪と人




 
posted by yuzamurai at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

クリスマスと黒いブーツ

今日はクリスマス

オレは黒いブーツを履いて出かけた

クリスマスと黒いブーツ2.jpg





すべるバー



まじすヴぇる


最近愛用のエンジニアブーツ


大好きなコンバース(キャンバス地)では雪道で危険(雪がしみ込んで凍傷おこしそう)だと気づき


雪国にやって来てから雪対応ブーツとして買った


高校の時以来のエンジニアブーツ しかも 憧れだったレッドウイング


中古の茶芯 



でも すべる


危ない


いや・・・



「あぶいぜ」



そんな間にも横を学生のママチャリが通り過ぎてゆく



この雪道に自転車? 奴は正気か?



黒いブーツと自転車





また すべる  しかも今度は両足同時に



「かなり あぶい」



しらーっと歩きのおばはんが横をすぎる


しかもスタスタと


オレより速い 熟練の雪道歩行術


クリスマスと黒いブーツ1.jpg

靴? 歩き方? もしやおばはんの足跡でその秘密がわかるのではないか?




ああ とにかく 今年のクリスマスは危険だ






大好きなポーグスとシェーン



でもクリスマスは


「あぶい」
posted by yuzamurai at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

ウナギのおばはん

高知の人が珍しいのだろう


札幌の職場でよく高知についての質問をされる


「高知の川だと鮎やアカメですね」とある上司が僕に言った


「そうですねぇ あと青さのりや川エビ、ごりとかも有名ですね」

と僕が言う


「ほーーー」


「ああ ウナギもとれます」と言うと


上司は


「ウナギもとれますかぁ」と言った


そいえば以前 宿毛市松田川の河原で宴会をしていたら


下品で素敵なウナギとりのおばはんに会った


おばはんは

「えらい楽しそうやね、おばはんも混ぜてほしいわー」言うて

僕らが宴会するその脇を漁の道具でがしゃがしゃいわせなから通り抜けた



「何とるが?」と聞いたら


こちらを振り返り、待ってましたとばかりにおばはんは言った


「あんたの股についてるような ウナギをね とりにきたよー」


ベタな下ネタが刺激的


「活きのええやつね うひひっ」最後にそう言っておばはんは川に消えた


すこぶるビール


宴会も終りに近づいた頃

おばはんが川より浮上


「とれた?見せて」と言うと


「ええががとれた」とウナギの入った籠を僕らに見せた


「おおー ええねぇ」と僕ら


「あげんよ、見せるだけ あげんでもあんたらには股についちょるけんね ぐひひ」

とおばはんは下品に笑った


画太郎先生.jpg

土佐のはちきん ウナギと下ネタ  日本伝統のコラボレーション




昨日、上司とのなにげない会話の中でそんなことを思い出していた



posted by yuzamurai at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

ブログ ノイローゼ

おもろいブログ書こう思うあまり病んでしまって

ちょっとノイローゼ気味

8.jpg

カラ元気


なんつて…


ああ 気分転換に羊蹄山へ


でもバリ雲隠れ

細川たかし氏.jpg


本当はこんな感じなのだ(羊蹄山と熱唱する細川たかしさん)

細川氏.jpg


たかしシャウト!



ロケンロール


ラベル:細川たかし
posted by yuzamurai at 22:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

中島公園の銀杏で一杯

朝のTVで

「今の時期、中島公園では銀杏を拾っている方がたくさんいます」

と言うので…

行ってきた

銀杏2.jpg

でも

探せど探せど酒のあて(銀杏)は落ちていない

もう拾いつくされてしまったのだろう

銀杏1.jpg


酒飲み夫婦は寒空の下、肩を落とし帰っていった



おしまい
posted by yuzamurai at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

北海道日本ハムファイターズ応援の巻

タイガース.jpg


私は小学生のころからの阪神タイガースのファンです

初めて間近で見た野球選手は岡田彰布選手

観戦した試合は阪急ブレーブス対阪神タイガース

まぁ オープン戦でしたけど 場所は高知市営球場


その試合で印象に残った選手は阪急の選手で石嶺和彦選手(のちに阪神へ)

なぜなら彼がホームランを打ったから

人生で初めて見たホームランに思わず「うわわー いったー」と声をあ

げてしまいました


試合はそのホームランで負け

阪神の帽子かぶった小学生の私は

「真弓もバースも掛布もおらーん やけんイカンがやー」と叫んだのでした




そんな私が先日、北海道民の友人に

「道民になったからには札幌ドームへファイターズの応援に行こう」と

誘われました

阪神ファンの私ですが、「そうだねぇ OKです」と快諾


セリーグ、パリーグの違いがあるからでしょうか

セの他球団はとても応援できませんが、日本ハムファイターズは大丈夫です




席に着きしばらくすると嫁が

「誰もわからーん ダルビッシュがおらーん」と叫びました

彼女はダルビッシュしか知らないのです


それは心の叫びでした


「おかわり君ならおるぞ 相手チームやけど」と言うと

「その人は知らん」と言いました


対戦相手が西部ライオンズだったので

バッターボックスにおかわり君こと中村 剛也選手が立ちます



「こわいよー 怖いよー 歩かせろ 無理すんなー」

ランナーを背負ったピンチの場面だったので、私の後ろに座った熱狂的な

ファイターズファンの方も声を張り上げました


すると


ぱかん



ほんとにそんな音でした

ぱかん 白球はみるみるファイターズファンの埋まるレフトスタンドへ



あー


溜息

元気なのはライオンズのファンだけ


スクリーンにダイヤモンドを周る中村選手が映し出されます

おかわり君のあだ名にふさわしい立派な体格です


その時、私はある漫画を思い出し

「タブチ君やんけ」 と言いました

石井ひさいち氏のがんばれタブチ君です

たぶちさん.jpg

写真はおかわり君ではなくタブチ君


残念ながらファイターズは負け

印象に残った選手は中村選手

私はホームランに弱い


ああ ちきしょー


北海道日本ハムファイターズに頑張って欲しいです

日本シリーズ応援します 打倒ジャイアンズ

ジャイアンズ.jpg


いや ジャイアンツです




posted by yuzamurai at 19:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

札幌の街にやって来ました 相変わらずわけのわからないことを言ってます

「そちらはどうですか?」と言ったら


「もう こたつ出したよ」と田舎の友人が言いました


そうですか

こちらもめっきり寒くなりまして、もう初雪も間近といった感じです


ただ

こたつはまだ出していませんよ 

いや 出す予定は今のところない言った方が正確でしょうか




豊平川1.jpg


僕らが突然 この街へやって来て一カ月


まだ一カ月


なのになぜだか突然、まだよく知らないこの街のどこかで昔のことを思

い懐かしくなるんです


豊平川2.jpg

あっそうだ

家の近所に大きな川が流れていることを言ってませんでしたね


そう有名な豊平川です



先日、この川沿いのキチンと整備された遊歩道を夫婦で歩きながら


「鮭はおらぬか?」僕が言いました


「さすがにこの時期はおらん」


そうです 鮭も遡上する豊平川なのです


水質は大都会を流れる川にしては悪くないように思えます


「んー ここ 泳げるかね?」と言うと


「こんな街中の川で泳ぐ人はおらんがやない?」と嫁が言いました


「そんなもんか」


余程の汚染や危険な場所でない限り泳げない川もないのではないかと思

いながら、河原まで降り、水にふれてみます


「冷たい」


当たり前です


川の水にふれて濡れた手を嫁に見せながらそう言ったのでした





「んー 川はもうええね もうちょっと歩こうか」


僕らはまたゆっくりと遊歩道を歩く







豊平川3.jpg


「夏にはここで花火があがります」


以前、僕らに家を案内してくれた不動産屋の青年がそう言いました




「そうそう この辺りを指さして彼は言ってた」


「花火ね まだまだ先や」


冬を前に夏の話




僕らは札幌の街にやって来ました
posted by yuzamurai at 03:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 愉快な北海道移住生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。